トヨタ・NDエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ・NDエンジン
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 2000年3月 - 現在
タイプ 直列4気筒SOHC8バルブ
排気量 1.4L
テンプレートを表示

トヨタ・NDエンジンは、トヨタ自動車水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

なお、日本国内向けは自動車NOx・PM法の規制対象に該当するほか、乗用車及びハイエースより小型の商用車にはディーゼルを投入しない販売政策のため、2007年8月をもって採用車種が存在しなくなった。しかし、輸出車両用や補給用ASSY部品としての製造は続いているため、国内で当該エンジン自体の製造が終了したわけではない。

型式[編集]

2000年登場(欧州向けでの場合。ちなみに日本国内向けは2002年に登場している)

系譜

直噴式ディーゼルエンジン

水冷直列4気筒SOHC8バルブ(1気筒あたり2バルブ(吸気:1・排気:1))

このエンジンではオイルフィルターの小型化が行われ、フィルター容量0.3Lというディーゼルエンジンとしては非常に小型のオイルフィルターが採用されている。部品的には、ガソリンエンジンの2代目G型JZ型RZ型TZ型VZ型と共通部品である。このオイルフィルターの小型化は、ハイエース200系用のKD型エンジン(オイルフィルターは本エンジンと共通部品)でも行われた。

バリエーション[編集]

1ND-TV[編集]

PSA・プジョーシトロエンシトロエンブランドの場合に限り2WZ-TVと称する。

  • タイプ:直列4気筒 SOHC 8バルブ
  • 排気量:1.362L
  • 内径×行程:73.0×81.4
  • 圧縮比:18.5

<出力>

  • (1)53kw(72PS)/4,000rpm 170Nm(17.3kg-m)/2,000-2,800rpm
  • (2)66kW(90PS)/3,800rpm 205Nm(20.9kg-m)/1,800-3,000rpm

<主な搭載車種>


関連項目[編集]