ロータス・18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・18
1961年モナコGPに優勝したスターリング・モスの18(ドニントン・グランプリ・コレクション所蔵)
カテゴリー F1, F2, FJ
コンストラクター イギリスの旗 ロータス
デザイナー コーリン・チャップマン
先代 ロータス・16
後継 ロータス・21 
主要諸元
シャシー アルミニウム
全長 2286mm
全幅 1321mm
全高 1353mm
エンジン コヴェントリー・クライマックス FPF 2.5 2,494 cc (152.2 cu in) 直列4気筒
トランスミッション 5速
重量 440 kg
燃料 サソル
タイヤ ダンロップ
主要成績
チーム チーム・ロータス
ドライバー イギリスの旗 イネス・アイルランド
イギリスの旗 ジョン・サーティース
イギリスの旗 アラン・ステイシー
イギリスの旗 ジム・クラーク
イギリスの旗 トレヴァー・テイラー
出走時期 1960年 -
ドライバーズタイトル 0
初戦 1960年アルゼンチングランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
22 3 5 4
テンプレートを表示

ロータス・18 (Lotus 18) は、チーム・ロータス1960年に開発したフォーミュラカーコーリン・チャップマンが設計した。排気量の異なるエンジンを搭載することで、フォーミュラ・ジュニア (FJ) からF2F1まで使用することができた。F1世界選手権では1960年から実戦投入された。

概要[編集]

F1用のクライマックスFPFエンジン (2.5L)

クーパーの成功に続き、ロータスが製造した最初のミッドシップマシン。角張った無骨なボディ形状から「ビスケットボックス」と呼ばれた。

シャーシは軽量なスペースフレーム構造で、燃料タンクはドライバーの膝の上に設置された。F1の2.5リッターエンジン用、F2の1.5リッターエンジン用の2種類があり、構造を簡略化したフォーミュラジュニア用もバッジ生産された。

エンジンは一貫してコヴェントリー・クライマックス製を搭載した。ロータス製5段マニュアルトランスミッションは「クイアーボックス(奇妙な箱)」と呼ばれた。

1960年[編集]

1960年シーズン開幕戦では、イネス・アイルランドがトップを走行したが、マシントラブルにより後退した。アイルランドはグローヴァー・トロフィー (Grover Trophy)でノンタイトル戦ながらロータスのF1初勝利を獲得。このレースで敗れたロブ・ウォーカー・レーシングは18を購入し、モナコGPスターリング・モスのドライブにより優勝した。これはワークスのチーム・ロータスより先に記録された、コンストラクターとしてのロータスの選手権初勝利であった。

18はフロントエンジンの1216よりも性能が向上したが、信頼性が低かった。ベルギーGPではモスとマイク・テイラーがマシントラブルでクラッシュし重傷を負った。アラン・ステイシーは顔面に鳥が当たって死亡するという呪われた週末となった。

両脚の骨折から復帰したモスは、最終戦アメリカGPでも優勝し、ロータスはクーパーに次ぐコンストラクターズ2位となった。また、のちにチャンピオンとなるジム・クラークジョン・サーティースが18に乗ってF1デビューした。ポルトガルGPではサーティースが初ポールポジション、クラークが初表彰台(3位)を獲得した。

1961年[編集]

18/21

1961年からF1のエンジン排気量が1.5リッターに縮小された。チーム・ロータスは21を主力とし、ロブ・ウォーカー・レーシングらプライベーターは18か、18の車体に21のボディカウルを搭載した18/21を使用した。

この年は強力なV6エンジンを積んだフェラーリ・156F1が圧勝するシーズンとなったが、モスは18でモナコGP、18/21でドイツGPを制してみせた。モナコGPでは車体を軽くするため、ボディのサイドパネルを外して走行した。

1962年以降、ワークスチームは2425に移行し、18と18/21はプライベートチームのみに供給された。18で殊勲を挙げたモスは1962年シーズン前のグローヴァー・トロフィーでハードクラッシュを喫し、その怪我が元で現役引退することになった。この時乗っていたマシンは、父親が運営するUDTレイストール・レーシングが所有するライムグリーンの18/21だった。

成績[編集]

参考文献[編集]

  • ダグ・ナイ著 高斎正訳 『歴史に残るレーシングカー』 グランプリ出版、1991年、ISBN 4876871124

脚注[編集]