オペル・スピードスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペル・スピードスター
Speedster Turbo 1.JPG
販売期間 2001年 - 2005年
ボディタイプ 2ドア ロードスター
エンジン 2.2L 直4 ECOTEC 147PS
2.0L 直4 ECOTEC ターボ 200PS
全長 3,786mm
全幅 1,708mm
全高 1,117mm
車両重量 870kg
-自動車のスペック表-

スピードスターSpeedster )は、ドイツの自動車メーカーオペル2001年から2005年まで販売していた自動車である。

オペルの自動車生産100周年を記念したモデルで、同社の量産車としては初の本格スポーツカーとなる2シーターのオープンカーである。ロータス・エリーゼの基本設計を元にロータスと共同開発され、製造もロータスの工場で行われる。エリーゼよりは100kgほど重いものの、870kgの車重は2座オープンカーとしても軽量である。

歴史[編集]

1999年サロン・アンテルナショナル・ド・ロトでプロトタイプ(試作車)が出展され、2001年にはオペルの本拠地であるドイツ、生産工場のあるイギリスを皮切りに販売が開始された。イギリスでの名称はボクスホール・VX220だった。

前後ともダブルウィッシュボーン形式のサスペンションや、アルミ押し出し材をエポキシ樹脂接着剤を用いて組み立てる手法、FRP製の外装を持つことなどは、基本となったエリーゼと同様ある。しかしながら、エリーゼと共用するコンポーネンツは1割程度であると公表されており、外観デザインもエッジの利いたオペル独自のもので、いわゆるバッジエンジニアリングの類ではない。エアバッグABS、オーディオなどが標準で備わる点も、サーキット志向のエリーゼとは異なる。

搭載されるエンジン2種は、いずれもECOTEC と呼ばれるGM直列4気筒で、ミッドシップに横置きされ後輪を駆動する。自然吸気版はアストラザフィーラなどに搭載されるものと同型である。ターボモデルはボディの軽量さとも相俟って、発進から100km/hまで4.9秒で加速することができる。この値は355馬力の3.8リッターエンジンを積むポルシェ・911カレラS(997型)と同等である。

生産台数限定ではなかったが、記念モデルということでダッシュボードにシリアルナンバーが刻印されたプレートが配される。

2002年モンディアル・ド・ロトモビルでは、このスピードスターをベースにしたエコ・スピードスター なるコンセプトカーが出展された。1.3リッターのコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載するエコ・スピードスターは元来軽量なスピードスターをさらに軽量化した上で空気抵抗の低いボディ形状を追求し、燃料1リッター当たり40kmの走行が可能で、それでいて最高速度は250km/hに達すると謳われた。

日本での販売[編集]

日本での正規輸入においては、右ハンドル仕様の自然吸気モデルのみが2003年に80台限定で受注生産、販売された(当初は100台の予定であった)。受注生産としたのは、外装やシート、ソフトトップ(幌)の色の組み合わせが82通りに上るため、購入者の意向に沿ったモデルを用意できるように、との配慮である。

同年7月には、日本での購入者すべてを無料で招待したイベント Driving Pleasure with Speedster in Ebisu Circuit が日本ゼネラルモーターズ主催で行われた。

GM大宇でのライセンス生産[編集]

GM大宇はスピードスター生産終了に伴う製造ラインの売却を受け、韓国でスピードスターのライセンス生産を開始した。名称は継承し、仕様は基本的にオリジナルに準じる。

韓国では、かつて起亜ロータス・エランキア・ビガートとして製造したのと同様の手法でライセンス生産している。

関連項目[編集]