ミカ・サロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカ・サロ
Mika Salo Le Mans 2009 cropped.jpg
基本情報
フルネーム ミカ・ユハニ・サロ
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
出身地 同・ヘルシンキ
生年月日 1966年11月30日(47歳)
F1での経歴
所属チーム '94 ロータス
'95-'97 ティレル
'98 アロウズ
'99 B・A・R
'99 フェラーリ
'00ザウバー
'02 トヨタ
活動時期 1994-2000,2002
出走回数 109
優勝回数 0
通算獲得ポイント 33
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1994年日本GP
初勝利
最終勝利
最終戦 2002年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

ミカ・ユハニ・サロMika Juhani Salo, 1966年11月30日 - )は、フィンランド出身の元F1ドライバー。

妻は日本人で元レースクイーンのノリコ・サロ(遠藤賀子)。

プロフィール[編集]

F1以前[編集]

ハッキネンとの関係[編集]

サロはカート時代から2歳年下のミカ・ハッキネンとライバル関係にあり、「ふたりのミカ」として才能を比較された。出生地も同じヴァンター(Vantaa)市マルティンラークソであり、それぞれの生家は道路を1本挟んだだけの近さであった。現在、彼らが少年時代を過ごしたこの地域は“MIKA-MIKA-LAND”と呼ばれ、ヘルシンキ市近郊のちょっとした観光スポットになっている。

サロは1988年にフォーミュラ・フォード1600ヨーロッパチャンピオンを獲得。1989年、アラン・ドッキング・レーシングよりイギリスF3選手権に参戦する。1990年はハッキネンとふたりでイギリスF3を席巻し、サロは6勝を挙げるが、タイトルは9勝したハッキネンのものとなる。マカオGPではハッキネンが優勝目前でクラッシュし、サロは優勝したミハエル・シューマッハに次ぐ総合2位を獲得した。

ハッキネンは名門ロータスからF1デビューすることが決まるが、サロはステップアップの機会を見つけられず、その後の両者のキャリアは明暗が分かれた。

全日本F3 / 全日本F3000[編集]

1991年、活動の場を日本に移して全日本F3に参戦(シリーズ22位)。1992年より全日本F3000選手権にステップアップする(チームはアド・レーシング / チーム5ZIGEN)。3シーズンを戦い、シリーズランキング最高は7位(1994年)。

当時来日し、後にF1で戦った仲間には、ジョニー・ハーバートエディ・アーバインハインツ・ハラルド・フレンツェンローランド・ラッツェンバーガージャック・ヴィルヌーヴ(全日本F3)らがいる。サロはラッツェンバーガー、ヴィルヌーヴと仲が良く、プライベートでも行動を共にしていた。この頃、レースクィーンをしていた賀子夫人とも知り合っている。

F1[編集]

ロータス / ティレル / アロウズ[編集]

1994年シーズンの終盤戦に、財政難に陥ったロータス・無限ホンダは、ヨーロッパGPを前にジョニー・ハーバートの契約をリジェチームへ売却して移籍させ、交換の形でエリック・ベルナールを加入させた。ベルナールは1戦のみの契約で、翌戦の日本GPでF1デビューを果たしたのが、全日本F3000で鈴鹿を知り尽くしていたミカ・サロであった。

1995年、母国の通信会社ノキアをスポンサーとして、前年大活躍を見せたティレルへ移籍。レギュラー初年度ながら、チームメイトの片山右京を超える成績を残す。1997年モナコGPでは雨の中タイヤ無交換作戦が成功し5位入賞、この年唯一、ティレル最後の入賞となった。しかしティレルのチーム成績は年々下降を続け、1997年までの3年をレース中団で過ごすことになる。

1998年、デイモン・ヒルに替わってアロウズへ移籍。モナコで4位に入りペドロ・ディニスとダブル入賞した。しかし、チームに前年健闘したような戦闘力は無く、目立った成績をあげられないまま、翌シーズンのシート争奪戦に敗れた。

BAR / フェラーリ[編集]

1999年は所属先が見つからないまま迎えたが、皮肉にもサロのF1キャリアの中で最も注目を浴びるシーズンとなった。

まず、ブラジルGPでクラッシュして欠場を余儀なくされたリカルド・ゾンタの代役として3レースに出場。デビューシーズンで全くの不振に終わったBARのシーズン最高成績(7位)を記録する。

イギリスGPではミハエル・シューマッハが脚を骨折。後半戦の欠場が決まると、またしてもサロが代役としてフェラーリのシートを得ることになった。2戦目のドイツGPではレース中盤にキャリア初の首位走行を果たすも、チャンピオン争い中のエディ・アーバインを勝たすためにチームオーダーを受け入れ、優勝を譲った。それでも、自身初の2位表彰台を獲得し、アーバインから感謝の印として優勝トロフィーを贈られた。その後、イタリアGPでも3位で表彰台を獲得し、シューマッハ不在のチームにおいて完璧な代役を務めた。

このシーズンの助っ人としての働きが再評価され、翌年からレギュラーシートを取り戻すことになった。また、高い信頼を勝ち得たフェラーリとのコネクションはF1から引退した後のレースキャリアでも続くことになる。

ザウバー / トヨタ[編集]

2000年はフェラーリからエンジン供給を受けるザウバーに移籍したが、上位でのレースが困難であると判断すると1年でチームを離脱する。

2001年には翌年から参戦することを発表したトヨタと契約し、アラン・マクニッシュとともに1年間テストを担当した。サロは日本在住の経験があり、日本人女性と結婚していたことから日本語でのコミュニケーション能力が非常に高かった。(少なくともヒアリングについては全く問題ないという証言が多数を占める)。このためF1に参入したばかりであり、少なくない日本人スタッフが混じっていたトヨタにとっては非常にありがたい存在であった。

2002年は満を持してF1復帰を果たし、開幕戦オーストラリアGPでいきなり6位入賞し、デビュー戦でトヨタに初ポイントをもたらす活躍を見せた。また、第3戦ブラジルGPでも6位入賞を果たしたが、結局このシーズンの入賞はこの2回のみとなった。複数年契約であったとされるが、翌年のシートを得ることはできず、F1から引退することとなった。

F1以降[編集]

2003年、PKレーシングからCART4レースに参戦し、マイアミで3位を記録した。ル・マン24時間レースにはアウディから参戦。

2004年以降はGTレースに活躍の場を移し、FIA GT選手権アメリカン・ル・マン・シリーズ (ALMS) に参戦する。ALMSではRisi Competizioneフェラーリ・F430GTに乗り、2007年にはチームメイトのハイメ・メロと共にALMS GT2クラスのドライバーズチャンピオンを獲得する。2008年・2009年にはル・マンでもLMGT2クラスを連覇した。

2005年世界ラリー選手権 (WRC) フィンランドラリーでは、コースの試走レッキを行うドライバーとして走行した。試走行車両にもかかわらずかなりのハイペースで走行し、地元ファンから大きな声援を浴びている。フィンランドでは元レーシングドライバーがラリー走行をするのはまれなことではなく、過去にはケケ・ロズベルグやミカ・ハッキネンらもグラベルを走行したことがある。

2010年以降はFIA GT1世界選手権V8スーパーカーにもスポット参戦しているほか、「フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2012」の際に来日し、フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック選手権にゲストドライバーとして参戦するなど現役活動を続けている。

また、地元フィンランドのテレビ局MTV3の解説者や、ゲストスチュワード[1]としてF1に関わっている。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1991 株式会社アド・レーシング SUZ
AUT
14
FUJ
DNQ
MIN
6
SUZ
DNQ
SUG
DNQ
FUJ
18
SUZ
Ret
FUJ
C
SUZ
DNQ
FUJ
Ret
22nd 1
1992 株式会社アド・レーシング SUZ
Ret
FUJ
15
MIN
4
SUZ
Ret
AUT
10
SUG
Ret
FUJ
18
FUJ
17
SUZ
8
FUJ
15
FUJ
5
15th 5
1993 株式会社アド・レーシング SUZ
13
FUJ
9
MIN
7
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
6
FUJ
C
FUJ
DNS
SUZ
17
FUJ
Ret
SUZ
Ret
17th 1
1994 チーム5ZIGEN with AD RACING TEAM SUZ
3
FUJ
5
MIN
7
SUZ
11
SUG
12
FUJ
Ret
SUZ
8
FUJ
Ret
FUJ
SUZ
10
7th 6

F1[編集]

所属チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1994年 ロータス 109 BRA
PAC
SMR
MON
ESP
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
POR
EUR
JPN
10
AUS
Ret
32位 0
1995年 ティレル 023 BRA
7
ARG
Ret
SMR
Ret
ESP
10
MON
Ret
CAN
7
FRA
15
GBR
8
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
8
ITA
5
POR
13
EUR
10
PAC
12
JPN
6
AUS
5
15位 5
1996年 024 AUS
6
BRA
5
ARG
Ret
EUR
DSQ
SMR
Ret
CAN
5
ESP
DSQ
CAN
Ret
FRA
10
GBR
7
GER
9
HUN
Ret
BEL
7
ITA
Ret
POR
11
JPN
Ret
13位 5
1997年 025 AUS
Ret
BRA
13
ARG
8
SMR
9
MON
5
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
13
BEL
11
ITA
Ret
AUT
Ret
LUX
10
JPN
Ret
EUR
12
17位 2
1998年 アロウズ A19 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
Ret
SMR
9
ESP
Ret
MON
4
CAN
Ret
FRA
13
GBR
Ret
AUT
Ret
GER
14
HUN
Ret
BEL
DNS
ITA
Ret
LUX
14
JPN
Ret
13位 3
1999年 ブリティッシュ・アメリカン・レーシング 01 AUS
BRA
SMR
7
MON
Ret
ESP
8
CAN
FRA
GBR
10位 10
フェラーリ F399 AUT
9
GER
2
HUN
12
BEL
7
ITA
3
EUR
Ret
MAL
JPN
2000年 ザウバー C19 AUS
DSQ
BRA
DNS
SMR
6
GBR
8
ESP
7
EUR
Ret
MON
5
CAN
Ret
GBR
10
AUT
6
GER
5
HUN
10
BEL
9
ITA
7
USA
Ret
JPN
10
MAL
8
11位 6
2002年 トヨタ TF102 AUS
6
MAL
12
BRA
6
SMR
Ret
ESP
9
AUT
8
MON
Ret
CAN
Ret
EUR
Ret
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
9
HUN
15
BEL
7
ITA
11
USA
14
JPN
8
17位 2

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2004 AFコルセ マセラティ・MC12 GT1 GT MON
VAL
MAG
HOC
BRN
DON
SPA
IMO
2
OSC
1
DUB
Ret
ZHU
1
9th 27
2006 AFコルセ フェラーリ・F430 GT2 GT2 SIL
3
BRN
6
OSC
2
SPA
1
PRI
5
DIJ
3
MUG
4
HUN
5
ADR
DSQ
DUB
3
3rd 61
2007 ヴィタフォンレーシング マセラティ・MC12 GT1 GT1 ZHU
SIL
1
BUC
MON
OSC
SPA
ADR
NOG
ZOL
16th 10
2008 AFコルセ フェラーリ・F430 GT2 GT2 SIL
MON
ADR
OSC
SPA
3
BUC
BRN
NOG
ZOL
SUN
18th 13

FIA GT1世界選手権[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2010 マッド-クロック・レーシング シボレー・コルベット C6.R ABU
QR

Ret
ABU
CR

15
SIL
QR


SIL
CR


BRN
QR

19
BRN
CR

12
PRI
QR


PRI
CR


SPA
QR


SPA
CR


NÜR
QR

15
NÜR
CR

23
ALG
QR


ALG
CR


NAV
QR


NAV
CR


INT
QR


INT
CR


SAN
QR


SAN
CR


52nd 0

脚注[編集]

  1. ^ "バーレーンGPのスチュワードはサロ". GpUpdate.(2013年4月17日)2013年5月10日閲覧。

関連項目[編集]