トヨタ・ファンカーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・ファンカーゴ
NCP2#型
前期型 フロント
(1999年8月-2002年8月)
Toyota Fun Cargo 005.JPG
前期型 リヤ
(1999年8月-2002年8月)
Toyota Fun Cargo 004.JPG
後期型 フロント
(2002年8月-2005年10月)
Toyota Fun Cargo 001.JPG
販売期間 1999年8月 - 2005年10月
デザイン EPOC(現: ED4)
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
エンジン 1NZ-FE型 1.5L 直4 DOHC
2NZ-FE型 1.3L 直4 DOHC
最高出力 1NZ-FE型
FF車
前期型
81kW (110PS) /6,000rpm
後期型
80kW (109PS) /6,000rpm
4WD車
77kW (105PS) /6,000rpm
2NZ-FE型
前期型
65kW (88PS) 6,000rpm
後期型
64kW (87PS) /6,000rpm
最大トルク 1NZ-FE型
FF車
前期型
139N·m (14.2kgf·m) /4,200rpm
後期型
141N·m (14.4kgf·m) /4,200rpm
4WD車
138N·m (14.1kgf·m) /4,200rpm
2NZ-FE型
前期型
123N·m (12.5kgf·m) /4,400rpm
後期型
121N·m (12.3kgf·m) /4,400rpm
変速機 4速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
  トレーリング車軸式-4WD
全長 3,860-3,880mm
全幅 1,660-1,665mm
全高 1,680-1,710mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 1,000-1,140kg
後継 トヨタ・ラクティス
プラットフォーム トヨタ・NBCプラットフォーム
-自動車のスペック表-

ファンカーゴFunCargo )は、トヨタ自動車が生産・販売していた小型トールワゴンである。

概要[編集]

後期型 リヤ
ヤリスヴァーソ
(2002年8月-2005年10月)

5ドアの背の高いワゴンボディというスタイリングで、初代ヴィッツの車台をベースとしたモデルである。同じくヴィッツをベースとするbBとは異なり、当時の欧州の趣向に沿った抑揚の強いデザインとされる。ホイールベースはヴィッツより130mmの延長となっている。

エンジンはFFモデルが1.3L・2NZ-FE型及び1.5L・1NZ-FE型を搭載、4WDモデルは1NZ-FE型のみを搭載する。トランスミッションは 全車4速AT(Super ECT)が設定される。

欧州市場では「ヤリス・ヴァーソ」、すなわち「ヤリスのバン」という意味の名称で販売された。イギリスでのユーザー満足度調査で一位を獲得するなど、ターゲットとしていた欧州で高い評価を得た。

ファンカーゴは実用的で利便性の高い広く機能的な車内空間を備えている。インパネセンターメーターレイアウトを採用、同時発売されたプラッツとともに、当初からISOFIX対応のリヤシートが全車標準装備された。リヤシートには床下や前方への格納機能があり、広い荷室を簡単に設定することができる。自転車や大型のクロスバイクなどもそのまま標準装備のフックを使用して収納できるなど、当時のコンパクトカーの中でも最大レベルのキャビン容積・収納スペースを備えている。この容積を利用してキャンピング用途や車いすでの乗降が可能な介護福祉車両(ウェルキャブ)としても使用されている。また大都市を中心にタクシーとして使われることも多い。

トヨタモデリスタインターナショナルからは、特別仕様車「VF130」が350台限定で販売された。

第20回 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤーヴィッツプラッツとともに受賞。

年表[編集]

  • 1997年10月 - 第32回東京モーターショーにて参考出品。
  • 1999年8月30日 - ファンカーゴ発表および発売。
  • 2000年
    • 1月 - 一部改良。リヤシートヘッドレストを全車標準装備化。
    • 8月 - 一部改良。ボディカラーにグリーンパールマイカを追加設定。
      全車「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」(☆・G-LEV)を達成。
    • 12月 - 一部改良。EBD付ABSを全車標準装備化。
  • 2001年
    • 1月 - 一部改良。「G」と「X」に特別仕様「マジョーラ」を追加設定。
    • 8月 - 一部改良。ボディカラーでスーパーホワイトIIからホワイトに変更設定。
  • 2002年8月8日 - マイナーチェンジ。
    内装ではインパネのデザイン・車内の全体的な色調の変更などを、外装ではフロントグリル・ヘッドライト・バンパー・リヤコンビネーションランプなどの変更。また、「G」と「X」に「ペアベンチバージョン」および「リヤリビングバージョン」を追加設定した。
    全車「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」(☆☆☆・U-LEV)を達成。
  • 2003年6月 - 一部改良。「X」に「HIDセレクション」を追加設定。
  • 2004年2月 - 一部変更。
    全車「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」(新☆☆☆・U-LEV)を達成。また、「1.3X」は「平成22年度燃費基準+5%達成車」の、「1.3J」および「1.5G(FF車)」は「平成22年度燃費基準達成車」の認定をそれぞれ受けた。
  • 2005年10月 - 販売終了。事実上の後継車はラクティス

車名の由来[編集]

英語の「Fun:楽しい」と「Cargo:積荷」の合成語。

取扱ディーラー[編集]

トヨタカローラ店と“トヨタビスタ店”(販売店統合[1]後は“ネッツトヨタ店”)で販売された。

脚注[編集]

  1. ^ 2004年5月1日より、旧ネッツトヨタ店と統合して新たに“ネッツトヨタ店”として再編。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]