ルノー・マスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2代目マスター(後期型)

マスターMaster )は、ルノー車両総重量2.8-3.5トンクラスの商用車である。

プラットフォームシャシホイールベースにはショートとロングが、シャシ一体型のバンボディーには標準ルーフとハイルーフが用意され、その他に、はしご型フレームトラックもラインアップされている。

初代(1981年-1997年)[編集]

ルノー・マスター
バン
Renault van.jpg
救急車仕様
Westcountry Ambulance M243OOL.jpg
パネルバン
Renault Vitamin Water - multicolore - Strasbourg.JPG
製造国 フランスの旗 フランス
販売期間 1980年 - 1997年
エンジン 2,068cc 2.1D(ディーゼル)
2,445cc 2.5D(ディーゼル)
1,995cc 2.0(ガソリン)
2,165cc 2.2(ガソリン)
変速機 5速 MT
駆動方式 FFFR
サスペンション ダブルウイッシュボーン独立(前輪)
ホイールベース 3,200 mm(標準)
3,840 mm(ロング)
最大積載量 1,950 kg(FF)
1,890 kg(FR)
先代 ルノー・エスタフェット
-自動車のスペック表-

1980年夏にそれまでのエスタフェットを代替するモデルとしてマスターとそれより小型のトラフィックが市場に導入された。

マスターには前輪駆動(FF)の「トラクシオン」と後輪駆動(FR)の「プロピュルション」の2種類の駆動方式が用意されており、前輪車軸の後方に搭載されたエンジンの上にキャブが載るセミキャブオーバー形式であった。駆動方式により縦置きエンジンの向きが異なり、FFのトラクシオンはエンンジンの前にクラッチ変速機を置く通常とは逆の配置を採っていた。

外観のスタイリングは直線を基調としたものとなり、初期型ではフィアット・リトモに似た円形のドアハンドルを採用していた。特徴的な外吊り式の荷室/客室側面ドアは、一般的な一旦外側に引き出す形式のスライドドアと異なり丈夫な鍛造製アームを不要としていた。跳ね上げ式のテールゲートを持つモデルではテールゲートが開くと共にその支点が天井に沿って前方へ移動することでテールゲートの後方への張り出し量を少なくする工夫が図られていた[1] 。 当初は2.5 L (2,445cc) のFiat-Sofimディーゼルエンジンを搭載していたが、1984年から2.1 L (2,068cc)版が追加され[2]、稀ではあったが2.0 Lか2.2 Lのルノー製ガソリンエンジン搭載車も販売された。

他社の製品とも競合したが、後のルノーのダッジイギリス工場獲得(クライスラープジョー買収時)後にルノー・50として売られるダッジ・50とも競合した。

1994年にマイナーチェンジ。

搭載されたエンジンは、自然吸気の2.5Lとターボ付きの2.8Lで、ともにディーゼルエンジンである。

日本への正規輸入は行われていないが、個人輸入のほか、三井物産オートモーティブが輸入していたキャンピングカーの中のひとつにもベースとして使われていたが、いずれも少数である。

2代目(1997年-2010年)[編集]

2代目マスター(前期型)

1997年にモデルチェンジした2代目モデルは他社へもOEM供給されるようになり、オペルおよびボクスホールではモヴァノとして、2001年からはインタースターとして、提携先の日産自動車からも販売されている。

2002年には大幅なフェイスリフトが行われ、ヘッドランプ形状の変更や、フロントグリルの変更が行われた。それにより外観は2代目トラフィックに近いものになっている。 エンジンにも日産製ZD30DDTiが追加されている。

この世代も正規輸入はなく、架装済みキャンパーがインディアナRVによって輸入されている。

3代目(2010年-)[編集]

3代目マスター

2010年1月25日に発表され、4月に欧州で販売が開始された。同時にOEM供給しているオペル/ボクスホールモヴァノも新型に切り替わった。駆動方式はFFFRが用意され、ホイールベース長も3タイプ設定される。

エンジンは2.3L 直4 ターボディーゼルエンジンが搭載され、最高出力100PS, 125PS, 150PSの3タイプがラインアップされる。

日産自動車版は2010年のハノーファーモーターショーにてNV400として発表された。


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『世界のトラック/バス』 二玄社、1980年11月25日、pp. 110 - 114。
  2. ^ HGV Parts Direct

外部リンク[編集]