特別仕様車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特別仕様車(とくべつしようしゃ)とは、自動車オートバイの装備品等を充実させ、商品の魅力を高めたモデルのこと。期間限定や台数限定などの販売方法がとられることもある。特別限定車スペシャルエディションとも呼ばれる。本稿では主に日本の自動車メーカーが日本で販売されている特別仕様車について述べる。

概要[編集]

 
S210系クラウンの「ピンククラウン」と「若草色のクラウン」。
Eセグメント高級車であるクラウンは歴代モデルを顧みてもこのようなポップな色は設定されないが、あえて設定することで市場にインパクトを与えた。

記念限定車[編集]

  • 「○周年記念」、「生産累計○万台突破」、「カー・オブ・ザ・イヤー受賞」、といったかたちで特別仕様車が発売されるケースも多い。車種ごとに発売するケースが多いが、日産自動車の場合、1983年に創業50周年記念限定車を各取り扱いチャネル毎(日産店、モーター店、プリンス店、サニー店、チェリー店)に発売し、話題となった。
  • 生産終了に伴う特別仕様車が登場するケースが存在する[8]
  • モータースポーツで活躍している車種の場合は、参戦するカテゴリで優勝、または年間タイトルを獲得したときに企画・発売されることが多い。単にデカールやアクセサリー程度の差異ものから、特別なチューニングを施したり、カラーリングに実際の競技車両と同じデザインを設定するものまである[9]

地域限定車[編集]

  • 前述のように1985年に関西地区限定で発売されたダイハツ・ミラの阪神タイガース仕様車が元祖といわれている。
  • 1993年にはJリーグがスタートし、各クラブの親会社が自動車メーカーだったこともあり、Jリーグ仕様が限定発売された。代表的なものとしては、浦和レッズ仕様の三菱・リベロレッズバージョンがある。また傘下にJリーグチームを持たないホンダも静岡県のプリモ店限定で清水エスパルス仕様のシビックを販売していた。
  • ディーラーが独自に特別仕様車を設定する例が多く、特に地方ではユニークなネーミングのご当地向け仕様車の存在も少なくない。その一例としてトヨタカローラ秋田が企画した秋田県限定販売車種の数々があり、2014年現在ではトヨタ・カローラアクシオの「なまはげ」(「1.3X」がベース)がこれに該当する。その他、かつては数多くのご当地仕様車を販売していた。以下はその一部である。

女性仕様車[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中堅グレードや上級グレードが用いられる場合もあり、GTカースポーツカー高級車、記念モデルなどの趣味性や付加価値が高いモデルでは、最上級グレードがベースとなることもある。現行モデルとしての一例にT260系トヨタ・プレミオの「2.0G」をベースとした「2.0G スペリア」などがあり、過去の一例としてT210系トヨタ・カリーナの「1.6GT」をベースとした「1.6GTピエルナ」やE120系トヨタ・カローラセダンの「1.5G」をベースとした「1.5G ナビエディション」、B12系日産・サニーの「1.5スーパーサルーン」/「1.5スーパーサルーンE」をベースとした「1.5スーパーサルーン・トラッド」シリーズなどがある。
  2. ^ 例としてトヨタ・スターレットの「ソレイユ」、トヨタ・カローラIIの「ウィンディ」(トヨタ・ターセルの「ジョイナス」およびトヨタ・コルサの「モア」を含む)、日産・マーチの「i・z」、三菱・デリカスペースギアの「シャモニー」、スズキ・アルトの「G II」および「E II」などがある。
  3. ^ ターセル/コルサの「百恵セレクション」やマツダ・カペラの「アラン・ドロン バージョン」、スズキ・アルトの「麻美スペシャル」および「麻美フェミナ」、スズキ・カルタスの「タチ・バージョン」など。
  4. ^ 日本郵政向けのスズキ・ジムニーバン仕様やスバル・ヴィヴィオおよびスバル・プレオの各NTT仕様、かつて農協(JA)を通して販売されていた軽トラック営農仕様など。
  5. ^ 日産・ローレルジバンシィバージョン、スズキ・ワゴンRLoftダイハツ・ミラパルコフォード・エクスプローラーエディー・バウアーなど。
  6. ^ スズキ・エスクードスズキ・SX4の「ゴールドウィン」/「サロモン」リミテッド、三菱RVの「シャモニー」(季限定車)、スズキの「ヘリーハンセン」/「オニール」リミテッド(期限定車)など。
  7. ^ 全日本ツーリングカー選手権参戦用の日産・スカイラインGT-R(R32) NISMO(グループA取得用)、アメリカン・ル・マン・シリーズ参戦用のBMW・M3(E46) GTRなど。なお市販されなかった競技仕様車も存在する(特に日産・スカイラインGT-R(R33)をベースとしたニスモ GT-R LMロードカー(ル・マン24時間レース参戦用))
  8. ^ 2002年の排ガス規制に伴い同年に生産終了した日産・スカイラインGT-R(R34) V-spec II/M-spec II nur、マツダ・RX-7(FD3S)スピリットR、2015年に生産が終了する三菱・ランサーエボリューションXファイナルエディション、歴代シボレー・コルベットのコレクターエディションなど
  9. ^ バサースト12時間耐久レース3年連続クラス優勝を記念したマツダ・RX-7(FD3S)タイプRバサースト、トミ・マキネン世界ラリー選手権(WRC)4年連続ドライバーズ・チャンピオン獲得を記念した三菱・ランサーエボリューションVIトミ・マキネンエディションなど。競技車両ではないがシボレー・カマロではインディ500ペースカーレプリカ仕様車もリリースされている。

関連項目[編集]