トヨタ・UZエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UZエンジンとは、トヨタ自動車V型8気筒ガソリンエンジン系列である。バンク角は、90度。

初代レクサス・LSトヨタ・セルシオ)の卓越した静粛性を根底から支えてきたエンジンである。 後継エンジンはURエンジンである。

1UZ-FE ( 登場時 )
登場年月 1989年10月
エンジン種別 ガソリンエンジン
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 90°V型 8気筒
弁形式 DOHC
ボア×ストローク 87.5mm × 82.5mm
排気量 3,968cc
圧縮比 10.0:1
出力 191kW(260ps)/5,400rpm
トルク 353N·m(36.0kg·m)/4,600rpm
重量 -kg
この表は自動車のスペック表テンプレートを使用しています

バリエーション[編集]

1UZ-FE[編集]

  • タイプ:V型8気筒 DOHC 32バルブ (1997年以降VVT-i仕様)
  • 排気量:3,968cc
  • 内径×行程:87.5×82.5(mm)
  • 圧縮比:10.0 - 10.5
  • 出力・トルク
(1)191kW(260ps)/5,400rpm 353N·m(36.0kg·m)/4,600rpm <1989-1994>
(2)162kW(220ps)/4,800rpm 333N·m(34.0kg·m)/4,000rpm <1992-1997>
(3)195kW(265ps)/5,400rpm 363N·m(37.0kg·m)/4,600rpm <1994-1997>
(4)206kW(280ps)/6,000rpm 402N·m(41.0kg·m)/4,000rpm <1997-2004>
(5)221kW(300ps)/ 420N·m(42.8kg·m)

搭載車種

2UZ-FE[編集]

2UZ-FE
  • タイプ:V型8気筒 DOHC 32バルブ (2007年9月よりVVT-i)
  • 排気量:4,663cc
  • 内径×行程:94.0×84.0(mm)
  • 圧縮比:9.6 - 10.0
  • 出力・トルク
(1)173kW(235ps)/4,800rpm 422N·m(43.0kg·m)/3,600rpm
(2)212kW(288ps)/5,400rpm 448N·m(45.7kg·m)/3,400rpm

北米向けSUVおよびピックアップトラックに拡大採用された。1UZ-FEをベースにシリンダーブロックをアルミから鋳鉄製に変更して耐久性を向上させており、同時に排気量もアップさせている。排気量はレンジローバーの4.6Lを超えることが目標とされた。外観では、低回転域のトルクを確保するための長い吸気管が特徴。
搭載車種

3UZ-FE[編集]

3UZ-FE
  • タイプ:V型8気筒 DOHC 32バルブ VVT-i
  • 排気量:4,292cc
  • 内径×行程:91.0×82.5(mm)
  • 圧縮比:10.5
  • 出力・トルク
(1)206kW(280ps)/5,600rpm 430N·m(43.8kg·m)/3,400rpm
(2)221kW(300ps)/ 441N·m(42.8kg·m)

搭載車種

  • 3代目セルシオ(1)(UCF30/31)
  • 2代目レクサスGS430(2)(UZS160)
  • 4代目クラウンマジェスタ(1)(UZS186/187)
  • 4代目ソアラ(1)(UZZ40)
  • 3代目レクサスLS430(1)(UCF30)
  • 2代目レクサスSC430(1)(UZZ40)
  • 3代目レクサスGS430(1)(UZS190)
  • スープラ(JZA80)※全日本GT選手権及びSUPER GTのGT500マシン用ベースエンジン(2003年2006年
  • レクサスSC(UZZ40)※SUPER GTのGT500マシン用ベースエンジン(2006年〜2008年

関連項目[編集]