ロータス・95T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・95T
1984年ダラスGPにてナイジェル・マンセルがドライブする95T
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
先代 ロータス・94T
後継 ロータス・97T
主要諸元[1]
シャシー ケブラー / ノーメックス ハニカム モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルスプリング
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF4, 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ロータス / ヒューランド製 5速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ジョン・プレイヤー チーム・ロータス
ドライバー 11. イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス
12. イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1984年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 2 0
テンプレートを表示

ロータス95T (Lotus 95T) は、チーム・ロータス1984年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカー。設計はジェラール・ドゥカルージュ。1984年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。1985年には95Tをベースとして、CART参戦用の車両である96が開発された。

95T[編集]

1984年からレギュレーション変更により、レース中に使用することが出来る燃料が250リットルから220リットルへと減少したため、前年の94Tよりも小型化されている。エンジンは前年に引き続きルノーV6ターボを使用し、タイヤはピレリからグッドイヤーに戻っている。

1984年シーズン[編集]

ドライバーは前年に引き続き、エリオ・デ・アンジェリスとナイジェル・マンセル。開幕戦のブラジルGPでは、デ・アンジェリスがポールポジションを獲得するが、決勝は3位に終わる。第6戦モナコGPでは、マンセルが予選2位から初めてトップを走行するが、大雨の中でコース上の白線に乗ってスリップし、ガードレールにヒットしてリタイアした。第9戦アメリカGP(ダラス)では、マンセルがポールポジション、デ・アンジェリスが予選2番手につけ、ロータスがフロントロウを独占した。決勝ではマンセルが好走するものの、チェッカー目前で壁にヒットし、ミッションを壊して停止してしまう。マンセルは自らマシンを押してチェッカーを目指すも、途中で気絶してコース上に倒れてしまい、結果的に6位完走扱いに終わった。一方、デ・アンジェリスは3位でフィニッシュしている。

コンストラクターランキングは、マクラーレン、フェラーリに続いて3位となり、エリオ・デ・アンジェリスは未勝利ながら、ドライバーズランキング3位となった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーEF4B
  • 気筒数・角度 V型6気筒・90度
  • 排気量 1,500cc
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 エルフ

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1984 BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
BEL
ベルギーの旗
SMR
サンマリノの旗
FRA
フランスの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
DAL
アメリカ合衆国の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
POR
ポルトガルの旗
47 3位
11 イタリアの旗 デ・アンジェリス 3 7 5 3 5 5 4 2 3 4 Ret Ret 4 Ret Ret 5
12 イギリスの旗 マンセル Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret 6 Ret 4 Ret 3 Ret Ret Ret

出典[編集]

  1. ^ 1984 Lotus 95T Renault - images, Specifications and Information”. Ultimatecarpage.com. 2010年8月23日閲覧。