トヨタ・ベルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・ベルタ
KSP/SCP/NCP9#型
後期型
(1.3 X “L Package”)
2008 Toyota Belta 01.jpg
後期型 リヤ
2008 Toyota Belta 02.jpg
後期型 車内
2010 Toyota Belta interior.jpg
販売期間 2005年11月 - 2012年6月
デザイン 豊田自動織機
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 1KR-FE型 1.0L 直3 DOHC
2SZ-FE型 1.3L 直4 DOHC
2NZ-FE型 1.3L 直4 DOHC
(4WDのみ)
変速機 CVT
4速AT(4WDのみ)
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
全長 4,300mm
全幅 1,690mm
全高 1,460mm - 1480mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 990kg - 1,120kg
別名 トヨタ・ヤリス-米国
トヨタ・ヴィオス-アジア
先代 トヨタ・プラッツ
プラットフォーム トヨタ・Bプラットフォーム
-自動車のスペック表-

ベルタBELTA )は、トヨタ自動車が製造・販売していた小型4ドアセダンである。

概要[編集]

プラッツの後継モデルであり、2代目ヴィッツをベースとしてプラットフォームなど基礎的設計・仕様は先代同様ヴィッツと共有する。なお、ヴィッツとは異なる独自の設計・趣きがプラッツ以上に明確となり、ボディ形状や低重心のスタイル、ホイールベースの延長など専用度が格段に高められた仕様となっている。

エンジン及びトランスミッションは、FF車に1.0L・1KR-FEエンジン及び1.3L・2SZ-FEエンジンと自動無段変速Super CVT-iが、4WD車(1.3L車のみの設定)には2NZ-FEエンジンと4速ATのSuper ECTを組み合わせている。

日本国外では[1]北米南米オセアニアなどにおいて「ヤリスセダン」、中国および東南アジアにおいて「ヴィオス(2代目)」として販売された。北米向けはヤリスハッチバック(日本名ヴィッツ)のモデルチェンジにより、南米向けはエティオスの登場によりそれぞれ廃止されたものの、オセアニア向けヤリスセダン及びヴィオスはヤリスハッチバックのモデルチェンジ後も引き続き生産・販売がなされている。

ベルタはヴィッツ系モデルの実用的・経済的な機能とセダンとしての上質感を備えている。センターメーターはアナログ式[2]を採用、ホイールベースラクティス同様2,550mmとヴィッツより90mm延長されて最適化された車内設計となり、大容量のトランク[3]が装備される。ボディのCd値はプラッツと同様0.29を達成。

2006年度グッドデザイン賞を受賞。

なお宮城県警察においてはパトロールカーとして県費導入された。

歴史[編集]

KSP91/SCP92/NCP96型(2005年 - 2012年)[編集]

  • 2005年11月28日 - 発表および発売。月間販売目標台数は3,000台。1.0LモデルはFF車のみ「X」と「X Sパッケージ」の2タイプ、1.3LモデルはFFと4WDの2系統 でともに、「X」と「X Sパッケージ」 「G」の3タイプがラインナップ。FF車は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」(☆☆☆☆・SU-LEV)、4WD車は「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」(☆☆☆・U-LEV)を達成した。
  • 2006年10月6日 - 一部追加。「X」をベースに法人向けに仕様を変更した「X ビジネスAパッケージ/ビジネスBパッケージ」を追加設定。
  • 2008年8月25日 - マイナーチェンジ。インテリア関係ではセンターメーター・車内の全体的な色調・シート表皮の仕様変更、1.3Lモデル全車 6:4分割式リヤシートの採用など、エクステリア関係ではフロントグリルのデザイン変更、フロントサイドターンシグナルランプの位置をフロントフェンダー後方からサイドミラーに移行しLED化、「1.3G」専用樹脂製フルホイールカバーおよびメーカーオプション用15インチアルミホイールのデザイン変更などがなされた。ボディのスリーサイズは前期型からそのまま据え置かれた。スポーティードレスアップモデルの「1.0/1.3X Sパッケージ」を廃止、花粉除去機能付オートエアコンや運転席専用快適温熱シートを標準で装備したラグジュアリーモデルの「1.3X Lパッケージ」を代替設定。
  • 2009年8月17日 - 一部改良。1.0L車と1.3L-FF車でエンジン・トランスミッション・オルタネーターの制御等の見直しにより燃費を向上(0.4-0.5km/l)し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。このため、既に対象となっている環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の自動車取得税自動車重量税の減税額が50%から75%に引き上げられた。
  • 2010年7月 - 一部改良。リヤシートベルトのアラーム機能を廃止。「1.3G」と「1.3X Lパッケージ」のシート素材 仕様変更。
  • 2011年8月 - 最後の一部改良(最終型)。ホワイト(068)のボディカラーがスーパーホワイトII(040)に差し替え(変更)。これに伴い、ブレーキオーバーライドシステムが新たに採用され全車に標準装備となった。
  • 2012年6月30日 - 実質的に2代目(E160型)カローラアクシオ(カローラシリーズ全体で通算11代目)に吸収される形で販売終了。ちなみに同社のこの種のスモールセダンとしてはプラッツに続き、メーカーオリジナルの特別仕様車・限定車が一度も投入された事のない車種となった。

車名の由来[編集]

イタリア語で、「美しい」「美しい人」という意味。

取扱ディーラー[編集]

トヨペット店(大阪地区は“大阪トヨタ”-“大阪トヨペット[4])とトヨタカローラ店で販売された。

脚注[編集]

  1. ^ これらの日本国外仕様には1.5L・1NZ-FEエンジンの設定もあるが、日本仕様ではカローラセダン(のちのカローラアクシオ)との競合を避けなければならない都合上、2012年6月のブランド終了まで未設定に終着した。
  2. ^ 前期型は「1.0/1.3X Sパッケージ」「1.3G」に、後期型は「X ビジネスAパッケージ/ビジネスBパッケージ」を除く全モデルにタコメーター付センターメーターを設定装備。
  3. ^ VDA法による測定では一体固定式リヤシート仕様車が448L(4WD車は372L)、6:4分割可倒式リヤシート仕様車は475L(4WD車は399L)の容量をそれぞれ確保している。
  4. ^ 2006年8月8日より社名を“大阪トヨタ”から“大阪トヨペット”に変更。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]