フェラーリ・553F1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ 553F1
フェラーリ 555F1
Ferrari553F1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー アウレリオ・ランプレディ
先代 フェラーリ・500F2
後継 フェラーリ・625F1 (553F1)
ランチア・フェラーリ・D50 (555F1)
主要諸元
エンジン フェラーリ Tipo106
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ
ドライバー ジュゼッペ・ファリーナ
フロイラン・ゴンザレス
マイク・ホーソン
モーリス・トランティニアン
エウジェニオ・キャステロッティ
出走時期 1954 - 1956
コンストラクターズ
タイトル
0 (タイトル制定前)
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 3
初戦 1954年ベルギーGP (553F1)
1955年モナコGP (555F1)
初勝利 1954年スペインGP
最終戦 1956年アルゼンチンGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
1
テンプレートを表示

フェラーリ 553F1 (Ferrari 553F1) は、スクーデリア・フェラーリ1954年F1世界選手権で使用したフォーミュラ1カーである。通称スクアーロ(Squalo)。1955年には改良型のフェラーリ 555F1 (Ferrari 555F1) 、通称スーパースクアーロ(Super Squalo)を使用した。

概要[編集]

F1世界選手権はF2規定で2年間行われたのち、1954年からエンジン排気量を2,500ccとして仕切り直しされた。フェラーリは500F2で成功した直列4気筒エンジン路線を継続し、発展型の625F1と553F1を開発した。553F1の新設計シャーシは燃料タンクを両サイドに配置しており、丸みを帯びたボディ形状から(スクアーロ)というニックネームが付けられた。

553は先ず1953年最終戦イタリアGPに553F2(2,000cc)として先行投入された。車名の553は「500F2の1953年バージョン」を意味する。1954年は2,500ccのF1マシンとなって登場したが、出走7回中5回リタイアし、目ぼしい成績は最終戦スペインGPでのマイク・ホーソンの優勝のみだった。シーズン後半には625F1のシャーシに553F1のエンジンを載せたもの、625F1のエンジンブロックに553F1のエンジンヘッドを組み合わせたもの、スポーツカー用735エンジンのクランクケースを使用したものも登場した[1]

1955年には操縦性を改善した555F1を投入したが、前年と同様にメルセデス・ベンツ W196の後塵を拝した。シーズン中に撤退したランチアからランチア・D50を譲り受けたため4気筒エンジン路線はこの年限りで廃止され、設計者のアウレリオ・ランプレディはフェラーリを去った。

スペック[編集]

数値は555F1のもの[2]

シャーシ
エンジン
  • 気筒数・角度 直列4気筒
  • ボア・ストローク 100×79.5mm
  • 排気量 2,497cc
  • 最高出力 260馬力/7,200回転
  • 動弁 DOHC・1気筒あたり2バルブ
  • キャブレター ウェバー50 DCOA/3キャブレター(ツイン)
  • 点火装置 ツインスパーク
  • 潤滑システム ドライサンプ
  • クラッチ マルチプレート
  • 最高速度 280km/h
タイヤ
  • メーカー ピレリ→エングルベール
  • 前輪サイズ 5.50×16
  • 後輪サイズ 7.00×16

成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ 林信次・GIRO監修 『F1全史 第9集 1950-1955 F1世界GPの夜明け/メルセデス無敗神話』 三栄書房、2000年、106頁。
  2. ^ Ferrari.com All Models 555F1