スバル・ステラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ステラ(STELLA)は、スバルブランドを展開する富士重工業が製造(初代モデルのみ)・販売する軽トールワゴンである。

概要[編集]

初代ステラは初代プレオの後継車に近い存在として発売されたが、ステラ発売後もしばらくプレオは併売された[1]。「楽しい関係空間」をコンセプトとし、広い室内空間を実現した。従来の走りやプレミアに重点を置いた路線から、メインターゲットを女性にシフトして1000名以上からアンケートをとり、乗り心地の向上に加え「ベビーカーの乗せやすさ」「後席への乗りやすさ」「チャイルドシートへの乗せやすさ」「後席赤ちゃんへのアクセス」などに重点をおいて開発された。

衝突安全性と実燃費の向上も図られ、NASVA発表の衝突安全性総合評価では運転席5星、助手席6星の評価を受けている。また、2008年5月発売の特別仕様車にはカタログに新燃費計測基準であるJC08モード走行燃費を併記。NAの2WD車で21.0km/L(JC08モード)を実現し、平成27年度燃費基準をガソリン車として初めて達成した。

また、スバルの軽自動車に全車[2]搭載されていた直列4気筒エンジン[3]、4輪独立サスペンションも採用された。スバルの代名詞であるフルタイムAWDモデルも存在。

プラットフォームはR2と共通。内装やエンジンルーム、メーターパネルなどにベースとなったR2の面影が残る。プレオの陳腐化と、R2がメーカーの公算ほどヒットしなかった事から急遽開発が指示され、設計開始から発売開始まで1年足らず(わずか11か月[4])という異例のスピードで開発された車種である。

なお、プレオでいうスマートルーフ車の様な仕様は存在せず、どのグレードも機械式立体駐車場(制限高1550mmまでの一般的なもの)へは入庫はできない。

また、2009年6月4日には電気自動車「プラグイン ステラ」が正式発表された(後述)。R2、R1の生産終了後は、スバルで自社生産している唯一の軽乗用車であったが、初代モデルは2011年2月にオーダーストップ、3月をもって生産を終了。同年5月に販売を開始した2代目はダイハツ工業からのOEMモデルとなった。初代・2代目とも乗用モデルのみの設定で、商用モデル(軽ボンネットバン)は設定されていない。

初代 RN系(2006年-2011年)[編集]

スバル・ステラ(初代)
RN1/RN2型
ステラ
Stella Standard.JPG
カスタム
1st generation Subaru Stella Custom.jpg
リベスタ
Subaru Stella Revesta 001.JPG
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
エンジン EN07 DOHC16バルブ 直列4気筒 AVCS
EN07 DOHC16バルブ 直列4気筒 インタークーラースーパーチャージャー(RS)
変速機 5MT/i-CVT
駆動方式 FF/ビスカス式フルタイムAWD
サスペンション 前輪:L型ロアアーム・ストラット式独立懸架
後輪:デュアルリンク・ストラット式独立懸架
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1645mm
ホイールベース 2360mm
車両重量 830 - 930kg
-自動車のスペック表-

ラインナップ[編集]

2006年発売開始当初のラインナップは標準モデル(L・LX)とカスタム(R・RS)の2系統でスタートしたが、2011年3月の段階では標準モデル[5](L・LS)、カスタム(R・R Limited・RS)、リベスタ(-・S)の3系統だった。生産は群馬製作所本工場が担当。

タイプ グレード 標準 カスタム リベスタ
自然吸気
エンジン
基本(GUP[6]含む) L
中級 カスタムR
上級 カスタムR Limited リベスタ
SC付き
エンジン
基本(GUP含む) LS
上級 カスタムRS リベスタS

内装色は、基本的に標準モデルがベージュ、カスタムがブラック、リベスタがブロンズ色加飾付ブラックを採用。外装は、標準モデルはシンプルなデザイン、カスタムは専用のグリルやバンパー、4灯式プロジェクターヘッドライト、大型フォグランプを採用してデザイン面で差別化を図っている。リベスタはカスタムのデザインをベースに、専用バンパー、フロントグリル、ブルーリフレクターヘッドライトなどインテリア、専用シート表皮などを採用。また、C型よりカスタム[7]、リベスタにクールなインテリアを演出する青色LED間接照明付きオーバーヘッドコンソールが設定された。

タコメーター、マフラーカッターはLを除く全車に標準装備[8]。トランスミッションはi-CVTと5速MT(Lグレードのみ選択可[9])であり、エンジンは全車直列4気筒DOHC16バルブ。ヘッドライトは、標準モデルのハロゲンタイプが2灯式マルチリフレクター、HIDタイプが2灯式プロジェクター、カスタムとリベスタが4灯式プロジェクターとなっている。

動力性能を向上させたLS、カスタムRS、リベスタSには、インタークーラー付きスーパーチャージャーフロントスタビライザーが搭載され、更にスポーツ色を強めたカスタムRS、リベスタSにはi-CVTの変速プログラムに加速性能を向上させた「スポーツモード」[10]、独立3眼エレクトロルミネセントメーターが標準装備されている。使用燃料はすべてのグレードでレギュラーガソリン仕様である[11]

歴史[編集]

2006年6月14日
発表・発売(A型)。発売後1週間の受注台数は5,438台となり、月販目標の5,000台をわずか1週間で達成した。
2006年11月1日
カスタム「R」をベースに、アイボリー色の撥水機能付専用シート表皮、UV&IRカットガラス(フロント・フロントドア)、インテグレーテッドMD+CDプレーヤー&AM/FMチューナー、14インチアルミホイールを装備した特別仕様車「R Ivory Selection(アイボリーセレクション)」を発売。
2007年1月
東京オートサロンに「ステラカスタムSTIコンセプト」と「ステラカスタム・リベスタ」を出品。ステラカスタムSTIコンセプトはカスタムRSをベースに「STIパフォーマンスミニ」をキーワードにSTIがチューニングを行い、エンジンはリショルムタイプのスーパーチャージャーを装着して最高出力は108ps(80kW)を誇った。他にローダウンに15インチホイール&ローターで固めた足まわり、Defi製の3連メーター、専用フロントバケットシートを装着。この参考出品の中からフロントスポイラー&スカートリップ、本革巻シフトノブ、スカッフプレートはSTIより発売されている。ステラカスタム・リベスタはカスタムRをベースに外装では専用デザインの大型フロントメッキグリル、前後バンパー、ブルーリフレクターヘッドランプを装備。内装ではJVC製のオーディオセット(ヘッドユニット、サブウーファー、吊り下げ式リヤスピーカー)を装備。参考出展ということで外装ではレイズのハイラスター塗装15インチホイール、STI製ローダウンスプリングを装備。内装ではオレンジのレザーシート、本革巻ステアリング(オレンジ/ブラックコンビ)、ダッシュボードはピアノのような光沢ブラック塗装が施されていた。この参考出品の中からローダウンスプリングはSTIより、吊り下げ式リヤスピーカーはB型からディーラーオプションとして発売されている。
2007年1月16日
「LX」をベースに、ボディカラーに対応する2色(ライトブラウン、ライトブルー)の撥水機能付専用シート表皮を設定すると共に、専用ボディカラーとしてモカブロンズ・パールメタリックとダークバイオレッド・パールを設定。さらに、「リラックスパック」として、花粉対応フィルター付エアコン、消臭ルーフトリム、UV&IRカットガラス(フロント・フロントドア)、UVカット機能付濃色ガラス(リアドア・リアクォーター・リアゲート)を装備した特別仕様車「LX Interior Selection(インテリアセレクション)」を発売。
2007年1月31日
「L」をベースに、オーディオレス化したことで価格を抑えた特別仕様車「L SPECIAL」を発売。オプションとして、MP3WMA形式の音楽データの再生に対応し、USB端子を装備したCDレシーバーを特別価格で用意した。
2007年2月28日
カスタム「R」をベースに、メーターを標準モデルと同じスピードメーターのみ(タコメーター非搭載)に変更するなど、仕様を厳選したことで、価格を抑えた特別仕様車「R SPECIAL」を発売。
2007年3月29日
IRIコマース&テクノロジーより新型車部門の実用燃費ランキング最優秀車賞を受賞(同時にR2も軽自動車部門で受賞)。
2007年7月9日
特別仕様車「LX HID selection」とカスタム「RS S-EDITION」を発売(カスタム「RS S-EDITION」は500台の限定販売)。前者は「LX」をベースに、HIDヘッドランプ、14インチアルミホイールや同年1月発売の「LX Interior Selection」で装備されていた「リラックスパック(エアコンはカスタム「RS」と同じオートエアコンに変更)」、ライトブルーの撥水機能付専用シート表皮を採用。また、カスタム「RS」に装備されているインテグレーテッドMD+CDプレイヤー&AM/FMチューナーと4スピーカーも装備された。後者はカスタム「RS」をベースに、外装にはSTI製フロントスポイラー、HIDヘッドランプ、ルーフスポイラー、ガンメタリック塗装のアルミホイール、カーボン調ドアサッシュを装備し、ボディカラーは専用色の「WRブルー・マイカ」を設定。内装には本革巻ステアリング(レッド/ブラックコンビ)、STI製本革巻シフトノブ、アルミパット付スポーツペダルを装備。シート色をベースグレードのブラックからワインレッドへ変更。スバルのスポーツモデルにしか与えられないWRブルー・マイカ、STI製品と走りを意識した装備をしているため、オーディオ、フロントアームレスト、リヤスライドシートといった装備は除かれている。「RS S-EDITION」が販売された当時WRブルー・マイカのサイドアンダースカート、リヤバンパースカートの部品設定がなかったが、後にスバル公式HPのアクセサリーページの右下にあるアクセサリーパーツリストにて部品番号を調べる事が可能となった。
2007年11月6日
一部改良(B型)。フロントシートの形状変更や助手席下のアンダートレーの追加(いずれの場合もサイドエアバッグ装着車は変更なし、ユーティリティパッケージ装着車の場合は前者の変更を受けない)、盗難警報装置の設定(あらかじめ販売店で設定しておく必要がある)、NAエンジン車の燃費を向上。低価格グレードの「L」に5速MT車を追加設定。「L」と「LX」には新色の「アジュールブルー・パール」を追加。カスタムでは「R」と「RS」でメーカーオプションとなっていた14インチアルミホイールが標準装備化され、「RS」にはさらにミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオ(乗車後、運転席のドアを閉めてから最大15秒間プリセットボタンに録音された音楽などが流れる「ウェルカムサウンド機能」とCD6枚分の音楽を本体に記録できる「メモリーチェンジャー機能」を搭載、「R」にもメーカーオプションで装備可能)を装備。また、装備を厳選して価格を抑えた「G」が追加された。また、このB型のみ、特別仕様車「LX Interior Selection」に設定されていた「リラックスパック」がメーカーオプションとして追加された(メーカーオプションの「リラックスパック」ではUVカット機能付濃色ガラス(リアドア・リアクォーター・リアゲート)が装備されない。また、LのMT車とカスタムGは「リラックスパック」の設定不可)。
2007年11月29日
東京オートサロンで参考出品、東京モーターショーに市販出品した「REVESTA(リベスタ)」を追加。カスタム「R」をベースに外装に専用デザインの大型フロントメッキグリル(市販化にあたりオートサロン出品車とは多少形状が違う)、前後バンパー、ブルーリフレクターヘッドランプ、ガンメタリック塗装のアルミホイール、メッキドアハンドルを装備。内装はカスタム「G」と共通のメーターパネル(タコメーター非装備)、ブロンズ色を基調としたインパネ、専用シート表皮を装備。また、B型のカタログモデルでは唯一となる本革巻ステアリングも装備される。
2008年3月27日
株式会社IRIコマース&テクノロジーの軽自動車部門 実用燃費ランキング<e 2007-2008="2007-2008">で2位を獲得。1位はR2、3位はR1と軽自動車部門の1位から3位をスバルが独占する結果となった。
2008年5月8日
スバル発売50周年を記念し「REVESTA S」[12]を追加、さらに特別仕様車「L Limited」と「カスタムR Limited」を発売した。「REVESTA S」はDOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載するカスタム「RS」に「REVESTA」のデザインを与えた仕様である。このため、ブルーリフレクターHIDヘッドランプやキーレスアクセス&スタート、独立3眼エレクトロルミネセントメーター(タコメーター付)を装備するなど「REVESTA」では非搭載の装備が追加された上級仕様である。「L Limited」は低価格グレードの「L」をベースに、電動格納式リモコンカラードドアミラー、キーレスアクセス&スタート、オートエアコン、UVカット機能付濃色ガラス(リアドア・リアクォーター・リアゲート)等を追加装備した充実仕様で、ボディカラーは専用色の「コーラルオレンジ・メタリック」を含む5色を設定。カスタム「R Limited」は、カスタム「R」をベースに、HIDヘッドランプ(ロービーム)、独立3眼エレクトロルミネセントメーター(タコメーター付)、キーレスアクセス&スタート、本革巻きステアリングホイール&シフトレバーなどを装備し、ボディカラーは専用色の「WRブルー・マイカ」を含む5色を設定した。なお、特別仕様車2タイプともオーディオレス仕様だが、ミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオをメーカーオプションで追加装備できる。
2008年6月27日
カスタム「R」をベースにR1eのEVシステムを組み込んだ電気自動車のコンセプトモデル「スバル プラグイン ステラ コンセプト」を発表。重量は1,060kgで定員4名。9.2kwhのリチウムイオン電池と40kwの永久磁石式同期型モーターを組み合わせ、最高速度100km/h、満充電航続距離80kmを実現。北海道洞爺湖サミットに5台、郵便事業株式会社に1台提供された。
2008年10月24日
武田薬品工業から2009年度に、東京都と神奈川県を中心に営業用社用車として住友三井オートサービスを通じて「プラグインステラ」を導入する予定であると発表があった[13]
2008年11月4日
一部改良(C型)。通常モデルは従来の「LX」に替わり、DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載した「LS」を、カスタムでは「G」に替わり、特別仕様車に設定されていた「R Limited」がそれぞれ追加された。また、カスタムの「R Limited」と「RS」ではルーフスポイラーを新形状に変更し、内装では青色LED間接照明・マップランプ・ルーフランプ・小物入れを一体化したオーバーヘッドコンソールを搭載。リベスタではカスタム「R Limited/RS」と同じオーバーヘッドコンソールを搭載し、「REVESTA S」はルーフスポイラーの形状を変更。さらに、メーカーオプションで本革シート(一部合成皮革)も設定された。また、すべてのグレードで自立式リアシートベルトバックルを採用し、仕様向上のためのメーカーオプションである「グレードアップパッケージ」を設定(リベスタを除く)。一部グレードで標準装備されていた左右独立リアシートスライドやカーゴルームショッピングフックはメーカーオプションのユーティリティパッケージに組みこまれた。ボディカラーは「ラピスブルー・パール(LS、カスタムR Limitedを除く)」、「スターリングシルバー・メタリック(リベスタを除く)」、「モカブロンズ・パールメタリック(リベスタのみ)」の3色を追加した。
2009年1月27日
「L」をベースに、「グレードアップパッケージ」の装備に加え、内装はシート色と内装色、パワードアウィンドウスイッチパネルをブラックに、インパネにはクールシルバーを加飾したブラックインテリアとすると共に、UV&IRカットガラス、消臭ルーフトリム、花粉対応フィルター付オートエアコン、4センサー4チャンネルABS(EBD・ブレーキアシスト付)を装備した充実仕様の特別仕様車「L Black Interior Selection」を発売。ボディカラーは本来選択できないオプションカラーの「シルキーホワイト・パール」を含む5色を設定。
2009年4月14日
「プラグインステラ」のプロトタイプを開発し、環境省に15台を提供。必要な通信装置などを架装し、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、横浜市、郵便事業株式会社へそれぞれ期間限定で貸与された。
2009年6月4日
「プラグインステラ」を正式発表。「カスタムR」のデザインをベースとした。同年7月より納入を開始[14]
2009年11月4日
一部改良(D型)。カスタム系はフロントグリルがプラグインステラに似たデザインになり、フォグランプが小型化された。全グレードのアルミホイールが一新され、シート表皮も変更された。さらに、LとLSには「ラベンダー・メタリック(「L」・「LS」に設定)」と「ライトピーコックブルー・パール(「L」に設定)」の2つのボディカラーが追加された。また、同年1月に発売された「L Black Interior Selection」を再発売。前回の仕様に加え、エントランスランプ、マップランプ、青色LED間接照明付オーバヘッドコンソールを追加(4センサー4チャンネルABS、消臭ルーフトリムは非搭載)。ボディカラーを一部入れ替え、新たに「ダークバイオレッド・パール」と「モカブロンズパール・メタリック」を設定した。
2011年3月4日
生産終了を発表[15]

駆け込み需要[編集]

富士重側は、2010年度の販売台数を前年比6割減と見込んでいた。しかし、実際は予想を上回る販売台数であったため、販売計画を上方修正した。この時すでに2011年春の生産終了が予定されていたが、独自のメカにこだわりのある熱心なファン層による駆け込み需要であったと思われる。このことは2010年6月初頭にメディアで報じられた。

2代目 LA100/110系(2011年-)[編集]

ダイハツ・ムーヴ > スバル・ステラ
スバル・ステラ(2代目)
LA100F/110F型
L スマートアシスト(後期型)
Subaru Stella L Limited Smart Assist 0235.JPG
カスタム R スマートアシスト(後期型)
Subaru Stella Custom R Smart-Assist AWD LA110F.JPG
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
エンジン KF型 658cc 直3 DOHC
KF型 658cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
変速機 CVT
駆動方式 FF/AWD
サスペンション 前輪:マクファーソン・ストラット式
後輪:トーションビーム式(3リンク式)
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1620 - 1635mm
ホイールベース 2455mm
車両重量 810 - 890kg
製造事業者 ダイハツ工業
-自動車のスペック表-

ラインナップ[編集]

この代からは前節の通り、初代発売以来5年間続けられてきたスバルでの自社生産ではなく、2008年4月10日に発表されたトヨタ自動車ダイハツ工業との業務提携強化の一環として、ダイハツ・ムーヴ(5代目)をベースにOEM供給を受けたモデルである。生産はムーヴ同様にダイハツ工業滋賀工場(第2地区)もしくは京都工場。

2代目はベース車のムーヴに倣い、ノーマルタイプの「ステラ」とスポーティータイプの「ステラカスタム」の2タイプを設定した。

「ステラ」ではクリアタイプのフェンダーターンランプに変更され、メーターはシンプルで視認性に優れた大型1眼メーター(「L Limited アイドリングストップ」にはメーター右側にアイドリングストップ専用マルチインフォメーションディスプレイを追加)、ヘッドランプにはマルチリフレクターヘッドランプを備える。「ステラカスタム」はブラックの内装色でメーターは中央にecoリーフゲージ(エコドライブ度を葉の形状の変化で知らせる)・平均燃費・渡航可能距離・外気温を切替表示する「マルチインフォメーションディスプレイを配置した2眼ルミネセントメーター(「カスタムRS」はエコドライブ時、メーターのエッジライト色が白からブルーに変わる「ブルーecoシグナルメーター」付)、ヘッドランプはLEDイルミネーションを内蔵したプロジェクター式HIDヘッドランプを備える。なお、後期型ではカスタムにおいてルミネセントメーターがタコメーター付の3眼メーターに変更された。2013年10月に追加された「LS」もタコメーター付の3眼ルミネセントメーターを装備するが、アンバー色・シルバーメーターリング付仕様となる(カスタムはブルー色・メッキ調メーターリング付仕様)。

ムーヴとの相違点について[編集]

グレード体系[編集]

発売当初のグレード体系は、「ステラ」は「L(ムーヴ「L」相当)」と「L Limited アイドリングストップ(同「X」相当)」の2グレード、「ステラカスタム」は「R(ムーヴカスタム「X」相当)」、「R Limited S(ムーヴカスタム「X"Limited"」相当。ただし、メモリーナビゲーションが装備されない代用に、「RS」に装着される15インチアルミホイールが標準装備という違いがあり、装備差により価格が異なる)」、「R Limited アイドリングストップ(同「G」相当、2011年11月の一部改良後は同「X"Limited"」相当)の3グレードが設定され、ムーヴの「X"Limited"」相当のグレードはステラでは設定されなかった。「カスタム」のターボ車「RS(ムーヴカスタム「RS」相当)」も当初は設定されなかったが、2011年8月に追加設定された。

後期型では新たに「L スマートアシスト(ムーヴ「L"SA"」相当)」、「L Limited スマートアシスト(同「X"SA"」相当)」、「カスタム R スマートアシスト(ムーヴカスタム「X"SA"」相当)」の3グレードを追加する一方、「カスタム R Limited」を廃止。この為、ムーヴカスタムの「X"Limited"」・「X"Limited SA"」に相当のグレードは設定されない。2013年7月には「カスタム RS スマートアシスト(ムーヴカスタム「RS"SA"」相当)」を追加。同年10月に「カスタムRS」と同じターボエンジンを搭載した「ステラ」のターボ車「LS(ムーヴ「Xターボ」相当)」・「LS スマートアシスト(同「Xターボ"SA"」相当)」を追加した。

装備内容[編集]

前期型は運転席シートリフター、チルトステアリング(ムーヴでは「L」・「X」は非装備、「カスタムX」はチルトステアリングのみ非装備)、フロントスタビライザー(「カスタムRS」は大径スタビライザー)、クリヤーレンズサイドウインカーが標準装備されているほか、「L」はムーヴ「L」ではオプション設定不可の「nanoe(ナノイー)」ディフューザーもオプション設定されている。「L Limited アイドリングストップ」はステアリングホイールがムーヴ「X」の革巻からウレタンに変更され、オーディオレス仕様となる[16]。これ以外にもメーカーオプションの設定にも[17]違いがある。

後期型では、「L」以外の全グレードでオーディオレス仕様に[18]、「L」は前期型同様、チルトステアリングと運転席シートリフターが標準装備(ムーヴ「L」は非装備)され、「カスタム R」・「カスタム R スマートアシスト」はステアリングホイールが本革巻に変更(ムーヴカスタム「X」・「X"SA"」はウレタン)、「カスタム RS」・「カスタム RS スマートアシスト」は16cmリアスピーカーが標準装備される(ムーヴカスタム「RS」・「RS"SA"」はオプション設定)。

外観・ボディカラー[編集]

外観は前期型ではダイハツからOEM供給を受けているスバルの軽乗用車と同じく六連星(むつらぼし)のCIマークや車名エンブレムの変更を行い、「ステラカスタム」はフロントデザイン(グリル・バンパー)を変更した程度で大きな差異がなかったが、後期型では「ステラ」にスバル車の共通デザインとなっているヘキサゴンモチーフのフロントバンパー開口部を、「ステラカスタム」にダーク色でハニカム基調のテクスチャーをクリアパーツで覆った専用デザインのフロントグリルやブラック塗装の大型フォグランプカバー、「ステラ」より大型化したヘキサゴンモチーフデザインのフロントバンパー開口部を採用し、「ムーヴ」・「ムーヴカスタム」と一層の差別化を図った。2013年10月に追加した「LS」はムーヴ「Xターボ」同様、ボンネットダクトが備わる。

ボディカラーはムーヴと異なるラインナップとなっており、発売当初はダイハツでは2代目タントに設定されている「ファインブルー・マイカメタリック」をステラ専用カラーとして設定されており、ムーヴ専用色の「ホワイト」とムーヴカスタム専用色の「ブロンズオリーブパールメタリック(オプションカラー、マイナーチェンジに伴い2012年12月で廃止)」はステラでは設定されない。当初は「アーバンナイトブルークリスタル・メタリック(オプションカラー)」もステラでは非設定となっていたが、2011年8月の「カスタムRS」追加発売に合わせてステラカスタム専用色として追加され、後期型では標準仕様のステラでも設定できるようになった。「シルキーマルーンクリスタル・メタリック(オプションカラー)」も2011年8月に追加設定されたが、マイナーチェンジに伴い2012年12月で廃止した(ムーヴでは2013年10月の一部改良に伴う廃止まで継続設定された)。その他、後期型ではこれまでステラ専用色だった「シャンパンゴールド・メタリックII」がステラカスタムでも設定できるようになり、ステラカスタムは専用色の「スパークリングオレンジクリスタル・メタリック」に替わり、新色の「タングステングレー・メタリック」を設定した。2013年7月にムーヴ側でボディカラーの差し替えが行われた関係で、ステラ専用カラーが「ファインブルー・マイカメタリック」から「シャンパンゴールド・メタリックII」となった。同年10月には「ファイアークオーツレッド・メタリック」と「プラムブラウンクリスタル・マイカ(オプションカラー)」の2色を追加したが、後者はステラのみの設定である(ステラ専用カラーの「シャンパンゴールド・メタリックII」が設定されている為。ムーヴの場合はカスタムでも設定可能である)。

歴史[編集]

2011年5月10日
初のフルモデルチェンジを行うことを正式発表。同日からスバルホームページ上に専用のティザーサイトを公開した[19]
2011年5月24日
フルモデルチェンジし、同日より販売開始。
バックドアはムーヴ同様、軽トールワゴンでは非常に珍しい[20]横開き式となる。発売当初は3気筒NAKF-VE型とCVTの組み合わせのみであった。また、燃費性能も向上され、「L Limited アイドリングストップ」と「カスタム R Limited アイドリングストップ」にはスバル車初のアイドリングストップ機構[21]を備えることで10・15モード燃費を27.0km/lにまで伸ばしている。尚、アイドリングストップ機構の有無にかかわらず全車「平成22年度燃費基準+25%」を達成している。また、フルモデルチェンジを機に初代に設定されていた「リベスタ」は廃止された。
2011年8月1日
「カスタムRS」を追加。初代はスーパーチャージャーであったが、2代目はムーヴに倣いターボエンジンである。ローダウンサスペンション、大径フロントスタビライザー、リヤスタビライザー(2WD車のみ)、フロント13インチベンチレーテッドディスクブレーキを装備し、高い操舵安定性と乗り心地を実現するとともに、15インチアルミホイール、MOMO製本革巻ステアリングホイール、オートライト機能も装備し、VDC(横滑り防止機構)をオプション設定した。エンジンはKF型インタークーラーターボエンジンを搭載しており、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+25%(4WD車は+20%)」を同時にクリアした。
2011年11月7日
一部改良(11月14日販売開始)。NA車全車(「カスタムRS」を除く全グレード)でエンジン・CVTを改良するとともに、新たに停車前アイドリングストップ機能(減速時に諸条件が成立し、車速7km/h以下になるとエンジンを自動停止する機能)を追加したアイドリングストップ機構をNA車全車に拡大したことで燃費を向上(JC08モード燃費で2WD車は27.0km/L、4WD車は24.8km/L)。併せて、グレード体系が見直され、アイドリングストップ機能搭載グレードの拡大に伴って「L Limited アイドリングストップ」は「L Limited」に、「カスタム R Limited アイドリングストップ」は「カスタム R Limited」にそれぞれ改名され、ステラ専用グレードの「カスタム R Limited S」を廃止した。なお、NA・2WD車は「平成27年度燃費基準+20%」、NA・4WD車は「平成27年度燃費基準+10%」をそれぞれ達成している。
2012年5月21日
ターボ車「カスタムRS」を一部改良。NA車同様にエンジン・CVTを改良するとともに、停車前アイドリングストップ機能付アイドリングストップ機構を搭載したことで燃費を向上(JC08モード燃費で2WD車は24.2km/L、4WD車は22.2km/L)。これにより、2WD車は「平成27年度燃費基準+10%」、4WD車は「平成27年度燃費基準」をそれぞれ達成した。
2012年12月20日
マイナーチェンジ(2013年1月5日販売開始)。
軽自動車では初となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用(スバルが登録車の一部車種に採用している「EyeSight(アイサイト)」とは異なるシステムであるが、警告文は「アイサイト」を「スマートアシスト」に置き換えて流用。ムーヴ、プレオ+ミライースピクシスエポックも同様)。さらに、CVTサーモコントローラーの採用などによるサーモマネジメント技術の徹底的な追求とNA車における停車前アイドリングストップ機能の改良(エンジン停止のタイミングを約7km/h以下から約9km/h以下に変更)によりさらなる低燃費化を実現したことで、従来のNA・2WD車に加え、NA・4WD車、「カスタムRS」の2WD車も「平成27年度燃費基準+20%」を達成。「カスタムRS」の4WD車も「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。走行性能・安全性能に関してはNA車においてサスペンションをローダウン化、2WD車ではリヤサスペンションビームの剛性アップやリヤスタビライザーの採用等で操舵安定性を高め、さらにフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(14インチ)を全車に標準装備[22]とさせるとともに、防音材を効果的に配置したことで静粛性も向上した。
また、リアコンビランプのLEDブレーキランプを4灯式から「ステラ」は12灯式、「ステラカスタム」は20灯式に変更して後続車への視認性向上を図り、さらに、メーターの位置をセンターから運転席前に移動するなど、インパネを一新した。
2013年7月1日
ターボ車「カスタムRS」にスマートアシストを標準装備した「カスタムRS スマートアシスト」を追加(8月8日販売開始)。
2013年10月28日
一部改良[23]
「ステラ」に標準系タイプのターボ車「LS」およびスマートアシスト付の「LS スマートアシスト」を追加。なお、「LS」はフルモデルチェンジに伴う廃止以来、約2年5か月ぶりに復活した。併せて、全車に急ブレーキ時にハザードランプを点滅させて後続車に知らせるエマージェンシーストップシグナルを新たに標準装備した。

車名の由来[編集]

ステラはイタリア語で「星」の意味。

リベスタは「RE」+「VESTA」の造語。「VESTA」は、太陽系火星木星の間にある小惑星の一つであり、他の小惑星に比較して格段に明るいため、古代ローマの炉の女神ウェスタにちなんで名付けられた(詳細は「ベスタ (小惑星)」を参照)。「明るく輝くベース車がカスタマイズによってあらためて輝きを増しているという意を込められている[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年7月限りで乗用モデルは廃止されたため、プレオの乗用モデルは事実上ステラに移行し、バンモデルも2009年12月で生産終了[1]。後にダイハツ・ミラのOEM供給を受けるかたちで2代目プレオが登場。
  2. ^ OEM車両を除く。
  3. ^ 同社として、全車に直列4気筒DOHCエンジンを採用している車種は初代ステラシリーズのみ(電気自動車タイプは除く)。
  4. ^ 工数の計上方法の違いにより発表メディアによりブレがあるが、いずれにしても13か月以下で発表されている。
  5. ^ 標準モデルのL、LSには、共にメーカーオプションとして「グレードアップパッケージ」が用意されており、同一機種内にも広いグレード幅を持たせている。選択するメーカーオプションにより中位、上位グレードにまでシフトできる。
  6. ^ GUP:グレードアップパッケージ
  7. ^ カスタムRを除く
  8. ^ C型現在。タコメーターは、B型までカスタムG、カスタムR・スペシャル(特別仕様車)を除くカスタム系、リベスタ系全車に標準装備となっていた。
  9. ^ B型ではiCVTのみの設定だったアップグレードパッケージ適用車でもC型から5MTを選択可能となった。
  10. ^ スポーツモードと通常モードは、シフトレバー横のボタンでいつでも切り替え可能。
  11. ^ プレオ(「RS」系)・R2・R1のスーパーチャージャー仕様は燃料がハイオクガソリン仕様であったが、ステラ発売後暫くしてレギュラーガソリン仕様に変更となった。
  12. ^ 「REVESTA S」が各外部メディアのニュースで特別仕様車であったかのように記載されているのは、2008年11月4日発表のプレスリリースで、『従来特別仕様車として設定していたカスタム「R Limited」、「REVESTA S」を、好評につきラインナップとして設定。』という記述があるためと思われるが、同日に特別仕様車として発表された「L Limited」、カスタム「R Limited」と異なり、公式ホームページにあるニュースリリースでも"追加設定"と明記されている通り、現実として「REVESTA S」は特別仕様車ではなく、発売時からカタロググレードとして発売されている。
  13. ^ 武田薬品工業公式ホームページ2008年10月24日付のニュースリリースに明記。富士重工からは正式にアナウンスはされていない。
  14. ^ 「スバル プラグイン ステラ」を発表 富士重工業 ニュースリリース 2009年6月4日
  15. ^ 現行ステラの販売に関するお知らせ - SUBARU公式サイト
  16. ^ ムーヴ「X」はインテグレートCD・AM/FM付ステレオ(AUX端子装備)を標準装備しており、オーディオレス仕様はオプション設定
  17. ^ 「6スピーカーパック」や「セイフティパック」等オプション設定できるグレードが限られている、インテリジェントドライビングアシストパックの設定が無い
  18. ^ ムーヴでは「L"SA"」・「X」・「X"SA"」にもインテグレートCD・AM/FM付ステレオ(AUX端子装備)が標準装備されており、オーディオレス仕様はオプション設定。「カスタム」はムーヴ・ステラ共にオーディオレス仕様となる
  19. ^ スバル ステラ フルモデルチェンジ発売日について - 富士重工業株式会社 ニュースリリース 2011年5月10日
  20. ^ 歴代ムーヴと2代目ステラの他には三菱ミニカトッポトッポBJトッポに存在した程度。
  21. ^ 商標権の関係で広告等では「eco IDLE」の文字は使われず、ムーヴではバックドアに装着されている「eco IDLE」エンブレムもないが、メーター内のインジゲーターには「eco IDLE」と表示される。また、スバル独自で「トマ~ルエンジン」という名称を使用している。
  22. ^ フロントベンチレーテッドディスクブレーキの全車標準装備化に関しては初代ステラ以来、およそ1年7ヶ月振りとなる。
  23. ^ スバル ステラ シリーズを改良 - 富士重工業株式会社 ニュースリリース 2013年10月28日
  24. ^ ステラに関するQ&A『ステラのネーミングの由来を教えてください。』 - SUBARU公式サイト

関連項目[編集]


外部リンク[編集]