NUMMI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NUMMI(ヌーミ) New United Motor Manufacturing, Inc.は、トヨタ自動車ゼネラルモータース(GM)が合弁で設立した自動車の製造会社。1984年設立。

概説[編集]

NUMMI概観

元々は、1980年代に入り自動車製造工場の高コスト構造に悩んでいたGMが、トヨタの誇る生産方式である「かんばん方式」を導入し低コスト・高効率な工場を作ることを目指したことがきっかけである。そこでGMとトヨタは、1983年2月に共同で合弁会社を設立することに関する覚書を締結し、翌年にNUMMIを設立。

NUMMIは、1982年にGMが閉鎖したカリフォルニア州の工場を譲り受け、1984年12月より本格的に生産を開始。その後トヨタシボレーポンティアックなどのブランドの車の生産を数多く手がけている。2002年には右ハンドルのトヨタ・ヴォルツを日本向けに生産。

2009年6月29日、破産後、再建のために国有化されたGMから、トヨタとの合弁事業の解消が発表される。この結果、NUMMIは「新GM」には引き継がれないことが決定し、GM側のポンティアック・ヴァイブも、同年の第三四半期で生産を終了する[1]。これを受け、トヨタはNUMMIの工場を閉鎖することを決定した[2]

閉鎖されたNUMMIの工場は、2010年よりトヨタ自動車とテスラ・モーターズによる電気自動車の共同生産に用いられる見込みである。

これまでの主な生産車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]