トヨタ・ARエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ARエンジンとは、トヨタ自動車直列4気筒ガソリンエンジン系列である。AZ型エンジンの後継機種として、ミディアムからラージサイズの車種に搭載される目的で開発された。 2009年1月登場。 水冷直列4気筒DOHC

クラウンに搭載される2AR-FSE

バリエーション[編集]

1AR-FE[編集]

  • タイプ:直列4気筒 DOHC 16バルブ デュアルVVT-i
  • 排気量:2.672L
  • 内径×行程:90.0×105.0
  • 圧縮比:10.0

<出力>

  • 136kW(185PS)/5,800rpm 247Nm(25.2kg-m)/4,200rpm

<主な搭載車種>

2AR-FE[編集]

  • タイプ:直列4気筒 DOHC 16バルブ デュアルVVT-i
  • 排気量:2.493L
  • 内径×行程:90.0×98.0
  • 圧縮比:10.4

<出力>

  • 126kW(171PS)/6,000rpm 226Nm(23.0kg-m)/4,100rpm
  • 133kW(181PS)/6,000rpm 232Nm(23.7kg-m)/4,100rpm

<主な搭載車種>

2AR-FXE[編集]

<出力>

  • 118kW(160PS)/5,700rpm 213Nm(21.7kg-m)/4,500rpm

<主な搭載車種>

2AR-FSE[編集]

2AR-FXEをベースに、直噴・ポート噴射を併用するD-4S技術を組み合わせている。D-4Sでは初のレギュラーガソリン仕様エンジン。シリーズ唯一の縦置エンジンである。

<出力>

  • 131kW(178PS)/6,000rpm 221Nm(22.5kg-m)/4,200~4,800rpm

<主な搭載車種>

8AR-FTS[編集]

水冷エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドツインスクロールターボ、ターボ専用の直噴「D-4ST」を採用。
可変角を拡大した連続可変バルブタイミング機構「VVT-iW」を搭載。

  • タイプ:直列4気筒 DOHCターボ 16バルブ VVT-iW 直噴エンジン
  • 排気量:1.998L
  • 内径×行程:
  • 圧縮比:

<出力>

  • 175kW(238PS)/4,800~5,600rpm 350Nm(35.7kg-m)/1,650~4,000rpm

<主な搭載車種>

  • レクサス・NX(200t、2014年-)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]