トヨタ・A型エンジン (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トヨタ・A型エンジン (初代)(トヨタ・Aがたエンジン (しょだい))は、トヨタ自動車水冷直列6気筒ガソリンエンジンの系列である。

トヨタ初の量産エンジン。1933年型日本製シボレー乗用車のエンジンを忠実にコピーすることで生まれたが、これには、市場に豊富にある、シボレー用の部品(純正、社外とも)との互換性を持たせることで、整備の迅速化を図る狙いもあった。

エンジン鋳造担当の菅隆俊(かん たかとし)がディーゼルエンジンにヒントを得た、「菅式ヘッド」と呼ばれるハイ スワール インテークポートを考案し、ベースとなったシボレーの出力を上回ることに成功した。

型式[編集]

First generation Model A

1935年11月登場

ガソリンエンジン

水冷直列6気筒OHV

A - 3,400cc[編集]

A型 (初代)
製造期間 1935年11月 -
タイプ 水冷直列6気筒OHVガソリンエンジン
排気量 3,389cc
内径x行程 84mm×102mm
圧縮比 5.42
最高出力 62ps/3,000rpm
最大トルク 19.4kgf·m/1,600rpm
テンプレートを表示
  • トヨダA1型乗用車(試作車 1935年5月)
  • (初)トヨダG1型トラック(トヨタ初の量産車 1935年11月)
  • トヨダDA型バスシャーシ1936年1月)
  • トヨダGA型トラック(1936年9月)
  • トヨダAA型(トヨタ初の量産乗用車 1936年9月)
  • トヨダAB型フェートン(AA型のオープンモデル 1936年9月)
  • トヨタAC型(1943年?月 1944年2月、戦時統制により生産中止)
    1947年5-7月 GHQの許可により、外国人視察団用にストック部品を寄せ集めた50台が生産される)


関連項目[編集]