トヨタ・シエナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代シエナ
(前期型、1997年 - 2000年)
初代シエナ
(後期型、2000年 - 2003年)
2代目シエナ
(前期型、2003年 - 2005年)
2代目シエナ
(後期型、2005年 - 2010年 )
3代目シエナ
(2010年-)

シエナSienna )はトヨタ自動車北米で製造・販売するミニバンである。日本国内では並行輸入の形で少数ながら存在する。

歴史[編集]

初代(1997年-2003年)[編集]

  • 1997年 - プレビア(日本名エスティマ)の後継車種として北米市場に投入された。前身モデルとは打って変わってオーソドックスなFFミニバンとなり、弱点だったボディサイズと衝突安全性と動力性能の改善を図っている(ボディサイズを大型化し、V6エンジンを搭載した)。プラットフォームはカムリと共用している。

2代目(2003年-2010年)[編集]

  • 2003年1月 - デトロイトモーターショーで発表。ボディサイズはさらに大型化した。
  • 2006年 - この年のモデルでフェイスリフトを実施。

3代目(2010年-)[編集]

エンジンは269PSの3.5L・V6「2GR-FE」とヴェンザに搭載される189PSの2.7L・直4「1AR-FE」の2種で、ともに6ATと組み合わされる。駆動方式は両エンジンとも2WDとAWDから選択可能。サイズはさらに大きくなり、全長5,085mmx全幅1,986mmx全高1,750mm、ホイールベースは3,030mmとなっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、日本にも並行輸入というかたちで入ってきている。

外部リンク[編集]