SI-DRIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SI-DRIVEのスイッチ

SI-DRIVE(エスアイ・ドライブ、Subaru Intelligent-DRIVE)とは、富士重工業(スバル)が開発したドライブ・アシストシステムである。

概要[編集]

2006年5月24日、レガシィがD型(後期型)になった際に初搭載。それ以降の新型車にも搭載車種が増えている。センターコンソール上にあるSI-DRIVEセレクタ-をドライバーが操作することによりエンジンの出力特性が変化し、なお搭載車種によって出力特性が変更されておりその車のイメージに合った出力特性となっている。ステアリング又はセンターコンソールに設置されたボタンやダイヤルを回す事で3つのモードを使い分けることが出来る。その結果、異なるエンジンキャラクターが1台で楽しめるようになった。以下に、各モードの特性を記す。

インテリジェント・モード(Iモード)[編集]

最高出力が下がり(ターボ車の場合は過給圧の抑制)、燃費を意識した走りが可能になるモードである。燃費は従来と比べ約10%上昇している。渋滞や市街地走行など、要求される力が少ない場面に適している。なお「インテリジェントモードにしている限りレギュラーガソリンを使用しても問題ない」という情報は誤報なので注意が必要である。

スポーツ・モード(Sモード)[編集]

従来のセッティングをベースに更にセッティングを見直したモードであり、燃費は従来と比べ約5%上昇している。高速走行などに適している。

スポーツ・シャープ・モード(S♯モード)[編集]

スポーツ・モードに対してアクセル・レスポンスが増したモードである。ワインディングロードや追い越しなどに適している。 ステアリングのスイッチでも操作可能である。 なお、エンジン始動直後の水温が低い状態では選択できない。

搭載車種[編集]

  • 4代目レガシィ 2.0GT・3.0R系 (Dタイプ以降)、2.5i系(Fタイプ以降)
  • 5代目レガシィ(全グレード)
  • 初代レヴォーグ 全グレード(1.6GT系はスポーツシャープモード非搭載、搭載位置はステアリング内となる)
  • 3代目インプレッサ WRX STI
  • 3代目フォレスター 2.0XT
  • 4代目フォレスター 2.0iを除く全グレード(NA車はスポーツシャープモード非搭載、搭載位置はステアリング内となる)
  • 初代エクシーガ 2.0GT、2.5i系 (搭載位置はシフトレバーの前となる)

外部リンク[編集]