トヨタ・TRエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・TRエンジン
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 2003年 - 現在
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 2.0L
2.7L
テンプレートを表示
2TR-FE型エンジン(120系ランドクルーザープラド

トヨタ・TRエンジンは、トヨタ自動車水冷直列4気筒ガソリンエンジンの系列である。

SUVピックアップトラックライトバンタクシーなど、車両総重量が2.5トン程度の車種や、業務用途での運用を考慮し、低・中速域トルクを重視した設計となっている。従来のRZ型の基本設計を踏襲しているが、VVT-iの採用や樹脂部品の多様による軽量化など、基本性能が大きく改善されている。


概要[編集]

型式[編集]

1TR-FE - 2000cc[編集]

1TR-FE
生産期間 2003年7月 -
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 狭角4バルブ DOHC
VVT-i
燃料供給装置 EFI
排気量 1.998L
ボア×ストローク 86.0mm×86.0mm
圧縮比 9.8:1
出力 98kW(133PS)/5,600rpm
トルク 182Nm(18.6kgm)/4,000rpm
重量 -kg


1TR-FPE - 2000cc[編集]

1TR-FPE
生産期間 2007年11月 -
エンジン種別 LPGエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 狭角4バルブ DOHC
VVT-i
燃料供給装置 EFI-LP
(電子制御式LPG液体噴射方式)
排気量 1.998L
ボア×ストローク 86.0mm×86.0mm
圧縮比 10.6:1
出力 85kW(116PS)/4,800rpm(ダイナ/トヨエース)
トルク 189Nm(19.3kgm)/3,600rpm
重量 -kg

トヨタ初[1]の「EFI-LP (EFI for LPgas)」(電子制御式LPG液体噴射方式)エンジン


2TR-FE - 2700cc[編集]

2TR-FE
生産期間 2004年8月 -
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 狭角4バルブ DOHC
VVT-i
燃料供給装置 EFI
排気量 2.693L
ボア×ストローク 95.0mm×95.0mm
圧縮比 9.6:1
出力 111kW(151PS)/4,800rpm
トルク 241Nm(24.6kgm)/3,800rpm
重量 -kg


2TR-FP - 2700cc[編集]

2TR-FP
生産期間 -
エンジン種別 LPGエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 -
燃料供給装置 -
排気量 2.693L
ボア×ストローク 95.0mm×95.0mm
圧縮比 -
出力 -
トルク -
重量 -kg
  • 搭載車種(車両型式)
    • ダイナ/トヨエース


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、LPGエンジンにおける電子制御方式自体は1G-GPEで採用されている(ただし、こちらは電子制御式キャブレター)。

関連項目[編集]