アレックス・ユーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレックス・ユーン
AlexYoong 0028.jpg
基本情報
フルネーム アレクサンダー・チャールズ・ルーン・ユーン
国籍 マレーシアの旗 マレーシア
出身地 同・クアラルンプール
生年月日 1976年7月20日(38歳)
F1での経歴
所属チーム ミナルディ
活動時期 2001 - 2002
出走回数 14
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2001年イタリアGP
初勝利
最終勝利
最終戦 2002年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

アレクサンダー・チャールズ・ルーン・ユーンAlexander Charles Loong Yoong, 中国名: 熊龍, 1976年7月20日-)は、マレーシア出身のレーシングドライバーである。2001年にマレーシア人としてはじめてのF1デビューを果たした。

プロフィール[編集]

デビュー[編集]

イギリス人の母と、中国系マレー人である父との間にクアラルンプールで生まれる。1994年にフォーミュラ・アジア・インターナショナルに参戦を開始し頭角を現した後イギリスに渡る。

イギリス時代[編集]

1996年1997年フォーミュラ・ルノーに参戦した後、1998年にはイギリス・フォーミュラ3選手権に、翌1999年にはイギリスF3選手権とともに国際F3000に参戦する。

F1参戦[編集]

フォーミュラ・ニッポンに参戦していた最中の2001年イタリアGPより、マレーシアの宝くじ会社の支援によって3戦限定ながら、ミナルディチームからF1デビューを果たす。

マレーシアの国を挙げたサポートを受けたユーンは2002年も引き続きミナルディでのシートを得るが、サバイバルレースとなった開幕戦オーストラリアGPでの7位以降は精彩を欠き、3度の予選落ちを喫した後、「休養」という形で第13戦ハンガリーGP、第14戦ベルギーGPではアンソニー・デビッドソンにシートを譲る。

その後、パフォーマンスはある程度向上したものの、チームメイトのマーク・ウェバーを上回る結果を見せられなかったことから、2002年シーズン限りでF1のシートを失う。


F1参戦時のカーナンバー
  • 20(2001年第15~17戦)
  • 22(2002年第1~12.15~17戦)
A1GP参戦中のユーン(2006年)

現在[編集]

その後、CARTV8スーパーカーに参戦するが、2005年に自らマレーシアチームの所有者兼ドライバー[1]としてA1GPに参戦すると、最終戦の中国グランプリ(上海)で優勝するなどの活躍を見せ、2007 - 2008年シーズンも引き続き参戦を続けていた。また、マレーシアでのスピードカー・シリーズにスポット参戦をした。2008-2009年GP2アジアシリーズにマレーシアのMyチーム・QI-メリタス・マハラより序盤の2戦のみエントリーした。

経歴年表[編集]

  • 1994年 フォーミュラ・アジア・インターナショナル参戦
  • 1995年 フォーミュラ・アジア・インターナショナル参戦
  • 1996年 イギリス・フォーミュラ・ルノー参戦
  • 1997年 イギリス・フォーミュラ・ルノー参戦
  • 1998年 イギリスF3参戦
  • 1999年 イギリスF3参戦、国際F3000参戦、マカオGP7位
  • 2000年 フォーミュラ・ニッポン参戦
  • 2001年 フォーミュラ・ニッポン参戦 第15戦イタリアGPよりF1参戦(チーム:ミナルディ、マシン:PS01B)最高位16位
  • 2002年 F1参戦(チーム:ミナルディ、マシン:PS02)最高位7位
  • 2003年 CART参戦
  • 2004年 V8スーパーカー参戦
  • 2005年-2006年 A1GP参戦(マレーシア・チーム:ユーンとファイルーズ・ファウジー)ユーンの最高位1位、チームランキング5位
  • 2006年-2007年 A1GP参戦(マレーシア・チーム:ユーン単独)最高位1位、チームランキング6位
  • 2007年-2008年 A1GP参戦(マレーシア・チーム:ユーンとファイルーズ・ファウジー)ユーンの最高位4位、チームランキング15位
  • 2008年-2009年 GP2アジアに序盤の2戦のみ参戦。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]

外部リンク[編集]