トヨタ・サイノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイノスCYNOS )は、トヨタ自動車が生産していた自動車である。

概要[編集]

ターセル/コルサのセダンをベースにした小型2ドアクーペで、北米の「セクレタリーカー」市場に向けて企画されたモデルを国内でも販売したものであり、北米ではターセル2ドアクーペの後継車種にあたる。海外に於ける車名はパセオ(PASEO )である。

歴史[編集]

初代 L40型(1991年 - 1995年)[編集]

トヨタ・サイノス(初代)
EL4#型
1991 Toyota Cynos 01.jpg
販売期間 1991年 - 1995年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
エンジン 5E-FE型 1.5L 直4 DOHC
5E-FHE型 1.5L 直4 DOHC
最高出力 5E-FE型:105PS→100PS
5E-FHE型:115PS
最大トルク 5E-FE型:12.9kg·m→12.8kg·m
5E-FHE型:13.8kg·m
変速機 4速AT、5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ストラット式
後:トレーリングツイストビーム式
全長 4,145mm
全幅 1,645mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,380mm
車両重量 870 - 950kg
-自動車のスペック表-
  • 1991年1月 - 発売され、α(アルファ)とβ(ベータ)の2グレードが設定された。αは5E-FE型(105PS)、βは5E-FHE型(115PS) DOHCエンジンを各々搭載する。βでは4輪ディスクブレーキや電子制御サスペンションTEMSがオプション選択可能である。
  • 1994年 - ベース車型のターセル/コルサ/カローラIIがフルモデルチェンジしたが、サイノスは継続生産された。販売チャネルは、トヨペット店(大阪地区は大阪トヨタ)継続、カローラ店で取り扱いを中止、トヨタビスタ店で新たに扱いを開始した。


2代目 L50型(1995年 - 1999年)[編集]

トヨタ・サイノス(2代目)
EL5#型
欧州仕様(パセオ)
Toyota Paseo front 20080220.jpg
販売期間 1995年 - 1999年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン 4E-FE型 直4 DOHC 1.3L
5E-FHE型 直4 DOHC 1.5L
最高出力 4E-FE型:88PS→85PS
5E-FHE型:110PS
最大トルク 4E-FE型:11.8kg·m→12.0kg·m
5E-FHE型:13.9kg·m
変速機 3速AT/4速MT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ストラット式
後:トレーリングツイストビーム式
全長 4,155mm
全幅 1,660mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,380mm
車両重量 910 - 1,000kg
-自動車のスペック表-
  • 1995年8月 - 初のモデルチェンジを行い、2代目が登場。先代同様α(アルファ)、β(ベータ)、2グレードの設定。αは4E-FE型1.3L DOHCエンジン、βは5E-FHE型1.5L DOHCエンジンを搭載。先代は2種類の1.5Lエンジンでグレードが別れていたが、2代目は排気量別となる。兄弟車のターセル/コルサ/カローラII/スターレット同様、1.3L車は4速MT/3速AT車、1.5L車は5速MT/4速AT車が設定されるなどこの当時のクーペとしては異例なほどトランスミッションの種類が豊富であり4MT車はクーペとしてはエアコン・パワステ・パワーウィンドウが装備されてもやはり非常に安価であった。先代はバブル期に設計された1.5Lクーペモデルのみの設定だが、2代目はバブル景気崩壊後のモデルであるため、1.3L車ではコストダウンを図っている。1.3Lのα,1.5Lのβと2グレード設定だが双方の装備に差が大きく、中間グレードとしてαのランニングコンポーネンツにβ同等の装備を施したα junoパッケージも設定する。なお兄弟車他3台やスターレットのルフレグレードなどとは異なり7,000回転スケールタコメーターは全車標準装備であり、1995年当時の最新の国産4MT車全体に見ても大変珍しい存在だった。扱いチャネルは初代末期同様、トヨペット店(大阪はトヨタ店)とトヨタビスタ店となる。CMには当時大ブレイク中であったglobeが起用された。
  • 1996年8月 - コンバーチブルを追加設定。同時に、イエローのボディカラーを採用した特別仕様が150台限定で発売された。これは上級車型のセリカコンバーチブル同様、クーペボディ骨格部に追加補強を施した車体をアメリカのASC社へ送り、ルーフ、クォーターピラーをカット、その他艤装を施し日本へ送り返すという工程を経ていた。クーペ仕様と同様1.3Lと1.5Lの2グレード設定。コンバーチブル追加時に、クーペ版は一部仕様変更で「安全装備の全車標準装備化」されABS・デュアルエアバッグを標準装備した。
  • 1997年 - マイナーチェンジでヘッドライトがマルチリフレクターとなり、衝突安全ボディGOAを標準装備した。
  • 1999年 - ヴィッツプラッツの登場により、ターセル/コルサ/カローラII/スターレットとともに生産・販売終了となった。

車名の意味[編集]

英語で「目標」「注目の的」などを意味する「cynosure」から取られた造語

販売店[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]