2002年オーストラリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストラリアの旗 2002年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Albert Lake Park Street Circuit in Melbourne, Australia.svg
日程 2002年シーズン第1戦
決勝開催日 2002年3月3日
開催地 アルバート・パーク・サーキット
オーストラリア メルボルン
コース長 5.303km
レース距離 58周(307.574km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
タイム 1'25.843
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'28.541
決勝順位
優勝 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1:35'36.792
2位 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
3位 フィンランドの旗 キミ・ライコネン

2002年オーストラリアグランプリ2002 Australian Grand Prix)は2002年F1世界選手権の開幕戦として、2002年3月3日にアルバート・パーク・サーキットで開催された。

レース概要[編集]

レースはフェラーリのディフェンディングチャンピオン、ミハエル・シューマッハが制した。シューマッハはオーストラリアグランプリ3連勝を達成した8人目のドライバーとなった。ウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤが18秒遅れで2位に入り、3位はマクラーレンのキミ・ライコネンであった。ライコネンまでが、優勝したシューマッハと同一ラップで完走した。 ウィリアムズのラルフ・シューマッハがポールシッターのルーベンス・バリチェロに続いたが、スタート直後の多重クラッシュでジョーダンのジャンカルロ・フィジケラ、ザウバーのフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、ルノーのジェンソン・バトン、BARのオリビエ・パニス、トヨタのアラン・マクニッシュと8台がリタイアした。アロウズの2台、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは赤信号下ピットレーンを出たことで、エンリケ・ベルノルディはスペアカーを使用したことで失格となった。

エディ・アーバインのジャガーはレース終盤に5位争いで観衆の注目を集めたが4位に入賞した。デヴィッド・ブラバム以来8年ぶりに地元ドライバーとしてレースに参加したマーク・ウェバーは5位に入賞、ミナルディにポイントをもたらした。ミカ・サロのトヨタはトップギアのトラブルで最高速を失った。サロはウェバーをパスしようとしてスピンを喫した。ウェバーとミナルディのオーナー、オーストラリア出身のポール・ストッダートは、表彰式終了後に2人で表彰台へ登り、勝者のシューマッハと共にシャンパンファイトを行った。

予選ではいくつかの劇的な出来事があった。ジョーダンの佐藤琢磨はセッション序盤のドライ路面でタイムを出すことができなかった。結局彼はいくらかのタイムを何とか記録したが、その後豪雨にたたられた。この「例外的な状況」のため、FIAのスチュワードは彼の出走を認めた。 入賞者以外の完走はミナルディのアレックス・ユーンとジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサのみであった。

予選[編集]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 2 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1'25.843
2 1 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'25.848 +0.005
3 5 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 1'26.279 +0.436
4 3 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'26.446 +0.603
5 4 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 1'27.161 +1.318
6 6 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 1'27.249 +1.406
7 14 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1'27.710 +1.867
8 9 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンホンダ 1'27.869 +2.026
9 8 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ザウバーペトロナス 1'27.972 +2.129
10 7 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ザウバーペトロナス 1'28.232 +2.389
11 15 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ルノー 1'28.361 +2.518
12 12 フランスの旗 オリビエ・パニス BARホンダ 1'28.381 +2.538
13 11 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BARホンダ 1'28.657 +2.814
14 24 フィンランドの旗 ミカ・サロ トヨタ 1'29.205 +3.362
15 20 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン アロウズコスワース 1'29.474 +3.631
16 25 イギリスの旗 アラン・マクニッシュ トヨタ 1'29.636 +3.793
17 21 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ アロウズコスワース 1'29.738 +3.895
18 23 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ミナルディアジアテック 1'30.086 +4.243
19 16 イギリスの旗 エディ・アーバイン ジャガーコスワース 1'30.113 +4.270
20 17 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガーコスワース 1'30.192 +4.349
21 22 マラヤ連邦の旗 アレックス・ユーン ミナルディアジアテック 1'31.504 +5.661
22 10 日本の旗 佐藤琢磨 ジョーダンホンダ 1'53.351 +27.508
  • 予選通過タイム 1'31.852
  • No.10は急激に雨が降り出してからのアタックになったため、フリー走行のタイムを基に決勝出走が許可された

決勝[編集]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 58 1:35'36.792 2 10
2 6 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 58 +18.628 6 6
3 4 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 58 +25.067 5 4
4 16 イギリスの旗 エディ・アーバイン ジャガーコスワース 57 +1 Lap 19 3
5 23 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ミナルディアジアテック 56 +2 Laps 18 2
6 24 フィンランドの旗 ミカ・サロ トヨタ 56 +2 Laps 14 1
7 22 マレーシアの旗 アレックス・ユーン ミナルディアジアテック 55 +3 Laps 21  
8 17 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガーコスワース 53 +5 Laps 20  
Ret 3 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 33 ギアボックス 4  
Ret 11 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BARホンダ 27 ウィング 13  
Ret 10 日本の旗 佐藤琢磨 ジョーダンホンダ 12 電気系 22  
Ret 14 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ルノー 8 アクシデント 7  
Ret 2 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 0 接触 1  
Ret 5 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 0 接触 3  
Ret 9 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンホンダ 0 接触 8  
Ret 8 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ザウバーペトロナス 0 接触 9  
Ret 7 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ザウバーペトロナス 0 接触 10  
Ret 15 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ルノー 0 接触 11  
Ret 12 フランスの旗 オリビエ・パニス BARホンダ 0 接触 12  
Ret 25 イギリスの旗 アラン・マクニッシュ トヨタ 0 接触 16  
DSQ 20 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン アロウズコスワース 16 失格 15  
DSQ 21 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ アロウズコスワース 15 失格 17  
  • No.20はピットレーン出口の赤信号を無視したため失格
  • No.21はグリーンフラッグが振られたあとスペアカーに乗り換えたため失格
FIA F1世界選手権
2002年シーズン
次戦
2002年マレーシアグランプリ
前回開催
2001年オーストラリアグランプリ
オーストラリアの旗 オーストラリアグランプリ 次回開催
2003年オーストラリアグランプリ