スバル・バハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スバル・バハ
スバル・バハ
Subaru--Baja.jpg
販売期間 2003年 - 2006年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアピックアップトラック
エンジン 2.5L 水平対向 4気筒
変速機 5MT
4AT
駆動方式 4WD
全長 4,905mm
全幅 1,781mm
全高 1,631mm(2003年~2004年)
1,654mm(2005年~2006年)
ホイールベース 2,649mm
-自動車のスペック表-

バハBAJA )とは、富士重工業スバル)が2003年から2006年まで生産したピックアップトラックスポーツユーティリティトラック)である。

車名の「バハ」はバハ・カリフォルニア半島に由来し、車好きには耐久レースの「バハ1000」(Baja 1000)などでも馴染みのある、バギーオフローダーを連想させる地名でもある。

概要[編集]

レガシィランカスター(日本国外名 2代目アウトバック)をベースに後部座席より後ろを荷台に変更したものである。ピックアップトラックとしては小型であるが、後部座席と荷台の間にはトランクスルー機能も付いており、長尺物の積載も可能となっている。

生産はアメリカインディアナ州にあるSIAで行われており、販売地も北米のみとなっている。日本の自動車メーカーの車種としては初のスポーツユーティリティトラック(SUT)となった。

エンジン排気量2.5L、水平対向SOHCEJ25型を縦置きし、駆動方式はレガシィランカスターと同じAWDである。また、2004年からはDOHCターボエンジンを搭載したモデルを販売開始した。

2006年に生産を終了し、それまでの4年半で、3万台が販売された。

関連項目[編集]