スバル・プレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレオPLEO )は、スバルブランドを展開する富士重工業が販売している軽自動車ハッチバック及び軽ボンネットバン)である。

概要[編集]

初代はヴィヴィオの後継車として1998年10月の軽規格改定時に発売された。2007年以降は商用グレードのみとなり2010年1月に一旦消滅したが、同年4月に軽セダンとしてフルモデルチェンジされ、2年10か月振りに乗用モデルも再設定された。2代目はダイハツ・ミラのOEM車である。

初代 RA/RV系(1998年 - 2009年)[編集]

スバル・プレオ(初代)
RA1/RA2/RV1/RV2型
前期型(1998年10月 - 2000年10月)
1998 Subaru Pleo 01.jpg
中期型(2000年10月 - 2002年10月)
1st generation Subaru Pleo.jpg
後期型(2002年10月 - 2007年6月)
Subaru Pleo 003.JPG
販売期間 1998年 - 2009年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
5ドア軽セミトールワゴン
エンジン EN07型 658cc SOHC 直4
EN07型 658cc SOHC 直4 ICSチャージャー
EN07型 658cc DOHC 直4 ICSチャージャー
変速機 5速MT/CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ストラット式サスペンション
後:ストラット式サスペンション
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,550mm - 1,625mm
ホイールベース 2,310mm
先代 スバル・ヴィヴィオ
-自動車のスペック表-

概要[編集]

1990年代後半、軽自動車の主流は従来型のセダンからユーティリティ重視のトールワゴンに移行しつつあった。これを受けスバルでもヴィヴィオの後継車としてプレオを発売した。プレオが発売された1998年当時にはすでに各メーカーの主力となる軽トールワゴンが出そろっており[1]、軽自動車の老舗であるスバルが最後発となっていた。

開発を指揮したのは後に富士重工業の社長になる竹中恭二氏であった。ヴィヴィオなどと同様、ドライバーズカーとして開発された。スバル伝統の凝ったメカのおかげでトールワゴンながら走りの面での評価が高い。

独立したボンネットをもつフォルムとレガシィツーリングワゴンに似た6ライトのウインドウグラフィックが特徴。企業規模の小ささから他社のように車種を造り分ける余裕がなく、さらにヴィヴィオの後継車である為、全高は一般的な軽トールワゴンより低めの1,575mm(ルーフレール装着車は1,625mm)となっている。[2]

スポーティーグレードから商用モデルまで幅広いグレードをラインナップしていた。事実上プレオの後釜になるはずであったR2の登場を機にグレードを大幅に縮小、しかしR2の販売不振により再び拡大した。その後初代ステラの登場とほぼ同時に再び縮小、一年後には商用グレードのみとなった。結果的にはスバルの軽撤退発表後まで生産され、11年を超える長寿モデルとなった。

ツートンのボディカラーも用意されていた。

1999年度「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」特別賞受賞。

バリエーション[編集]

初期にはオプションで「エアロ・フィールド・カジュアル・エレガント」という4種類のバージョンが用意されていた。後にヨーロピアン調の「ネスタ」シリーズとスバル・360をモチーフにした「ニコット」を追加。赤帽専用モデルも存在した。

メカニズム[編集]

エンジンは全て排気量660cc・直列4気筒EN07型を採用。SOHC自然吸気エンジン、リッターカー並の動力性能を有するSOHCマイルドチャージエンジン、高性能なSOHCスーパーチャージャーエンジン、より高性能なDOHCスーパーチャージャーエンジンの4種類が設定されていた。[3]

2004年1月の一部改良で一旦は自然吸気エンジンのみになったが、2005年1月にSOHCマイルドチャージエンジンが復活している。しかし、後継車種の「ステラ」の登場に伴い、2006年6月に再びマイルドチャージエンジンは消滅、自然吸気エンジンのみとなる。なお、この間に排出ガス規制の変更に伴い「F」グレードの自然吸気エンジンの触媒が変更され、その結果低回転域でのトルクが低下した。

トランスミッションは、5速MTCVTがある。スバルはCVTの改良に先鞭をつけ、ECVTを実用化していたこともあって、この時期までの軽バンにCVTを採用していたのはスバルのみであり、レックスコンビ、レックスバン、ヴィヴィオに次ぎ、2009年当時もプレオが唯一であった。また、クラス唯一の4輪独立懸架を採用し、全グレードのフロントブレーキにベンチレーテッドディスクブレーキを、「RS」にはリヤディスクブレーキを採用。特に「RM」と「RS」はCVTに7速スポーツシフト(擬似的なマニュアルモード)を採用し、走りを意識したグレードとなっている。 軽自動車最後のリアディスクブレーキ搭載車となった。

歴史[編集]

  • 1995年11月 - 東京モーターショーにコンセプトカー「エルキャパ」を出展。「エルキャパ」のデザインは後のプレオのデザインのもとになった。
  • 1998年10月9日 - プレオ発売。
    大きな変更点としては、それまでの電磁クラッチを用いたECVTに代わり、i-CVTが設定された。これは、ロックアップ機能付きトルクコンバーターを用いたもので、CVTの世代交代である。簡易トラクションコントロール機能(ホイールスピンを感知するとギア比を高めて駆動力を抑える機能。介入の度合いは少ない。)も備わっていた。また、世界初となる7速マニュアルモードを備えたスポーツシフトi-CVT車も設定された。
    それまでのヴィヴィオのプラットフォームをベースに、センター(B)ピラー部でヴィヴィオに比べ7倍もの強度となった環状力骨構造ボディー(衝突安全ボディー)を採用。
    当初は「F」・「L」・「LM」・「RM」・「RS(販売当初は2WD車のみ)」・バン「A」の6グレードを設定。月間販売目標の8000台を発売からわずか10日間で達成し、上々の滑り出しを見せた。
    • 12月2日 - 福祉車両「スバル トランスケア」の新ラインナップとして、「ウイングシート リフトタイプ」を追加。
      レバー操作でシートが90度回転し、リモコン操作で乗降ができる電動リフター付助手席を装備。あわせて、被介護者の疲労軽減を目的に助手席シートもリクライニング機能を備えており、ヒンジを変更して助手席ドアの開度も広めに設定している。なお、本仕様は全てのグレードで設定できる。
  • 1999年6月23日 - クロームメッキの専用フロントグリルや丸型4灯ヘッドランプ等を装備し、ヨーロピアンテイストのクラシカルなデザインに仕上げた派生モデル「ネスタ」を発売。
    「ネスタ」は自然吸気エンジン(5MT車)かマイルドチャージエンジン(i-CVT車)を搭載する「G」と、スーパーチャージャーエンジン+スポーツシフトi-CVTを搭載する「RG」の2グレードを設定する。
    同時に既存グレードも一部改良され、「L」は13インチタイヤを、「LM」は13インチタイヤと電動格納式ドアミラーを、「RM」は濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)をそれぞれ標準装備し、MT車にはクラッチスタートシステムを追加。さらに、エンジンマウントの最適化や遮音性能などの向上により、静粛性を向上した。
  • 2000年5月8日 - エアコン、AM/FMカセットステレオ、キーレスエントリー、パワーウィンドウ、運転席SRSエアバッグ等を装備し機能を充実しながら価格を抑えた特別仕様車「ネスタGスペシャル」を発売。あわせて、「LS」のi-CVT車にサンルーフ付車を追加。
    • 10月6日 - 一部改良。
      オフセット衝突に対する安全性能を高めた他、エンジンと排出ガス浄化システムの改良により、「RM」・「RS」・ネスタ「RG」・バン「A」を除くすべてのグレードで「良-低排出ガス(☆)」認定を取得。
      また、各グレードで外内装のデザイン変更や装備内容の充実が図られた。同年5月に発売された特別仕様車の「ネスタGスペシャル」も改良を行い、カタログモデルに昇格した。
    • 12月22日 - 微笑ましいデザインの専用フロントマスクを採用し、第33回東京モーターショーにCNGエンジン搭載車として参考出品された「ニコット」を市販化。
      市販車ではエンジンをマイルドチャージエンジン(ガソリンエンジン)に置換し、i-CVTを搭載。インテリアもブルーを基調とした専用仕様とした。なお、フロントフェンダーはネスタ系と共通である。
  • 2001年1月31日 - 「L」をベースに、CDプレーヤー+AM/FMチューナー、フォグランプ、リア濃色ガラス、運転席バニティミラー、お買物フックを追加し、さらに装備を充実させた特別仕様車「Lプラスパッケージ」を発売。ボディカラーはオプションカラーのグロスホワイトパールを含む6色を設定した。
    • 5月8日 - 「RS」をベースにカラードスポイラー(フロントアンダー・サイド・ルーフ(専用大型))、専用14インチアルミホイール(2WD車のみ)、MDプレーヤー&3連奏CDチェンジャー、メッキリング付合皮シフトブーツ、本革巻ステアリングホイール、アルミ製スポーツペダルなどを装備し、装備内容を最上級グレードの「RM」とほぼ同等にした特別仕様車「RS-Limited」を発売。
    • 10月9日 - 一部改良。
      「LS」・「RS」の外見を一新するとともに、「RS」はエンジンや足回りなど改良により走行性能を向上し、新たに専用設計とした5MT車を追加。また、エンジンと排気系統の改良により更なる低排出ガス化を図り、「良-低排出ガス(☆)」認定を取得。さらに、装備内容の充実が図られた。「ネスタRG」とバン「A」も低排出ガス化により「優-低排出ガス(☆☆)」認定を取得。
      全グレードでフロントグリルのオーナメントをスバルのCIである六連星(むつらぼし)に変更。なお、「RM」は「RS」に統合される形で廃止となった。
    • 11月28日 - 特別仕様車「バンAスペシャル」・「FII」を発表(同年12月17日販売開始)。
      「バンA」及び「F」をベースにルーフ形状の変更とサスペンションの見直しで車高を25mm低くし、ほとんどの立体駐車場に収まるように設計された仕様である。また、「バンAスペシャル」はベース車と仕様・装備内容を同一にしながら、価格を59.8万円からに引き下げた。
  • 2002年1月30日 - 特別仕様車「Fスペシャル」・「LスペシャルパッケージII」を発売。
    前者は「FII」をベースにパワーウィンドウ、集中ドアロック(リアゲート連動)、キー一体型キーレスエントリー、リアワイパー&ウォッシャー(2WD車のみ、4WD車はベース車に装備済)、電動リモコンドアミラー、ホイールキャップを装備し、機能を充実しながらも価格を抑えた仕様。
    後者は2001年1月に発売された「Lスペシャルパッケージ」のバージョンアップ仕様で、ほとんどの立体駐車場に収まるように車高を低くし、新たにシートリフター、カラードドアハンドル、カラードドアミラーを追加装備した。
    • 5月7日 - スバル4WD発売30周年記念特別仕様車「F Limited」・「LS Limited」・「RS Limited II」発売。
      「F Limited」は「FII」と仕様・装備内容を同一としながら価格を引き下げた仕様で、新たに3色のボディカラーを追加。「LS Limited」は「LS」をベースに車高を低くするとともに、ライトインライトヘッドランプ、リアコンビランプ(クリアタイプ)、電動格納式リモコンカラードドアミラー、アンサーバック付電波式リモコンドアロック(ハザードランプ連動)などを特別装備し、機能を充実させた仕様。
      「RS Limited II」は2001年5月に発売した「RS-Limited」のバージョンアップ仕様で、ルーフスポイラーにハイマウントストップランプを内蔵し、アルミホイールはブラックに変更、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック(ハザードランプ連動)を新たに装備した。
    • 10月8日 - 一部改良。
      グレード体系が整理され、「F」・「F-S」・「L」・「LS」・「RS」・「ネスタE」・「ネスタG-S」・「バンA」の8グレードとなる。
      外観では「L」に大幅な変更が施され、バンパー(フロント・リア)、リアまわり、ホイールキャップのデザインを変更し、特別仕様車で採用されていたルーフなどを採用したことで車高を低くし、ほとんどの立体駐車場に対応した(なお、「F」・「F-S」・「バンA」はバンパーデザイン変更と車高ダウンを、「LS」・「RS」はリアまわりデザイン変更を、「ネスタE」は車高ダウンをそれぞれ行った)。
      また、内装では「F」・「F-S」・「L」はカラフルなデザインのシート表皮を、「RS」はダークグレー基調のシート表皮をそれぞれ採用し、「バンA」の表皮は塩化ビニールからトリコットに変更した。
      装備も更なる充実化が図られ、「RS」は特別仕様車「RS Limited II」の特別装備の一部(ハイマウントストップランプ内蔵大型ルーフスポイラー、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック、本革巻きステアリング)を標準装備化、「LS」は特別仕様車「LS Limited」の特別装備全てを標準装備、「L」は特別仕様車「LプラスパッケージII」の特別装備(フォグランプ、カラードドアミラー、カラードドアハンドル、CDプレーヤー&AM/FMチューナー、レバー式運転席シートリフターなど)に加え、ライトインライトヘッドライト、電動格納式リモコンカラードドアミラー、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロックも標準装備した。
    • 12月24日 - 特別仕様車「L ナビスタイル」・「L MDスタイル」を発売。
      「L」をベースに13インチアルミホイール、濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)、メタリック色のセンターパネルを装備し、「L ナビスタイル」にはCD-ROMタイプのインダッシュ式ナビゲーションシステムを、「L MDスタイル」にはプレオADDZESTサウンドシステム(MD+CDプレーヤー&AM/FMチューナー一体120Wオーディオ(4スピーカー))をそれぞれ装備した。
  • 2003年5月6日 - 特別仕様車「FS Limited」・「FS SPECIAL」・「L SPECIAL」・「ネスタGS SPECIAL」の4車種を発売。
    「FS Limited」は「F-S」をベースにスポーティタイプの装備品や濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを装備したスポーティ仕様。
    「FS SPECIAL」・「L SPECIAL」・「ネスタGS SPECIAL」は「F-S」・「L」・「ネスタG-S」の装備内容と同一で、価格を引き下げた仕様である。なお、「ネスタGS SPECIAL」にはボディカラーに2トーンカラー2種を新たに設定した。
    • 6月30日 - 特別仕様車「L SPECIAL COLOR COLECTION」・「LS Limited」・「RS Limited」を発売。
      「L SPECIAL COLOR COLECTION」は特別仕様車「L SPECIAL」をベースにクリアタイプのフロントターンランプ、カスタードイエロー塗装の専用センターパネル、専用カスタードイエローシート表皮&ドアトリム(トリコット・撥水加工)を装備し、ボディカラーは専用色のミントグリーン・メタリックとエアリーブルー・メタリックの2色展開とした。
      「LS Limited」と「RS Limited」は2002年5月に発売した特別仕様車のリファインモデルで両仕様ともブルーリフレクターヘッドライト&フォグランプ、メタリックシルバー塗装のメーターパネルとパワーウィンドウスイッチパネル、アルミパッド付スポーツペダル、専用ダークブルーシート表皮&ドアトリム(トリコット) を装備し、さらに「LS Limited」はハイマウントストップランプ内蔵大型ルーフスポイラー、ブラック塗装の13インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイールを、「RS Limited」はゴールド塗装の14インチアルミホイールをそれぞれ装備した。
  • 2004年1月22日 - 一部改良。
    R2の発売に伴い、グレード体系を「F」とバン「A」の2グレードに縮小。
    さらに、リアデザインの変更や、フロント・サイドターンランプのクリアレンズ化を行い、ABS(バン「A」のAWD車を除く)やパワーウィンドウをメーカーオプションに追加設定した。
    • 6月30日 - 「F」をベースにスポーティタイプのカラードバンパーやルーフスポイラーなどを採用しスポーティな外観とするとともに濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)、電動リモコンドアミラー(カラード)、カラードドアハンドル、フルホイールキャップ、CDプレーヤー&AM/FMチューナー(2スピーカー)、パワーウィンドウ、集中ドアロック(リアゲート連動)などを装備し、使い勝手を高めた特別仕様車「FタイプS」を発売。
  • 2005年1月24日 - 2004年1月の一部改良で、販売を終了していた「L」を復活。
    ABS、デュアルSRSエアバッグ、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルト、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック、フォグランプなどを装備し、安全・快適性能を充実させた仕様となった。
    また、同日に「F」をベースにパワーウィンドウ、赤外線式リモコンドアロック&集中ドアロック(リヤゲート連動)、電動リモコンカラードドアミラー、CDプレーヤー&AM/FMチューナー(2スピーカー)、レバー式運転席シートリフター、12インチフルホイールキャップ、カラードドアハンドルを装備し、快適性能を高めた特別仕様車「F Limited」を発表(同年2月24日販売開始)。
    • 5月17日 - 「L」をベースにルーフスポイラー、13インチアルミホイール、タコメーターなどを装備し、スポーティ仕様とした特別仕様車「LタイプS」を発売。
    • 10月18日 - 一部改良。
      特別仕様車としていた「F Limited」・「F typeS」・「L typeS」をカタログモデルに昇格。
      また、バン「A」、「F」・「F Limited」の2WD車にヘッドランプレベライザーとリアワイパーを追加装備し、「F」・「F Limited」・「L」にはアイボリーの内装色を追加設定。
      オプション設定となっていた濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート、「F Limited」のみ)、ハイマウントストップランプ(バン「A」を除く全グレード)、EBD付ABS(「F typeS」のみ)を標準装備化し、一部グレードに装備されているCDプレーヤー&AM/FMチューナー(2スピーカー)はCD-R/RWに対応した。
  • 2006年5月 - ステラ発売に伴いグレードを再び縮小(2004年1月の構成に戻る)。
  • 2007年6月 - 「F」が生産終了となり、バン「A」のみのグレード展開となる。
  • 2008年9月 - 仕様変更。
    排出ガスの平成19年規制適合で車両型式を「LA-」から「EBD-」(ガソリン貨物・軽自動車)に変更。また、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。
  • 2010年1月 ‐ 生産終了。
    これにより、軽トールワゴンベースの商用車が無くなった[4]。なお、在庫分販売による対応を行い、公式サイトもフルモデルチェンジを行うまでスバルウェブサイト上で引き続き公開されていた。また、約11年間続いた「プレオ」におけるスバルでの自社開発・生産もこの初代限りで終了した。


2代目 L275/285系(2010年 -)[編集]

ダイハツ・ミラ > スバル・プレオ
スバル・プレオ(2代目)
L275F/275B/285F/285B型
プレオ
Subaru PLEO 2nd.JPG
プレオ リア
Subaru PLEO 2nd rear.JPG
カスタムR 室内
Subaru Pleo Custom R AWD Interior.jpg
販売期間 セダン5MTモデル・バン5MTモデル:
2010年 -
バンATモデル:2010年 - 2011年
バンCVTモデル:2011年 -
セダンCVTモデル・カスタム:
2010年 - 2013年
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア/5ドアハッチバック
エンジン KF-VE型 660cc 直3 DOHC
KF-DET型 660cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
変速機 5速MT/4速AT/CVT
駆動方式 FF/4WD(AWD)
サスペンション 前:ストラット式サスペンション
後:トーションビーム式サスペンション
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,530 - 1,540mm
ホイールベース 2,490mm
車両重量 740 - 880kg
製造事業(委託)者 ダイハツ工業
姉妹車 ダイハツ・ミラ
-自動車のスペック表-

概要[編集]

バンの製造終了から約4か月のブランクを経て、2ボックスハッチバックとしてフルモデルチェンジ。2代目は2008年4月10日に発表されたトヨタ自動車ダイハツ工業との業務提携強化の一環として、ダイハツ・ミラをベースにOEM供給を受けたモデルである[5]

ミラベースに変わったことで全高が1,530mm(「プレオカスタム」は1,540mm)とさらに低くなり、ほとんどの立体駐車場に収まるサイズとなった。商用車の「プレオバン」に関してはCVT車を廃止する代わりに4AT車を設定し(5MT車は継続設定)、ドア数は3ドアとなった。また、エンジンなどが変更されたことにより、低排出ガス性能や燃費性能が向上された。

ラインナップは「プレオ」・「プレオカスタム」・「プレオバン」の3タイプを用意する。「プレオ」は約2年10か月ぶりの設定となる乗用モデル、「プレオカスタム」はフルモデルチェンジに合わせて新設されたスポーティ系スタイリッシュモデルである。グレード体系は、「プレオ」が「F(ミラ「L」相当[6])」・「L(ミラ「X」相当)」・「L Limited(ミラ「X"Limited"」相当)」の3グレード、「プレオカスタム」が「R(ミラカスタム「X」相当)」と「RS(ミラカスタム「RS」相当)」の2グレードを設定。

装備は「プレオ」全グレードでチルトステアリング、運転席シートリフター、フロントシートベルト・ショルダーアジャスターが標準となっており、「X"Limited"」以外は「アジャスタブルパック」としてメーカーオプション設定されている「ミラ」と差別化が図られており、「L Limited」以外のグレードは「アジャスタブルパック」装備分の価格(15,750円)が上乗せされている。「プレオカスタム」は装備の追加に加え、オーディオレス仕様が標準(「ミラカスタム」ではインテグレートCD・AM/FM付ステレオ標準装備で、オーディオレス仕様はオプション設定)のため「ミラカスタム」に比べ5,250円安く設定されている。

「プレオバン」は先代と同じく「A(ミラバン「TX"Special"」相当)」のみであるが、キーレスエントリー、集中ドアロック、盗難警報装置などを装備した「グレードアップパッケージ」が設定される(ミラバン「TX」にオプションのスモークドガラスとユースフルパックを装着したものと同一仕様となる)。なお、ミラの最上級グレードである「G"SMART DRIVE Package"(2011年7月の一部改良で廃止)」に相当するグレードは設定されない。

デザインは六連星(むつらぼし)CIマークや車名エンブレムの変更程度で、ベース車からの大きな変更はない[7]。ボディカラーは「ミラ」専用色の「プラムブラウンクリスタルマイカ」の代わりにプレオ専用色「シャンパンゴールドメタリック」が設定されている[8]

歴史[編集]

  • 2010年4月20日 - フルモデルチェンジ。
  • 2011年7月19日 - 一部改良。
    インテグレーテッドCDプレーヤー&AM/FMチューナー、マニュアルエアコン(ダイヤル式)、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロックなどの快適装備を標準装備しながら価格を抑えた新グレード「F Special」・「L Special」を追加(同日追加されたミラ「X"Special"」相当)。
    AWD・CVT車はエンジンの改良を行い、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。
    バン「A」はAT車に替わり、初代に設定されていたCVT車を復活。ミラバンのグレード体系集約に伴い、ベースグレードを「TX"Special"」から「TX」に変更したため、アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック、集中ドアロック(リアゲート連動)、盗難警報装置などが標準装備となり、メーカーオプションの「グレードアップパッケージ」の装備内容を縮小した(「グレードアップパッケージ」装備内容はミラバンでのスモークドガラスとユースフルパックに相当)。
    また、EBD付ABSはこれまでオプション設定だった「F」とバン「A」にも標準装備化され、全車標準装備となった。
    なお、ターボ車のカスタム「RS」は廃止となった。
  • 2012年12月10日 - 低燃費仕様の派生車種「プレオ+(プラス)」を発表。ダイハツ・ミライースのOEM供給車である。
  • 2013年2月 - 仕様変更。ミラ同様、乗用モデルのCVT車はプレオ+への統合に伴い、5MT車の「F Special」のみ(ミラとミライース同様、プレオ+で担えないMT需要をオリジナルのプレオで吸収する形)のモノグレード体系に集約され、ボディカラーの「パール・ホワイトⅢ」は「ホワイト」に差し替えとなった。併せて、これまで非対応だったJC08モードに対応し、「F Special」の2WD車は「平成27年度燃費基準+10%」、「F Special」の4WD車及びバン「A」は「平成27年度燃費基準」をそれぞれ達成した。

車名の由来[編集]

  • 『さらに豊かに、そして完全に』という意味を持つラテン語からの造語[9]
  • 初代に設定されていたネスタ(NESTA)は「NEW STAR(新星)」を意味する造語。
  • ニコット(NICOT)は「ニコッと」微笑んだようなイメージを表現をしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スズキ・ワゴンRのヒット以降、ダイハツ・ムーヴホンダ・ライフが相次いで発売された。三菱はワゴンR登場前からミニカトッポを販売していた。
  2. ^ このことから初代プレオは軽セミトールワゴンに分類されることもあるが、厳密な軽セミトールワゴンとして登場するのは2001年のマイナーチェンジで立体駐車場に入る高さである全高1,550mmの「スマートルーフ」仕様が発売されてからである。
  3. ^ ちなみに、プレオはサンバーを除くスバルのスーパーチャージャー車で唯一ボンネットのエアスクープが存在しない。
  4. ^ 価格を抑えつつ利益を上げるため、他社の軽ボンバンは押し並べて2ボックス・ハッチバックがベースとなっているが、ヴィヴィオの生産を終えたスバルにはそれが無かった。
  5. ^ 同日にタントエグゼをベースにOEM供給を受けた軽トールワゴン「ルクラ」を発売している
  6. ^ 2011年7月の一部改良に伴い、現在は「X」の5MT車相当
  7. ^ ディアスワゴンアトレーワゴンのOEM車)」や「ルクラ」と同様。
  8. ^ 乗用モデルは2013年2月-2014年6月までは同一ラインナップだった。それ以前は「ミラ」で設定されているホワイトが「プレオ」では設定できないという違いがあった。「プレオバン」は「ミラバン」同様に発売時からオフホワイト→ホワイトの設定がある。
  9. ^ プレオのネーミングの由来を教えてください。 - SUBARU公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]