トヨタ・スプリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スプリンターSPRINTER )は、トヨタ自動車1968年から2002年まで日本国内で生産・販売していた小型の乗用車、および商用車の名前であり、カローラの姉妹車種であった。車両型式から、生産台数はカローラシリーズの一部に含められていたが、日本自動車販売協会連合会(自販連)調べの販売台数は販売チャネルが異なるため、カローラシリーズと分けられていた。また、海外市場では本車及び派生車がカローラとして販売されたケースもある。なお、本項目では初代のカローラスプリンターを除くスプリンターシリーズの基本形となるセダンを中心に記述する。

また、この項目では以下のモデルについても便宜上記述する。

  • カローラ スプリンター
  • スプリンター クーペ
  • スプリンター リフトバック
  • スプリンター ハードトップ
  • スプリンター バン(ビジネス スプリンター)
  • スプリンター ビジネスワゴン

なお、同車種の派生モデルについては派生車種の節から当該項目を参照されたい。

車名の由来は、短距離走者に因む。


歴史[編集]

初代 E15型(1968年 - 1970年)[編集]

KE15型 カローラスプリンター
カローラでは、その初期開発段階で構想されていたクーペスタイルがファミリーカーとしては不適であるとして、最終的にセミファストバックスタイルのセダンとして発売された。
カローラ販売が好調であり、当時の「大衆車ブーム」とも形容される時代となり、スポーツモデルを要求する声に応える形でモデル追加の形で発表された。トヨタが「ワイド・セレクション体制」、「フル・ライン体制」とよんだ、多様化したユーザーの要望、ユーザーの年齢・収入・嗜好などにあわせた自動車の選択肢の提供体制となったモデルである。このためカローラスプリンターのために、カローラとは別の新たな販売網が「トヨタオート店」として構築され販売された。なお、トヨタオート店は後にネッツトヨタ店となる[1]
カローラスプリンターの最高時速は、カローラ(セダン)より時速5kmずつ速い数値が公表されていた。当時のトヨタオート店はトヨタ販売店グループの中でも若年層の客層に比重を置いていたため、カローラよりも若々しくスポーティーなイメージを前面に出していた。
発売当初の価格は、標準車(カローラスプリンター)が487,000円、デラックスが525,000円、SLは587,000円であった。フロアシフトマニュアルトランスミッションが標準で、SL以外にはコラムシフト仕様とセミオートマチックトヨグライド仕様が用意されていた。トヨグライド車は38,000円高だった。
  • 1969年にはエンジン排気量が1.2Lにアップ。型式もKE17型となった。


2代目 E20型(1970年 - 1974年)[編集]

  • 1970年5月、フルモデルチェンジ。カローラとスプリンターとがそれぞれ独立した車種として設定された。当初スプリンターは1200ccの2ドアクーペのみの設定でDX(68馬力)とSL(ツインキャブ77馬力)の2グレード。カローラとの違いにフロントグリル・テールランプのデザインであり、DXには横型スピードメーターと丸型2連メーターの2種類から選べた。
  • 1970年9月、T型エンジンを搭載するクーペ1.4Lを追加。
  • 1971年4月、1.4Lツインキャブ・95馬力を搭載した5速MTのスポーティ仕様の1400SRを追加。1400SLのエンジンはツインキャブ化で5MT車も選択可能に。
  • 1971年8月、4ドアセダンが追加され、既存クーペはマイナーチェンジ。
  • 1972年3月には2ドアクーペをベースに2T-G型エンジンを搭載するホットモデルであり、カローラレビンの姉妹車となる「トレノ」が追加される。以後レビンとトレノは外観に若干の違いはあるものの、ボディ以外はほぼ同一で形式番号も同じ姉妹車として、道を共に歩むことになる。
  • 1972年8月、マイナーチェンジでフロントグリルとテールランプが変更になる。1.2LのSLに5速MT車を追加すると同時にクーペ1200SRを追加。
  • 1973年4月、1.6Lの2T-B型,105馬力の1600SL(セダンとクーペ)/SR(クーペ)/トレノJ(オーバーフェンダー付クーペ)を追加。型式はセダンがTE21、クーペがTE27。


3代目 E40/60型(1974年 - 1979年)[編集]

KE40型 スプリンター(前期型)
KE65型 スプリンター(後期型)
  • 1974年4月、3代目スプリンター発売。カローラが30型を名乗ったのに対し、スプリンターは40型となり、型式としては独立したシリーズになった。従来通り1200 / 1400 / 1600の3シリーズ構成であり、ホッテストバージョンのトレノも引き続き用意された。ボディは4ドアセダンのほか、カローラのハードトップに対して、スプリンターはクーペが与えられた。昭和48、50、51、53年と排気ガス規制の間に販売された3代目は、エンジンの改良の度に変更が繰り返され、その過程で形式が40型から60型、65型と増えていった。
  • 1975年のモーターショーでシューティングブレーク風3ドアモデルのリフトバックシリーズが発表された。これはスプリンタークーペのボデーにリヤゲートを追加したものである。またこのとき、2T-G(R)エンジンが廃止され、トレノの生産を一時中止した。
  • 1977年1月のマイナーチェンジでは、トレノが51年規制適合の2T-GEUエンジンを搭載して復活し[2]、ハードトップシリーズが加わった(同時にカローラにはクーペを追加)。
  • 1978年4月、マイナーチェンジ。


4代目 E70型(1979年 - 1983年)[編集]

  • 1979年3月発売。エンジンは当初、1300cc(4K-U)、1500cc(3A-U)、1600cc(2T-GEU)の設定であった。ボディタイプは今までと同じセダン/ハードトップ/3ドアリフトバック/3ドアクーペの4種類。また、この代よりトレノのみの設定だった2T-Gエンジンが全ボディタイプへ搭載され3ドアクーペのトレノ以外はGTと名乗るようになった。ハードトップはベースがセダンからクーペ系になったために車高が低くなった。カローラがセダン、およびバンに丸型4灯ヘッドランプを採用した(ただし一部の海外仕様はSAE規格の角型2灯)のに対し、スプリンターはSAE規格の角型2灯を採用。
  • 1979年9月、1800ccのガソリン(13T-U)が登場した(E-TE70)。
  • 1981年8月、マイナーチェンジで既存エンジンをレーザーエンジンに換装と同時に1.3Lも3速ATに変更/セダンのヘッドランプが異型2灯式に変更/セダンのフロントノーズがスラント化される/女性仕様車のLISSE(リセ)をハードトップに追加/1800は廃止。
  • 1982年2月、セダンに1800ccディーゼル1C)が追加。
  • 1982年5月、女性仕様車のリセを4ドアセダンにも追加。
  • 1982年8月、5ドアワゴンかつターセルベースのスプリンターカリブ発売。


5代目 E80型(1983年 - 1987年)[編集]

  • 1983年5月発売。FF化された4ドア/5ドアセダンおよびFRの2ドア/3ドアクーペ(トレノ・通称ハチロク)。4ドアセダンはサイドが6ライトウインドーになり、既存3ドアリフトバックの後継の5ドアセダンは前後席がフルフラットリクライニングする「オールフラットシート」が装備。また多目的に使える仕様でもあった。
  • 1983年10月、4ドアセダンに1.6Lエンジン(4A-ELU)のSR-EFIを追加。
  • 1984年10月、DOHC16バルブエンジン(4A-GELU)を搭載する「4ドア1600GT」が追加。
  • 1985年5月、マイナーチェンジ。セダンの1300ccエンジンが2A-LUからスターレットと共通のSOHC12バルブの2E-LUに差し替え。特別仕様車のリビエールがカタログモデル(特別仕様のフルカラー仕様のリビエール・サルーンも1987年まで度々発売)に昇格し、4ドアの1.6LのSR-EFIが廃止。代わりにSEサルーンEFIに差し替え。4ドアのSE系には後席シート中央に肘掛が装着。
  • 1986年9月、保安基準に基づき、後席中央のシートベルトとフロント合わせガラスを全車に装着。特別仕様車としてスーパーホワイトのボディカラーのSEサルーンリミテッドを発売。


6代目 E90型(1987年 - 1991年)[編集]

E90型スプリンター E90型スプリンター
E90型スプリンター
E90型バン
  • 1987年5月発売。4ドアセダン・5ドアハッチバック(シエロ)・2ドアクーペ(トレノ)・ステーションワゴン(カリブ)。エンジンは1300ccのガソリンおよび1800ccのディーゼルを除き全車DOHC16バルブ化。
  • 1987年10月、フルタイム4WDを発売。
  • 1988年2月、先々代末期登場のカリブがフルモデルチェンジ。
  • 1988年5月、SEサルーンEFIを発売。
  • 1988年8月、カローラバンの姉妹車である5ドアバン[3]を発売。
  • 1989年5月、マイナーチェンジでフロントバンパーの大型化で車格感向上と同時に車種体制見直し。SEサルーンEFIは1500EFI・S(5A-FHE)搭載のSEサルーンGに発展。また、1500ccシリーズ全車にEFIが標準装備され同時に女性仕様車のリセはセダンからは廃止(トレノはマイナーチェンジ後も継続)。
  • 1989年9月、セダンに2000ccディーゼル(2C)フルタイム4WDを追加。


7代目 E100型(1991年 - 1995年)[編集]

E100型スプリンター(SEリミテッド) E100型スプリンター(SEリミテッド)
E100型スプリンター(SEリミテッド)
E100型スプリンターバン(後期型)
  • 1991年5月発売。ボディは4ドアセダンと2ドアクーペ(トレノ)の2種。5ドアハッチバックのシエロは廃止された。ただし、欧州向けにスプリンターの5ドアが作られ、カローラ5ドアリフトバック(Corolla 5-door Liftback)の名で販売された。4ドアセダンにはAピラーとフロントドアを一体成形したプレスドア[4]が採用された。バンとカローラバンの違いはエンブレムと販売チャンネルのみ。カリブは1995年8月まで従来型が継続生産。
  • 1991年9月、セダンに4WDと特別仕様車LXリミテッドを追加と同時にバンをフルモデルチェンジ[5]し、バンの1年車検を嫌うユーザー向けにビジネスワゴン[6]を追加。2002年7月のプロボックス登場まで販売される。
  • 1992年5月、4ドアピラードハードトップのスプリンターマリノデビュー。カローラセレスの姉妹車。
  • 1993年5月、セダンのマイナーチェンジ。フロント/リヤセクションの変更を受ける。同時に特別仕様車のLXリミテッドはカタログモデルに昇格。
  • 1996年5月、バン・ビジネスワゴン一部改良。運転席エアバッグが標準装備化される。
  • 1998年4月、バン・ビジネスワゴンのガソリン車が平成10年アイドリング規制に適合。ディーゼルエンジンが3C-E型2.2Lに変更されると同時に平成9年規制に適合。同時にビジネスワゴンにも助手席エアバッグ・ABS・プリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトが標準装備化される。
  • 2000年8月、バン・ビジネスワゴンがマイナーチェンジ。全車MT車は5MT化されたほかバンにも助手席エアバッグ・ABS・プリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトが標準装備化され、バン・ビジネスワゴンのガソリンエンジン全車が「平成12年排出ガス基準25%低減レベル(G-LEV(☆))」を達成した。
  • 2002年7月、バン販売終了。
  • スプリンター/カローラをベースとしたプリズム(ジオ・プリズムは販売終了後、シボレープリズムになった)が販売された。


8代目 E110型(1995年 - 2000年)[編集]

E110型スプリンター(前期型)
E110型スプリンター(後期型) E110型スプリンター(後期型)
E110型スプリンター(後期型)
  • 1995年5月発売。1992年デビューのマリノは継続生産。カリブは同年8月にフルモデルチェンジ。
  • 1996年5月、一部改良。全車に運転席/助手席SRSエアバッグ、ABSが標準装備される。
  • 1997年4月、マイナーチェンジ。エクステリア、インテリア等を大幅に改良。衝突安全ボディ「GOA」が採用される。1600cc(4A-GE)GTが復活。これに伴い1600cc(4A-FE)Sクルーズが廃止。
  • 1998年4月、一部改良。ガソリン車がすべて平成10年アイドリング規制に適合。このうち1.3L 4E-FE型エンジンがディストリビュータレスの点火方式に変更。ディーゼル車がこれまでの2000cc(2C-III)から2200cc(3C-E)に変更、並びに平成9年規制に適合。これに伴い4E-FE車のMT車が5MT化。
  • 1998年6月、マリノの生産終了。バリエーションもセダン、トレノ、カリブの3タイプとなる。
  • 2000年5月、特別仕様車「SEヴィンテージリビエール」、「XEヴィンテージリミテッド」が追加される。
  • 2000年8月、販売台数減少の為車種整理の対象となり、カローラセダン、およびビジネスワゴン(アシスタワゴン)を除くカローラワゴン(→カローラフィールダー)のフルモデルチェンジに伴い、セダンおよびトレノ販売終了。このうちセダンは既存のプラッツ(2000年当時)が5か月後に登場するアレックスが発売されるまでの間、ネッツ店における暫定的な後継車種となっていた。バン、ビジネスワゴン、カリブは販売続行。
  • 2002年7月、プロボックスの発売に伴い、バン、ビジネスワゴンが生産終了。スプリンターの名を残すのはカリブのみとなる。
  • 2002年8月、カリブ販売終了。これで全てのスプリンターシリーズの生産が終了し、名実ともに34年間の歴史に幕を閉じた。


脚注[編集]

  1. ^ トヨタ自動車日本国内販売網年表も参照。
  2. ^ 詳細はスプリンタートレノを参照。
  3. ^ フロントマスクもカローラバンと同じでエンブレムが異なるだけである。またスターレットバンがFF化時に3ドアHBとボディを共通するようになったため、使い勝手とスペースユーティリティに欠けることもあったため、当時KP61型スターレット5ドアバンの代替需要もそれなりにあったためのディーラーサイドからの要望によるものだった。ちなみにこの5ドアバンは当初、「ビジネススプリンター」と呼ばれていた。
  4. ^ スプリンターでは最初で最後、次のE110型ではE90型と同じ標準タイプのフロントドアに戻る
  5. ^ フロントフェイスはエンブレムを除き、カローラバンと同じ
  6. ^ バンと同じリヤサスペンション板バネ式。エクステリアをグレードアップした「ツーリングパッケージ」も設定。カローラツーリングワゴン相当のモデルはカリブが存在するため、設定されない。

派生車種[編集]

関連項目[編集]