トヨタ・タコマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タコマ(TACOMA)トヨタ自動車が北米で製造・販売するピックアップトラックである。

概要[編集]

元々ハイラックス北米仕様だが、1995年にタコマとして登場して以降、フロントのデザインを大幅に変更している。

大半のグレードにV6ガソリンエンジンが設定される一方、ディーゼルエンジンは無い。装備を抑えた実用仕様から、スーパーチャージャーを搭載したスポーツモデルまであり、北米市場の嗜好に合わせたものとなっている。

2ドア2人乗りのレギュラーキャブ、観音開き4ドアのアクセスキャブ(4人乗りだが後席は補助席程度のもの)、4ドアのダブルキャブ、スポーツタイプのSランナー(初代)・Xランナー(2代目)がある。西海岸ではオプションのFRP製トノカバーを装着してサーフボードを積載する車両も多い。

同じく北米向けピックアップトラックトヨタ・タンドラ同様、リアエンブレムにトヨタマークが使われておらず、「TOYOTA」のアルファベットが入る。

トヨタ・トラック(ハイラックス)時代は日野自動車羽村工場で製造されていたが、タコマからはアメリカのNUMMIも加わり、現在では全数がNUMMI製となっている。

日本では販売されていないが、少数が並行輸入されている。

歴史[編集]

初代(1995年-2004年)[編集]

トヨタ・タコマ(初代)
前期型・アクセスキャブ
Toyota-Tacoma-ext.jpg
後期型・ダブルキャブ
日本国内で撮影された並行輸入車
Toyota tacoma.jpg
販売期間 1995年 - 2004年
デザイン CALTY
ボディタイプ 2ドアピックアップトラック
4ドアピックアップトラック
エンジン 2.4L 直4
2.7L 直4
3.4L V6
変速機 5MT
4AT
駆動方式 FR4WD
ホイールベース 2824mm
3096mm(ダブルキャブ)
先代 トヨタ・トラック
-自動車のスペック表-

1995年に登場。トランスミッションは5速フロアMT、4速フロア/コラムATが設定される。エンジンは2.7L 直列4気筒3RZ-FEと、3.4L V型6気筒5VZ-FEが設定された。

2001年、マイナーチェンジ。個性的なフロントグリルが与えられた。

2代目(2004年-)[編集]

トヨタ・タコマ(2代目)
2005年レギュラーキャブ
Tacoma-regular-cab.jpg
2005年アクセスキャブ(Xランナー)
Toyota-Tacoma-XRunner.jpg
2009年ダブルキャブ(TRD仕様)
2009 Toyota Tacoma.jpg
販売期間 2005年 -
ボディタイプ 2ドアピックアップトラック
4ドアピックアップトラック
エンジン 2.7L 直4
4.0L V6
変速機 5MT
6MT
4AT
5AT
駆動方式 FR4WD
-自動車のスペック表-

2004年2005年モデルとして登場した。大型で威圧的なフロントグリルとヘッドランプが与えられた。この意匠は2006年11月から販売が開始されたタンドラにも受け継がれており、北米トヨタのピックアップの共通イメージとなった。

エンジンは2.7L 直列4気筒の2TR-FE型と4.0L V型6気筒の1GR-FE型が設定され、フロア5/6速MT、またはフロア4/5速ATと組み合わされる。

スポーティーなイメージリーダーとして「Xランナー」が設定された。これは1GR-FE型に6速MTが組み合わされ、18インチタイヤ、LSDエアロパーツなどを装備する。さらにTRD製のスーパーチャージャーも選択でき、これを装備した場合は300psを発揮する。

2008年からは、フェイスリフトを受けた2009年モデルが発売されている。ヘッドランプユニットの意匠が変更され、リアコンビランプは、クロームのベースにLEDを用いた円形となった。リアコンビランプへのLEDの採用は、北米トヨタのピックアップトラックとしては初であり、トヨタブランドの北米向け車種全体でもLEDの採用例は少数である。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]