オペル・カリブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペル・カリブラ
Opel Calibra.jpg
販売期間 1989年 - 1997年
乗車定員 4名
ボディタイプ 3ドア ハッチバッククーペ
エンジン 2.0L 直4 DOHC/SOHC
2.0L 直4 DOHC ターボ
2.5L V6 DOHC
駆動方式 FF
全長 4492mm
全幅 1688mm
全高 1320mm
ホイールベース 2600mm
車両重量 1215kg
先代 オペル・マンタ
後継 オペル・アストラクーペ
-自動車のスペック表-

オペル・カリブラ(Opel Calibra)とは、ドイツオペルが開発した自動車のこと。

概要[編集]

スペシャリティークーペという位置づけで、1989年に登場。日本では1994年から発売開始。

カリブラはベクトラをベースに開発された車両で、基本的なメカニズムはベクトラと同じ。ボディはCd値が0.26(ただし、ターボは0.29)という、空力性能に優れた設計となっている。クーペにしては居住性も高く、6:4分割可倒式シートバックを採用しラゲッジスペースの容量を拡大(シートを倒した状態で最大980リッタ)。実用性も問題無い様に設計されている。

エンジンは2.0L直4SOHC/DOHC、駆動方式はFF/フルタイム4WDをそれぞれ選択できた。 1991年のマイナーチェンジでは、2.0LDOHCエンジンをベースに独KKK社(Kühnle Kopp und Kausch)製インタークーラー式ターボチャージャー(最大ブースト圧0.7bar)によって204ps/5,600rpm(最大トルク,28.5kgm/2,400rpm)を発生するエンジンと独ゲトラグ社(GETRAG)製6速MT(変速比3.570/2.160/1.450/1.110/0.890/0.740,最終減速比3.720)を搭載し4WDで駆動する「ターボ」が、1994年には170psを発生するエコテックV6DOHCがそれぞれ追加された。 日本導入モデルは、16V(DOHC・FF・4速AT)とターボの2つ。ただしターボは、1994年と1995年の2年間のみの輸入であった。

ターボは、エギゾーストパイプとタービンハウジングを一体化することにより、熱効率の向上と軽量化(5.27kg)を同時に達成している。また、タービンハウジングにはウォータージャケットを備えるとともに空冷式オイルクーラーも備え、冷却効率を高めている。

4WDは、ビスカスカップリング式。センターデフの直後には、電磁式多板クラッチが備えられており、時速25km以上からのブレーキング時にリアへの駆動力を遮断することにより、ボッシュ4ch4センサー式ABSの作動を妨げないようになっている。

サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアーム式を採用。オメガに採用されているのと同じDSAサスペンションを搭載。

ブレーキは、フロント;ベンチレーテッドディスク(直径284mmただしターボ)、リア;ディスク(直径270mmただしターボ)。

ターボのタイヤサイズは、205/50ZR16(1994年モデル)。6JホイールのPCDは110mmで5穴。オフセット49mm。

日本導入モデルにはエアバッグ(1994年モデルは運転席のみ)とABSが標準装備され、オプションにはレザーシートとサンルーフを用意した。1995年モデル以降はホワイトメータとなり、センターコンソールに電圧計と油圧計が装着。

1997年に生産終了。

モータースポーツ[編集]

DTM(ドイツツーリングカー選手権) カリブラをベースにしたツーリングカーで1994年より本格参戦。チーム運営はヨーストが担当した。マシンには自然吸気2.5LV6エンジン(420ps)を搭載。ドライバーには元F1ドライバーのK.ロズベルグJ.J.レートなどを選んだ。95年以降のマシンにはF1のコンストラクター、ウィリアムズも開発に参加し、戦闘力もアップした。

1995年にはK.ルートヴィヒがドライブするマシンがシリーズ3位、翌年にはM.ロイターがドライブするマシンがシリーズタイトルを獲得した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]