スバル・トラヴィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スバル・トラヴィック
スバル・トラヴィック(前方)
Traviq.jpg
スバル・トラヴィック(後方)
Traviq2.JPG
製造国 タイ王国の旗 タイ
販売期間 2001年2004年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン 水冷直列4気筒DOHC2,198cc
最大出力147PS/5,800rpm
最大トルク20.7kg-m/4,000rpm
(Aパッケージ車:水冷直列4気筒DOHC1,795cc
最大出力125ps/5,600rpm
最大トルク17.3kg-m/3,800rpm)
変速機 4速AT(Nコントロール付き)
駆動方式 FF
サスペンション 前:ストラット式独立
後:トーションビーム/トレーリングアーム式リジット
全長 4,315mm
全幅 1,740mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,695mm
車両重量 1,420-1,470kg
-自動車のスペック表-

トラヴィックTRAVIQ )は、ゼネラルモーターズ(GM)傘下のオペルが開発し、GMのタイ工場で生産され、スバルブランドを展開する富士重工業が日本国内で販売していた7人乗りのミニバンである。

概要[編集]

2001年8月発売。スバル初のいわゆるミニバンであるが、同社は1983年に軽商用車サンバーをベースに開発したリッターカークラスのワンボックスカードミンゴ」を発売しており、3列シート車としては初ではない。

2001年当時、GMと資本提携していた富士重工業が、欧州におけるGMの子会社であったドイツのオペルが開発したミニバン、ザフィーラOEM供給を受けたものである。ただし、生産されたのは、ドイツではなくGMのタイ工場であり、GMジャパンを通じて輸入され、スバルブランド車として販売された。

ステアリング位置は右のみ。エンジンは当時日本に輸入されていたザフィーラよりも大きな2198ccエンジンを搭載。また、日本市場導入にあたって、オーストラリアホールデン社からテストコースなどの支援をうけてスバル実験部隊によって事前に車輌特性などが確認された[1]

トラヴィック誕生の経緯は、まず、GMの戦略として、GMのタイ工場で生産されるザフィーラを安い価格でアジアを中心に展開するというアイデアがあり、1999年に資本提携をした富士重工業に白羽の矢を立てた。また、ミニバンは日本の市場では、既にファミリーカーの主流となっていたが、当時のスバルのラインナップ上では空白であった。この計画ではその空白を短期間で、しかも比較的少ない費用で埋める事ができると考えられ、富士重工業にとっても魅力のあるものであると思われた[1]

基本的には同じ車でありながら、トラヴィックがザフィーラよりも、かなり安価に販売できたのは、生産コストの安いタイ製であったからであると言われている。しかし、内容的には大きなエンジンやより充実した装備品(一部グレード以外ではサイドエアバッグの不装備など安全装備はやや落ちる部分もある)など、むしろ高度な部分もあった。また、スバル側にてフルエアロパーツ・16インチアルミホイールなども企画された。結果、ザフィーラは日本市場で極度の売り上げ不振に陥り、オペル自体の日本でのブランドイメージ低下の遠因を作ってしまった。

トラヴィックの大きな特徴のひとつは、ドイツのアウトバーンを7人フル乗車状態で時速170km/hで安全に巡航・長距離移動ができるように設計されていることで、全車トラクションコントロール、EBD機能付きABS、ドアロック自動解除機能を装備するなど、その安全性や、高速走行でのスタビリティは高く、当時の日本の同クラスの車種とは次元の違う性能を持っていたといえる。これは元となったザフィーラの設計において、主に操縦安定性を高めるためのサスペンションチューニングなどを監修、それらを徹底的に追求した結果であるとも言われている。

多くの日本車で見られた内装や仕上げの過剰品質、使用頻度の低いシートアレンジを廃し、走行性能や安全性など、自動車としての基本的な機能を重視した点は興味深く、発売当初は多くの自動車評論家から高い評価を与えられていた。

ダイヤル式無段階調整式リクライニング機構は、日本車では一般的でなく、使いにくいと不評であったが、微調整出来る点では優れており、チャイルドシート使用時などの安全性には寄与していた。

2004年11月、GMタイ工場での(2004年12月末付け)ザフィーラ生産中止に伴い、日本でもトラヴィックの販売を終了(在庫車の販売は継続)。販売累計台数はおよそ12,000台であった。これにより、スバルの日本国内のラインナップからは2008年6月に独自開発のオリジナルミニバン(ただし実際にスバル自身としては2012年7月のE型へのマイナーチェンジまでミニバンとは謳っておらず(E型から「ぶつからないミニバン!?」というキャッチコピーを採用。)、7人乗りのステーションワゴンという表現を用いている)「エクシーガ」を発売するまでの間、いわゆるミニバンが無くなった。

グレード[編集]

デビュー当初は以下の3グレードで構成

  • Lパッケージ Lパッケージには、ヘッドランプ・ウォッシャー、SRSサイドエアバッグ(前席)、アクティブヘッドレスト、リモコン付きステアリング、ルーフレールが標準装備される。またインフォメーションディスプレイがマルチ表示(燃費や外気温等)タイプとなる。足回りは標準グレードと同様で、タイヤも195/65R15だが15インチアルミホイールが標準となる。
  • Sパッケージ Sパッケージには、スバル独自のエアロパーツや専用サスペンションセッティングによるスポーティな足回り(ザフィーラ欧州仕様)、VR規格の205/55R16サイズのタイヤが与えられた専用16インチアルミホイールがついてくる。また、内装も本革巻きステアリング、メタル調パネル、AM/FM/MDプレイヤー、ボディ同色モールなどがこのグレード以上には標準装備され、スポーツタイプのシートがこのグレードのみオプション設定される。
  • 標準(=Cパッケージ) 標準ではオーディオ、プライバシーガラスが装備されていない。足回りはザフィーラよりダンパーの減衰力を弱めて、低速の乗り心地を向上させている。

2002年に一部グレード改廃でLパッケージを廃止し、最上級グレードにSLパッケージ(Sパッケージにルーフレール以外のLパッケージの装備を追加したグレード)を設定。

2003年の小変更ではステアリングコラムウィンカー/ディマーとワイパーのレバーを日本車と同様の配置に入れ替え、2列目席にリクライニング機構追加、2列目中央席への3点シートベルト装備、ドアミラーの電動格納機能の追加、Rレンジ時の警告音追加、テールランプの意匠変更(ウインカー部分がクリアーになった)などを行ない、1795ccエンジン搭載モデルのAパッケージも追加された。

車名の由来[編集]

車名のTRAVIQは、TRAVEL(旅行する、移動する)、QUICK(動きの速い、機敏な)という2つの英単語を組み合わせた造語である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b モーターファン別冊・ミニバンのすべて. 三栄書房. (2001-10-14). p. 120-121. ISBN 4879043915. 

外部リンク[編集]