トヨタ・GZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トヨタ・GZエンジンは、トヨタ自動車水冷V型12気筒ガソリンエンジンの系列である。

日本初の乗用車用V型12気筒エンジン。

型式[編集]

1997年4月登場

ガソリンエンジン

水冷V型12気筒DOHC

1GZ-FE - 5000cc[編集]

1GZ-FE
登場年月 1997年4月
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 V型12気筒
弁形式 狭角4バルブ DOHC
VVT-i
ボア×ストローク 81mm×80.8mm
排気量 4996cc
圧縮比 10.5:1
出力 206kW(280PS)/5200rpm
トルク 460Nm(46.9)kgm/4000rpm
重量 -kg


1GZ-FNE - 5000cc[編集]

  • (初)2代目センチュリー(GZG50)


関連項目[編集]