トヨタ・アベンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アベンシスAVENSIS )は、トヨタ自動車が販売する乗用車である。生産はToyota Motor Manufacturing (UK)Ltd.(TMUK)で行われている。

歴史[編集]

初代(T210[1]/220[2]型・1997年 - 2003年)[編集]

トヨタ・アベンシス(初代)
5ドアハッチバック
Toyota Avensis 1.8.JPG
販売期間 1997年 - 2003年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバックセダン
5ドア ステーションワゴン
4ドア セダン
エンジン 直4 2.0/1.8/1.6Lガソリン
直4 2.0Lディーゼル
変速機 5速MT
駆動方式 FF
全長 4,520mm
全幅 1,710mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,630mm(セダン)
2,580mm(ワゴン)
車両重量 1,370 - 1,440kg(セダン)
1,410 - 1,480kg(ワゴン)
先代 トヨタ・カリーナE
-自動車のスペック表-

1997年の暮れにカリーナE(日本名コロナの欧州仕様車)の後継車として発表され、1998年欧州専売(ただし、ワゴンは当時のカルディナ姉妹車)車種として販売が開始された。カリーナEからのキャリーオーバーとなったエンジンを除いて設計は一新され、特にセダンはBMW・3シリーズ(E46)を思わせるボディスタイルとなった。生産は英国ダービーシャーにあるTMUK(Toyota Motor Manufacturing (UK)Ltd.)のバーナストン工場で行われた。なお、同時期にカローラの5ドアリフトバック(E110系)も英国での生産を開始している。

エンジンは1,600cc、1,800ccおよび2,000ccのガソリンエンジンと、2,000ccのディーゼルターボエンジンの4種類、ボディタイプは4ドアセダン、5ドアハッチバックセダンおよび5ドアエステート(ワゴン)の3種類であった。なお、ワゴンモデルは日本で2代目カルディナとして販売されている。

当初はコンフォート指向のラインナップでスポーツモデルなどの設定はなかったものの、2000年夏のマイナーチェンジで、専用エアロ、チューンドサスペンションなどを装備したスポーツグレードの2.0SRが追加されている(それとともに全モデルのエンジンが一新され、2,000cc仕様は3S-FEから可変バルブタイミング搭載の1AZ-FSEに換装された)。

2001年には7人乗りミニバン仕様のヴァーソが追加された(日本でも2代目イプサムとして販売された)。エンジンは2,000ccガソリンエンジンのみの設定。プラットフォームは2代目アベンシスのものが先行して採用されている。なお、2002年2003年にはオーストラリアの「Australia's Best Cars」において「Best People Mover」を受賞している(ちなみにオーストラリアではセダン、ステーションワゴンモデルは販売されていない)。


2代目(T250型・2003年 - 2008年)[編集]

トヨタ・アベンシス(2代目)
AZT25#型
セダン2.0T-Spirit<1C0>
(欧州仕様・前期型)
Toyota Avensis.jpg
セダン(前期型・リア)
Toyota Avensis rear 20071029.jpg
販売期間 2003年 - 2008年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバックセダン
(欧州のみ)
5ドア ステーションワゴン
4ドア セダン
エンジン 直4 2.4/2.0Lガソリン
直4 2.0Lディーゼル
(欧州のみ)
変速機 6速MT/5速MT
(欧州のみ)
5速AT/4速AT
駆動方式 FF
4WD(日本仕様のみ)
サスペンション フロント:ストラット式コイルスプリング
リア:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
全長 4,645mm(セダン)
4,715mm(ワゴン)
全幅 1,760mm
全高 1,480 - 1,485mm(セダン)
1,525 - 1,530mm(ワゴン)
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,370 - 1,440kg(セダン)
1,410 - 1,480kg(ワゴン)
先代 トヨタ・ビスタ(日本に於いて)
-自動車のスペック表-

2代目は2002年12月のボローニャモーターショーで発表され、ヨーロッパでは2003年3月から販売。ヨーロッパでの目標販売台数は年末までに10万台。同年10月には日本でもUK工場からの輸入販売が開始された。国内の目標月間販売台数は2,000台。

日本ではビスタの後継モデルとして位置付けられ[3]、旧トヨタビスタ店2004年4月からネッツ店:沖縄県では当初からネッツトヨタ沖縄での扱い)で発売されたが、型式的にはカムリ系に割り当てられるV○○/XV○○系[4]ではなく、コロナ/カリーナ、セリカ系に割り当てられるT○○系の型式が与えられていた。前述のように元来カルディナ/コロナの欧州仕様という趣のある車種であるため、コロナ/カリーナ(現・プレミオ/アリオン)の流れを汲んだ車であると言える。

レクサス店の開業によりアリストアルテッツァの廃止後はネッツ店取扱車種としては唯一の4ドアセダンおよびステーションワゴンであった。

日本では1AZ-FSE 2,000ccエンジンを前輪あるいは4輪で駆動するセダン、ステーションワゴンを販売(2005年9月29日の一部改良からは2,400ccの2AZ-FSE搭載車も追加)。

他のトヨタ車に設定されている寒冷地仕様は標準となっている。

欧州ではセダン、ステーションワゴン、5ドアリフトバックの設定がある。

ユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得。

2006年5月のマドリードモーターショーでフェイスリフト版が発表され、英国では7月1日から発売が開始された。7月31日には日本でもマイナーチェンジが行われた。

欧州向けモデルにはコモンレール方式のディーゼルエンジン(2AD-FHV)が設定され、高い評価を受けており欧州では販売台数の半分近い車両がディーゼルと言われている。

2006年7月31日マイナーチェンジモデル発売開始。フロントのグリル(ネッツマーク追加、バンパーヘッドランプフォグランプ、リヤのコンビネーションランプなどをデザイン変更、サイドターンランプ付ドアミラーを全車に標準装備。国内向けエンジンは、筒内直接燃料噴射(D-4)システムを採用した直列4気筒の2.4Lと2L。2.4L(2AZ-FSE)はプレミアムガソリン仕様で163PS/23.5kgf·m、2Lはレギュラーガソリン仕様で155PS/19.6kgf·mを発生する。駆動方式はFFで、2Lはフルタイム4WDも選択可能。ゲート式フロアシフト式の5速(2.4L)/4速(2L)ATと組み合わされる。グレードは、2.4Lの最上級「Qi」と標準「Li」、2Lは「Xi」の3タイプ。Liは16インチアルミホイール装着、ディスチャージプロジェクターヘッドランプ、パワーシートなどを、Qiには、17インチワイドタイヤ&アルミやカーテンシールドエアバッグ、本革シート、CD+MDオーディオなど豪華装備を備える。盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム) を全車標準装備。 また、コンライト、瞬間燃費や航続可能距離などの車両情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイなどを新たに全車に採用するとともに、DVDナビゲーションシステム(Qiは標準装備、その他はオプション設定)には音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニターを設定するなど、利便性を高めている。

2008年12月5日、在庫車限りで日本での新車販売を終了。これにより、ネッツ店扱いのセダンとステーションワゴンは一旦消滅した。なおその後、プリウスが2009年5月のフルモデルチェンジにより取り扱いを開始したため、約半年ぶりにネッツ店でセダンを扱うようになる。また、同年12月からは同じくセダン型のハイブリッド車である新型車のSAIを、さらに2011年5月よりプリウスのワゴンモデルであるプリウスαも取り扱うようになっている。

3代目(T270型・2009年 - )[編集]

トヨタ・アベンシス(3代目)
ZRT272W型(国内)
セダン(フロント)
Toyota Avensis III front.JPG
ワゴン(フロント)
Toyota Avensis Combi III 20090314 front.jpg
ワゴン後期
Toyota Avensis Combi (III, Facelift) – Frontansicht, 1. April 2012, Essen.jpg
販売期間 2008年 -
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
4ドア セダン
エンジン 1ZR-FAE 1.6L直 4DOHC
2ZR-FAE 1.8L 直4DOHC
3ZR-FAE 2.0L 直4DOHC
1AD-FTV 2.0L 直4直噴DOHCディーゼルターボ
2AD-FTV 2.2L 直4直噴DOHCディーゼルターボ
2AD-FHV 2.2L 直4直噴DOHCディーゼルターボ
最高出力 1.6L:132PS/6,400rpm
1.8L:147PS/6,400rpm
2.0L:152PS/6,200rpm
2.0Lディーゼルターボ:126PS/3,600rpm
2.2Lディーゼルターボ:150PS/3,600rpm、177PS/3,600rpm
最大トルク 1.6L:16.3kgf·m/4,400rpm
1.8L:18.3kgf·m/4,000rpm
2.0L:20.0kgf·m/4,000rpm
2.0Lディーゼルターボ:31.6kgf·m/1,800 - 2,400rpm
2.2Lディーゼルターボ:34.6kgf·m/2,000 - 2,800rpm/40.8kgf·m/2,000 - 2,800rpm
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ダブルウイッシュボーン
全長 4,695 - 4,765mm
全幅 1,810mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,440 - 1,725kg
-自動車のスペック表-

3代目は2008年8月29日にパリモーターショーで新型セダン(サルーン)/ワゴン(ツアラー)が初披露され、2009年1月より欧州で販売が開始された。なお、2代目まで設定されていた5ドアハッチバックについては廃止された。

初代および2代目同様、生産は英国・ダービーシャーにあるTMUKのバーナストン工場で行われている。

ボディデザインはED2(Toyota Europe Design Development )が担当。空気抵抗係数(CD値)はセダンが0.28、ワゴンが0.29という数値となっている。

サスペンションは先代同様、フロントがマクファーソンストラット、リアがダブルウィッシュボーンという組み合わせとなる。

エンジンはガソリン車が1,600cc、1,800cc、2,000ccで全てバルブマチック仕様となり、ディーゼル車は2,000ccと2,200cc(2種類)のコモンレール式直噴ディーゼルターボとなる。

主なオプション装備として、バイキセノンヘッドライトやAFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)などの設定がある。 また、安全装備としては運転席および助手席SRSエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグおよび運転席ニーエアバッグの7エアバッグ、アクティブヘッドレスト、TRC+VSC(操舵トルクアシスト機能付き。日本でのS-VSCと同等)が全車標準となるほか、アダプティブ・クルーズコントロールシステム、プリクラッシュセーフティシステム、レーンキーピングアシストがセーフティパックとしてセットオプションの設定がある。 なお、衝突安全性についても2009年のユーロNCAPのテストで5つ星の評価を獲得している。

先代で行われていた日本市場への輸入販売は同市場における需要を鑑みて3代目では見送られていたが、国内ラインナップにこのクラスの2列ステーションワゴンが存在しない[5]ことに加え、2007年に廃止されたトヨタ店・トヨペット店扱いだったカルディナ[6]トヨペット店扱いだったマークIIブリット[7]、トヨタ店扱いだったクラウンエステート[8]の代替ユーザーの取り込みも狙い、2011年6月24日にワゴンのみ輸入を再開すると発表(本来は5月24日だったが、東日本大震災の影響で順延された。なお、発売開始は9月19日)。先代同様、パナマ運河経由で約40日かけて日本に運ばれ、堤工場でPDI検査を受ける。

日本に導入されるのは3ZR-FAE型・2.0L バルブマチックエンジン[9]+CVT(Super CVT-i)搭載のワゴン「Xi」の2WD車(車両型式はZRT272W型)のみで欧州仕様に設定されるセダンやディーゼルエンジンは用意されない。ボディカラーもスーパーホワイトII、ブラックマイカ、シルバーメタリックの3色のみとし、ステアリングコラム左右の操作レバーのレイアウト、CVT制御やサスペンションのチューニングは欧州仕様のものをそのまま使用。また、トヨタブランドとしては初の電子式パーキングブレーキを採用している(トヨタ全体で見るとレクサスLSに次いで2例目)。欧州仕様をそのまま生かしたことでスポーティでしなやかな走行性能を持つとともに、バルブマチックエンジンとCVTの採用により、JC08モードで13.6km/Lの低燃費を実現し「平成22年度燃費基準+10%」を達成した。なお、エコカー減税は対象外となっている。取扱いチャンネルは(以前取り扱っていた)ネッツ店に加え、上記の理由でトヨタ店・トヨペット店でも販売する[10]なお、カローラ店では取り扱われない[11]。日本市場の登場は改良が押し迫った時期であったため、2011年7月から10月までの期間限定生産であった[12]

2012年2月29日に日本仕様向けワゴンのマイナーチェンジを発表(同年4月16日発売)。ヘッドランプにLEDのクリアランスランプ(車幅灯)を追加し、開口部を強調したロアグリルを採用するなど、フロントデザインを変更し、インテリアにおいても、シート表皮デザインの変更やドアグリップ・サイドレジスター(両サイドの空調吹き出し口)・センタークラスター・ドアスイッチベースに加飾の追加や変更を行い質感を向上した。併せて、既存の「Xi」に加え、フロントフォグランプ、17インチタイヤ&ホイール、アルカンターラ+本革の専用シート表皮、木目調加飾(センタークラスター・ドアスイッチベース)、運転席電動ランバーサポート、クルーズコントロールなどを装備した上級グレード「Li」を追加設定した。マイナーチェンジに伴い、期間を設定しない通常販売となった。


車名の由来[編集]

フランス語の「AVANCER(前に進む)」からの造語。
(なお、ホンダ・アヴァンシアの車名の由来も同じAVANCERから来ている)

脚注[編集]

  1. ^ ステーションワゴン
  2. ^ 4ドアセダンおよび5ドアハッチバックセダン
  3. ^ 【トヨタ『アベンシス』発表】ビスタの後継モデル、欧州から
  4. ^ この形式が割り当てられた車種にはビスタ、ダイハツ・アルティスマークIIクオリスセプターウィンダム/ESオーリオンがある。
  5. ^ 厳密に言えばトヨタのサイト上でワゴンに分類されるマークXジオに2列シート/5人乗りの「240 Five Style」が存在するが、ジオ自体は販売の主体が6 - 7人乗りであるため純粋なステーションワゴンとは言い難い
  6. ^ 前身はカリーナサーフ。
  7. ^ 前身はマークⅡワゴン。
  8. ^ 前身はクラウンワゴン。
  9. ^ ただし「VALVE MATIC」エンブレムは装着されていない
  10. ^ トヨタ自動車、英国製ワゴン「アベンシス」を再投入へ日刊自動車新聞 2011年3月9日閲覧
  11. ^ その理由は小型ステーションワゴンのカローラフィールダーを取り扱っているため。
  12. ^ トヨタ、新型アベンシスワゴンを発売カービュー2011年6月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]