トヨタ・RAV4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RAV4(ラヴフォー)は、トヨタ自動車で生産されているSUV

概要[編集]

モノコック構造の乗用車をベースにした、オフロード車「クロスオーバーSUV」の先駆となった車種である。RAV4の成功を受け、他社もCR-V本田技研工業)、エクストレイル日産自動車)、フォレスタースバル)などのクロスオーバーSUVを製造するなど、SUV市場に大きな影響を与えた。なお、RAV4の登場に先んじて日本市場ではエスクードが販売されていたが、エスクードはデザインやサイズはRAV4のクロスオーバーSUVと酷似しているものの、本質的には堅牢なラダーフレーム構造を持つクロスカントリー車であるという点で異なる。

初代RAV4は、本国の日本でいう「5ナンバーサイズ」に収まるコンパクトなサイズのSUVであったが、主に北米市場の要求から、モデルチェンジのたびにボディサイズを拡大、2代目以降3ナンバーサイズとなった。

主要市場の欧米においては他の同社製SUVよりもコンパクトなサイズとなっている。生産はトヨタ自動車田原工場と、グループ会社の豊田自動織機である。

その後RAV4は、世界中で販売台数を延ばしており、欧州全域・北米南米オセアニア中国東南アジア南アフリカなど、世界200か国以上で使用される世界戦略車である。

歴史[編集]

初代(SXA1#型・1994年 - 2000年)[編集]

初代トヨタ・RAV4
SXA1#型
RAV4-J 前期型(1994年5月 - 1997年9月)
1994 Toyota RAV4-J 01.jpg
RAV4-L 後期型(1997年9月 - 2000年5月)
Toyota RAV4 001.JPG
販売期間 1994年2000年
乗車定員 4 - 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドア クロスオーバーSUV
エンジン 3S-FE型 2L 直4 135ps/18.5kg・m 3S-GE型 2L 直4 165ps/19.5kg・m→180ps 20.5kg・m
変速機 4速AT / 5速MT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長 3,705mm(3ドア)
4,115mm(5ドア)
全幅 1,695mm
1,760mm(Gタイプ)
全高 1,645 - 1,660mm
車両重量 1,180kg
-自動車のスペック表-

1989年東京モーターショーにRAV-FOURとして出展し、4年後の1993年の東京モーターショーにプロトタイプが披露された後、1994年5月に発表。

カローラセリカなどのコンポーネンツを流用しながらも、フロアパネルは独自に起こされ、リアサスペンションも鍛造リンクを用いた仮想球面支持の専用品となるなど、オン・オフ両面の性能追求のため、惜しみなく技術が投入されることとなった。

パワートレーンは直列4気筒 2.0L 3S-FE型 ガソリンエンジントランスミッション横置きに搭載し、ドライブトレーンには国産車では数少ないベベルギア式のセンターデフを持つ本格的なフルタイム4WDである。

CMキャラクターには木村拓哉が起用された。

1995年4月には、ホイールベースを延長し、居住性と利便性を向上させた5ドアモデル「RAV4 V」(ラヴフォーファイブ)が追加された。

しかし、1995年10月ホンダからセンターデフを省略したスタンバイ4WDとするなど、徹底したコストダウンで低価格戦略を採る CR-Vが発売された。CR-VはRAV4より一回り大きい3ナンバーボディにもかかわらず、RAV4と同じ価格帯という安さと、コラム式AT&ステッキ式パーキングブレーキによるウォークスルーなどを武器にシェアを伸ばし、さらには1997年にスバルからフォレスターも発売されたため以後苦戦する。1996年8月にマイナーチェンジを実施し、これに伴いCR-Vに対抗するため、スポーツエンジンである 3S-GE型 を搭載した3ナンバーボディのスポーツモデルTypeG、3ドアソフトトップ(前席は標準型にも設定されていた脱着式パネルサンルーフで、Bピラー以降が幌のもの。いすゞ・ミューと同じタイプ)も追加された。 1998年8月には平成10年アイドリング規制に適合。

シティユースを目的とした車ではあるものの、余裕のある最低地上高や優秀な4WD性能、及びボディ下部が破損しにくい樹脂プロテクターで覆われている事などから、プライベートで足回りのチューニングを施しオフロードで力を発揮させるユーザーや、全日本オフロードトライアルのシリーズ戦に出場する選手も現れた。また、この4輪独立サスペンションは、オンロードでは乗用車と変わらない操縦安定性と快適性をも提供する。 RAV4をベースとした電気自動車の RAV4 EV も後にフリート販売された。

変わったバリエーションとしては、「パーソナルセレクション」という、ボディカラーの配色、内装色を指定された色の中から自由に選べるオプションがあった。初期の頃には迷彩パターンや、Bピラーとルーフ一部をロールバーよろしく塗り分けるパターンもあったが、後期型以降は、メインの外板×バンパーやアンダーパネル×内装色の組み合わせを選ぶシステムに落ち着いた。

2代目(CA20W型・2000年 - 2005年)[編集]

2代目トヨタ・RAV4
ZCA2#W/ACA2#W型
前期型(2000年5月 - 2003年8月)
2001-2003 Toyota RAV4 L -- 03-16-2012.JPG
後期型(2003年8月 - 2005年11月)
2003-2005 Toyota RAV4 5 Door.jpg
販売期間 2000年2005年
デザイン CALTY
乗車定員 4 - 5人
ボディタイプ 3/5ドア クロスオーバーSUV
エンジン 1AZ-FSE型 2L 直4 152ps/20.4kg・m→155ps 19.6kg・m
1ZZ-FE型 1.8L 直4 125ps 16.4kg・m
変速機 4速AT / 5速MT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
全長 3,760mm(3ドア)
4,155mm(5ドア)
全幅 1,735mm
全高 1,670-1,690mm
ホイールベース 2,280(3ドア)
2,490mm(5ドア)
車両重量 1,160 - 1,350kg
-自動車のスペック表-

2000年5月に登場。海外戦略を重視した為に、同年のジュネーブモーターショーで海外先行デビューした。3か月後の8月にフルモデルチェンジしたカローラ系のコンポーネンツを使用するが、フロアパネルは先代同様に専用設計となっている。エンジンは2WD用に1ZZ-FE(1.8L)と、4WD用に1AZ-FSE(2.0L直噴)が設定されている。グレードは下からX、X-G、エアロスポーツ、ワイドスポーツの4つでそれぞれに4ATと5MTが組み合わされていたが、2003年8月のマイナーチェンジ時にエアロスポーツ、及び各MT仕様が廃止された。

当モデルは、先代の弱点であった室内空間の貧弱さを克服する方策としてボディサイズを拡大し、全モデルで3ナンバーボディサイズとなった(それでも他社製の同クラスSUVに比べると小型であった)。また、先代モデルが3ドアモデルメインの開発であったことに対し、当モデルではより居住空間に優れた5ドアモデルメインの開発が行われた。内外装の質向上も著しく、よりシティユースを志向したモデルであると言える。しかし、同時期にフルモデルチェンジしたホンダ・CR-Vや、日産・エクストレイル等のライバルに再び苦戦を強いられ、さらには日本国内でのSUVブームの沈静化もあり、最終的に良好なセールスを記録するには至らなかった。反面、欧米では非常に人気が高く、輸出仕様には本革シートを装備したモデルや、ディーゼルターボガソリンターボエンジンを搭載したモデルも存在している。

2000年に制定された低排出ガス車認定制度における認定車第1号であり、最初に同ステッカーをつけたのはこの車種である。



3代目(CA30W型・2005年 - )[編集]

3代目トヨタ・RAV4
ACA3#W型
フロント(北米仕様)
2007 RAV4 a.JPG
リア(北米仕様)
2007 RAV4 b.JPG
販売期間 2005年 -
乗車定員 5 - 7人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン 2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHC
最高出力 170ps/6000rpm
最大トルク 22.8kgfm/4000rpm
変速機 CVT
5速/4速AT
6速/5速MT(日本国外のみ)
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
全長 4,335mm(ショート)
4,600mm(ロング)
全幅 1,815mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,560mm(ショート)
2,660mm(ロング)
車両重量 1,470 - 1,530kg
プラットフォーム トヨタ・新MCプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2005年11月14日に登場。国内目標月間販売台数は2000台と発表。2006年1月から海外販売し、グローバルな目標年間販売台数は30万台。 同年のフランクフルトモーターショーでお披露目していた。トヨタの「MCプラットフォーム」を進化させた「新MCプラットフォーム」を初めて採用した市販車。エンジンは1種類で上郷・下山両工場製の2AZ-FE(2.4L)のみ。グレードは下からX、G、スポーツの3つ。全モデルでCVTのみの設定となる。4WD性能はこれまでのセンターデフ+ビスカスカップリング式フルタイム4WDではなく、電子制御式4WDに変更された。

当モデルは、先代モデルに比べてさらにボディサイズが拡大され、海外市場をより強く意識した内容となっている。また、初代から設定されていた3ドアモデルが廃止され、5ドアモデルのみの設定となるが、日本国内では2007年8月から派生車種ヴァンガードとして発売された海外向け(欧州・アフリカ・南米の一部以外)のモデルは、荷室などを延長したロングボディであり、ドア枚数こそ変わらないものの、これまで通りロングとショートの2種類のボディタイプを持つ。

なお、ロングタイプでは3列シートも選択可能で、エンジンは2.4L 直4の他に3.5L V6(北米、豪州等のみ)エンジンも用意されている。

欧州向けや南米・アフリカ向けの一部は日本と同じサイズのショートボディであり、4WDモデルしか設定されていない。また他の地域ではみられない、1AZ-FE(2.0L)および2AD-FTV(2.2Lディーゼル、135ps)、2AD-FHV(2.2Lディーゼル、180ps)エンジンを搭載したモデルもある。なお、ディーゼルエンジンと組み合わされるトランスミッションは6MTのみとなっている。また、欧州向け右ハンドル車(主にイギリス向け)は、豊田自動織機のみでの製造となっている。

日本では、フロントエンブレムに従来のトヨタマークではなく“N”をかたどったエンブレムを採用。これはネッツ店で専売となった車種に順次採用されている。なお、ネッツ店専売モデルになったことで販売店区別であったサブネームの「J」と「L」が消滅し、RAV4に車名統合された。これらの取扱車種の統廃合によってRAV4と同じく、カローラ店ネッツ店で併売されていたクルーガーはカローラ店の専売モデルとなったが、2007年6月にRAV4ロングボディの日本仕様であるヴァンガードを後継に、発売中止となった。

製作工場はトヨタ自動車田原工場、及び豊田自動織機長草工場、中国天津の一汽豐田天津工場である。

2007年9月6日には、特別仕様車X Limitedを発売。

2008年9月1日、マイナーチェンジ。エクステリアをグレードごとに差別化したほか、スペアタイヤを廃した新グレード「STYLE」を追加した一方で「G」を廃止。

2009年10月20日、韓国トヨタにより韓国市場にて発売を開始。ロングボディ採用の北米仕様をベースとしている。

2012年5月、アメリカ・カリフォルニア州においてテスラ・モーターズとの提携商品となる電気自動車「RAV4 EV」を年内に発売すると発表。1回の充電で100マイル(約160km)の走行を可能とした。

2012年12月3日、一部改良。S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)、ヒルスタートアシストコントロール&ダウンヒルアシストコントロール制御システム、ステアリングスイッチ(オーディオスイッチ)を標準装備。併せて、既存グレードを「STYLE」に集約し、グレーメタリック塗装の18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーなどを装備した「STYLE"S Package"」を新設。また、JC08モード燃費に対応した。

4代目(2013年 - )[編集]

4代目トヨタ・RAV4
フロント
2013 Toyota RAV4 XLE AWD front left.jpg
リア
2013 Toyota RAV4 XLE AWD rear left.jpg
販売期間 2012年
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン 3ZR-FAE型 2.0L 直4 DOHC
2AD-FTV型 2.2L 直4 DOHC
2AD-FHV型 2.2L 直4 DOHC
2AR-FE型 2.5L 直4 DOHC
変速機 CVT
6速AT
6速MT
駆動方式 FF / 4WD
全長 4,570mm
全幅 1,845mm
全高 1,545 - 1,565mm
ホイールベース 2,660mm
-自動車のスペック表-

2012年11月開催のロサンゼルス・モーターショーにてワールドプレミアを行い、翌2013年1月より北米市場に、また欧州市場には同年3月に投入された[1][2]。韓国においても2013年中盤に販売を開始。なお日本では2013年11月13日に公式発表された3代目ハリアーが4代目RAV4のプラットフォームを使用した兄弟車として優先販売する関係で2014年秋ごろの登場予定。北米仕様のエンジンは2.5Lとなり、トランスミッションは4速ATから6速ATに変更される。欧州仕様は先代同様の2.0Lガソリン、2.2Lディーゼルに加え、新開発の2.0Lディーゼルを搭載する。

取扱い販売店[編集]

2代目まではRAV4Lはトヨタカローラ店系、RAV4Jはネッツ店(旧トヨタオート店)系にて取扱っていたが、3代目はネッツ店専売となった。

車名の由来[編集]

Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive を略したもの。

またRAV4LのLはLiberty、RAV4JのJはJoyfulを表す。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]