トヨタ・パッソセッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・パッソ > トヨタ・パッソセッテ
ダイハツ・ブーン > ダイハツ・ブーンルミナス > トヨタ・パッソセッテ
トヨタ・パッソセッテ
M502E/M512E型
フロント
2009 Toyota Passo-Sette 03.jpg
リア
2009 Toyota Passo-Sette 04.jpg
車内
2009 Toyota Passo-Sette 05.jpg
販売期間 2008年12月 - 2012年2月
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアコンパクトミニバン
エンジン 3SZ-VE型 1.5L 直4 DOHC
最高出力 80kw(109PS)/6,000rpm
最大トルク 141N・m(14.4kgf・m)/4,400rpm
変速機 4AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ストラット
後:トーションビーム(FF)
  トレーリングリンク(4WD)
全長 4,180-4,195mm
全幅 1,695mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,170-1,240kg
姉妹車 ダイハツ・ブーンルミナス
製造事業(委託)者 ダイハツ工業
-自動車のスペック表-

パッソ セッテPASSO Sette )は、ダイハツ工業が製造し、トヨタ自動車が販売していた小型ミニバンブーンルミナス(以下「ルミナス」)の姉妹(OEM)車種である。

5人乗りパッソは両社の共同開発でブーンのOEMでなかったのに対し、セッテはトヨタと車両企画力を結集した上でダイハツが開発生産を担当しているため、ルミナスとはOEM関係にあたる(型式が共通であることと製造事業者がダイハツとなるのはこのため)。

概要[編集]

「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をコンセプトに扱いやすいサイズのボディに5人がゆったり乗れ、たまに7人が乗る様な顧客をターゲットに開発した。メインターゲットを女性としているため、運転のしやすさも徹底的に追求しているのが特徴である。

2003年発売のシエンタに代わる車として期待され、同じトヨタカローラ店扱いとされたが[1]、当面の間併売の措置がとられていた。1.5リッター、3列シート・7人乗りミニバンという点ではシエンタと同じではあるが、シエンタは初代ヴィッツのメカニズム[2]、そしてスライドドアを採用するという大きな違いがある。

外観は背の低いワンモーションフォルムになっており、スペース効率を大幅に向上させ、大人7人がゆったりと座れるようにすべくパッソ比で全長+580mm×全幅+20mm×全高+85mm拡大[3]され、ホイールベースも2,440mmから2,750mmへと大幅に延長されている。この結果既存のダイハツの軽自動車用(ミラムーヴなど)プラットフォームから発展した車種の中では体積と車両総重量が最も大きい。

エアログレードは、前後エアロバンパーとリアスポイラー、ドアミラーウインカーフォグランプを装備する。ボディカラーは全9色展開。

一方インテリアは広々とした印象を演出するために左右に弧を描くデザインになっている。シート表皮はグレードによって異なり、廉価版はグレージュ(ベージュ)のジャージ生地、中間グレードはグレージュのトリコット、エアロ仕様車はダークブラウン(こげ茶)のジャージ生地を採用する。シート形状は、フロントはグレードによってベンチタイプとセパレートタイプの2種類、それ以外は全グレード共通となる。2列目は3人掛けであるが5:5の分割型で、シートスライドと背もたれ角の調整が個別に行なえ、3列目は短時間の定員確保用で、小ぶりで平板なベンチシートとなる。2、3列目の背もたれは前倒した際にほぼ同じ高さで平らになり、荷室としての使い勝手を向上させている。そのため背もたれは低く、ヘッドレストのステーを長くして衝突安全性を確保している。ヘッドレストは定員分備わるが、シートベルトは2列目中央のみ2点式となっている。

女性がメインターゲットとされるも、老若男女を問わず誰もが扱いやすいよう、各部の操作や収納場所にはさまざまな工夫が凝らされている。

安全面においては、GOAボディ、EBD付ABS & 2段ブレーキアシストやデュアルSRSエアバッグに加え、サイド&カーテンシールドエアバッグ(Xグレードを除き全車標準装備)、VSC&TRC(全車メーカーオプション)を用意することで、安全装備の充実を図っている。

エンジンは5人乗りパッソから大幅に増加した車重に対応すべく、3SZ-VE型直列4気筒DOHC16バルブ1,500cc・VVT-iエンジン(bBクーラッシュビーゴタウンエース/ライトエース(両者共にグランマックスの日本仕様)などと同じ)を搭載する。

トランスミッションは全てインパネシフトの電子制御4速ATであり、マニュアル感覚の変速操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを採用している。また、登坂制御により、上り坂では変速のくり返しを抑え、長い下り坂では状況に応じてシフトダウンすることで、なめらかな坂道走行が可能。

販売上でライバルと目されるホンダ・フリードとの比較では、パラレルハイブリッド機構(一部のみ)、スライドドア、2、3列目席の大きさと居住空間[4]、2列目ダブルフォールディング[5]、3列目跳ね上げの完全収納、全席3点式シートベルトなどで劣勢となるが、セッテとルミナスではそれらを見切る代わりに、販売価格を149万円から(ルミナスは153万5000円から)と低めに設定していた。しかし登場直後に始まったエコカー減税に同車は対象外であったことが響き、販売的には大苦戦を強いられた。

年表[編集]

  • 2008年12月25日 - 販売開始。パッソ(ブーン)をベースに7人が乗れるミニバンとして開発された。月間目標販売台数は3000台と発表されている。
  • 2012年2月29日 - 販売終了。カタログへの掲載も終了した。
    ルミナス同様、一部改良、およびマイナーチェンジが未実施のほか、同社のこの種のミニバンとしては特別仕様車も全く投入されない車種となった。なお販売期間は3年2か月であり、同社製の7人乗りの小型ミニバンとしてはかつて同社が販売していたスパーキーに次ぐ短命な車種となった。

車名の由来[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シエンタは2010年8月に生産を終了したが、セッテの売り上げが不振なことから計画を変更し、改良を施した上で2011年5月に生産を、6月13日に販売を、それぞれ再開している。
  2. ^ ただしリアサスペンションの部分のみ9代目カローラシリーズから流用している。
  3. ^ ただし、高さ寸法の最高点はBピラー付近であり、天井と屋根はそれ以降緩やかに下っているため、頭上空間は1列目が最も大きい。
  4. ^ 2011年10月の改良で3列目の定員を3→2名とした。
  5. ^ 背もたれを前倒した後、さらに座面ごと前倒させて荷室の床にシートを残さない収納方法。前席のシートスライド量やリクライニング角などに制約は出るが、使い勝手は非常に良いため、荷室の容積に対する要求の厳しい商用車欧州車に多く見られる方式である。

関連項目[編集]