ピーター・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ウォー(Peter Warr、1938年6月18日 - 2010年10月4日[1])は、イギリス出身のレーシングチームのマネージャー。F1ロータスウルフフィッティパルディを指揮した。レーシングドライバーとしても活動し、日本グランプリの初代優勝者として名を残す。

経歴[編集]

1938年、当時ペルシャに赴任していた両親の元に生まれる。学生時代は英国で過ごし、その後1956年から1958年まで英国陸軍に入隊(英国の徴兵制度最後の世代である)。1958年の除隊後、自宅近くのロータス社屋を見学しに行き、その場で誘われて入社する。

ロータス・コンポーネンツ(レーシングカー販売部門)のセールスマネージャー兼社員レーサーとして各地のレースに参加。日本グランプリには2年続けて来日し、第1回大会(1963年)はロータス・23に乗って国際スポーツカークラスで優勝。第2回大会(1964年)はロータス・27に乗ってJAFトロフィーで2位。その後レーサーとしての活動を終える。

1966年、ロータス本社がロンドン近郊のハートフォードシャー・チェスハントからノーフォークに移転することを決めたときに、「田舎に引っ越す」ことを躊躇してロータスを辞するとともにレースからも引退、ロンドンにて模型屋(スロットカー・レーシングの店)を営む[2]1969年、前任者のアンドリュー・ファーガソンが辞することから誘いを受け、ロータスのチームマネージャーとして復帰する。

1976年末にロータスを離れ、ウルフチームのチームマネージャーに就任する。ウルフチームは1979年に解散し、チームを買収したフィッティパルディ・チームのマネージャーを1981年まで勤めるが、同年11月にロータスに復帰する。1982年にロータスの創始者コーリン・チャップマンが急逝すると、マネージャーとしてチームを指揮。1983年には、デザイナーのジェラール・ドゥカルージュ獲得、1985年には有力若手ドライバーのアイルトン・セナと契約、1987年には、キャメルブランドのR.J.レイノルズ社とスポンサー契約および、ホンダのターボエンジン獲得などの実績を残す。1989年にチーム社長のフレッド・ブッシェルがデロリアン疑惑で逮捕されると、シーズン途中に辞任してチームを離れる。[3]

FIAの主席競技委員やイギリス・レーシングドライバーズクラブの役員を務めた後レース界から引退し、フランスに移住。2009年4月には鈴鹿サーキットのリニューアルオープン記念イベントに招かれ、ロータス・23の同型車でサーキット内のデモ走行を行った[4][5]

2010年10月4日心臓発作によりフランスにて死去[6]。72歳没。

人物[編集]

ロータスのチームマネージャとしては、トールマンと複数年契約をしていたアイルトン・セナを引き抜き、1985年ポルトガルGPでチャップマン没後初勝利を果たす。1987年には、セナの要求に応じてホンダエンジンを獲得、中嶋悟をセカンドドライバーに起用した。1988年には前年のチャンピオン、ネルソン・ピケと契約する。一方で、ホンダエンジンを失った1989年には持ち込んだ車のレギュレーション違反を逃れるために予選セッション中にリヤウイングを鋸で切り落とすなどの失態も見られ、評価が分かれるところである。1987年ピーター・ライトが開発したアクティブサスペンションロータス・99Tに登載して実戦投入した件についても、「英断」と評価する向きがある一方で「当時のコンピュータ性能ではまだ時期尚早だった」と評価するジャーナリストも多い[要出典]

また1987年には、当時全車にダミーウェイトが載せられるわけではないためハンディになると知りつつ中継用車載カメラを中嶋悟車に搭載するなど、前衛的な、悪く言えば大味なマネージメントを行うマネージャであった。尚、当時の車載カメラは大型で空力的にも不利であり、重量と併せてラップタイムにして1秒近くロスすることになったとも言われており、「ルーキードライバーには酷である」とカメラを取り外すようセナがウォーにかけあったが、既に契約していた為に外せなかったと言われている。

ピーター・ウォーは、中嶋悟が当時ロータスチームのスポンサーであったJPSが冠スポンサーをつとめる1982年JPSトロフィーで優勝した時の賞典である、イギリスのドニントン・パークで行われたロータスF1カーテストドライブの際のマネージャであった。また、前記の通り1987年に中嶋悟がロータスでF1デビューする際のマネージャでもあり、中嶋悟との接点は意外と濃い。

ナイジェル・マンセルとは折り合いが悪く、彼がロータスを離れる際「彼はグランプリで優勝することはないだろう」とコメントしている。マンセルは、その後ウィリアムズに移籍して初優勝を果たしている。[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Peter Warr « OldRacingCars.com
  2. ^ この模型店には後にタミヤの社長となる田宮俊作が訪英の際に立ち寄り親交を深めた。タミヤは後のロータスチーム存続の危機の際にスポンサーを買って出ている。
  3. ^ Car MAGAZINE 2008年8月号 ピーター・ウォー独占インタビュー ネコ・パブリッシング
  4. ^ 鈴鹿サーキット・オープニングデーで第1回日本GPを再現 - Car Watch・2009年3月25日
  5. ^ 新装鈴鹿サーキットでオープニングデー 往年のF1疾走 - asahi.com・2009年4月12日
  6. ^ Peter Warr passes away - formula1.com・2010年10月5日
  7. ^ 全開 マンセル自伝(1996年、 二玄社)ISBN 4544040523