トヨタ・アバンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイハツ・セニア (Daihatsu Xenia) およびトヨタ・アバンザ (Toyota Avanza) はトヨタ自動車ダイハツ工業が共同開発した7人乗り小型ミニバンMPV)である。インドネシアで生産が行われ、主に新興国市場で販売が行われている。

概要[編集]

IMVの小型車版であるU-IMVプロジェクトとしてトヨタとダイハツで共同開発が行われた[1]。背景にはインドネシアで主力車種であったキジャンが90年代のアジア経済危機後に価格上昇したことがあった[2]。アバンザとセニアの外観上の相違点はエンブレム程度である。生産はジャカルタ近郊にあるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)のスンター工場にて行われる。セニアはインドネシア専用車となるが、アバンザは東南アジア、中近東、アフリカ、中南米諸国にも輸出される。なお、マレーシア市場向けのアバンザについてはプロドゥアCKD(完全ノックダウン生産)を行っている。

歴史[編集]

初代(2004年-2011年)[編集]

トヨタ・アバンザ
(初代)
トヨタ・アバンザ
Toyota Avanza Taxi.jpg
ダイハツ・セニア
Daihatsu Xenia.JPG
販売期間 2004年 - 2011年
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア MPV
エンジン アバンザ:
K3-VE型 1.3L 直4 DOHC
3SZ-VE型 1.5L 直4 DOHC
セニア:
EJ-DE型 1.0L 直3 DOHC
K3-DE型 1.3L 直4 DOHC
EJ-VE型 1.0L 直3 DOHC
K3-VE型 1.3L 直4 DOHC
変速機 5MT、4AT
駆動方式 FR
全長 4,070mm
全幅 1,630mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,655mm
-自動車のスペック表-

2003年12月発表[3]、翌2004年1月販売開始。プラットフォームは新開発で、ダイハツ・ビーゴ/トヨタ・ラッシュはこれをベースに開発が進められた[4]2006年7月にはフェイスリフトが行われている。

エンジンは当初アバンザがK3-VE直列4気筒 DOHC 1.3Lを搭載していたが、フェイスリフト後に3SZ-VE型直列4気筒 DOHC 1.5Lが追加された。一方、セニアは当初可変バルブ機構なしのEJ-DE型直列3気筒 DOHC 1.0LとK3-DE型直列4気筒 DOHC 1.3Lを搭載していたが、フェイスリフト後にEJ-VE型とK3-VE型に置き換えられた。なお、可変バルブ機構についてはアバンザ/セニアともDVVTではなくVVT-iの呼称を使用している。また、組み合わせられるトランスミッションは5速MTもしくは4速ATとなる。

中国仕様[編集]

ダイハツはセニアを2006年11月北京モーターショーにてプロトタイプ「D-01」として出展し、翌2007年6月から第一汽車グループの一汽吉林汽車との合弁で、ダイハツ(大発)ブランドでセニア(中国名「森雅」)の製造・販売を開始した。しかしながらブランドの知名度不足から販売は低迷し、2009年には価格が引き下げられて一汽ブランドへと変更された。


2代目(2011年-)[編集]

トヨタ・アバンザ
(2代目)
Toyota Avanza 2nd gen.jpg
販売期間 2011年 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア MPV
エンジン アバンザ:
K3-VE型 1.3L 直4 DOHC
3SZ-VE型 1.5L 直4 DOHC
セニア:
EJ-VE型 1.0L 直3 DOHC
K3-VE型 1.3L 直4 DOHC
変速機 5MT、4AT
駆動方式 FR
全長 4,140mm
全幅 1,660mm
全高 1,695mm
ホイールベース 2,655mm
-自動車のスペック表-

インドネシアにて2011年11月7日発表[2]、9日から発売開始。パワートレーンは先代と同様のラインナップとなる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]