トヨタ・クルーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルーガー (KLUGER) は、トヨタ自動車が2000年から製造・販売しているSUV

概要[編集]

初代ハリアーをベースにしているが、ハリアーが日本国外ではトヨタの高級車ブランドであるレクサスで販売されるラグジュアリーSUVなのに対し、クルーガーはオーソドックスでコンサバティブ(保守的)なスタイリングのSUVとなっている。

日本国外ではトヨタ・「ハイランダー (Highlander)」の名称で販売されているが、オーストラリアでは日本と同じくクルーガーの名称である。

クルーガーはドイツ語で“賢い”という意味である。

2005年3月にはハイブリッドシステムを搭載した「クルーガーハイブリッド」(輸出名ハイランダーハイブリッド)が登場した。月間販売目標は500台と発表された。燃料電池自動車、トヨタ・FCHVのベース車にもなっている。

アメリカ合衆国では年間販売台数が13万台程度(2006年[1])に達しているが、日本での販売は2007年6月をもって終了した。

エンジンは直列4気筒の2.4LまたはV6 3.0Lに4速ATの組み合わせ。マイナーチェンジ後はV6 3.0Lは5速ATとの組み合わせとなった。駆動方式はFFまたは4WDとなる。

乗車定員は5人だか、マイナーチェンジでハリアーにはない3列7人乗りが追加された。

なお、日本国外ではV6 3.3Lエンジンのモデルもあり、このエンジンは光岡・オロチにも搭載された。

日本国内向け生産は2007年度で打ち切られ、後継車であるヴァンガード(輸出向けRAV4のロングモデルをベース)へと移行している。

クルーガーハイブリッド[編集]

2代目プリウスで搭載されたシステムTHS II(TOYOTA Hybrid System II)を改良したハイパワーTHS IIを搭載。V6 3.3Lガソリンエンジンと電気モーターで前輪を駆動、後輪はエスティマハイブリッドなどにも搭載されている四輪駆動システムE-Fourによって駆動する。月間販売目標は500台と発表された。

ハイブリッドシステム用のバッテリーは従来の物より小型化、三分割されて2列目シート下に設置される。バッテリーの小型化によりシートアレンジはハイブリッドシステムを搭載しないクルーガーと同等で、初代エスティマハイブリッドのようにバッテリーによりシートアレンジが制限される事はなくなっている。

燃費はV6 3.3Lのガソリンエンジンを搭載しながら10・15モードで17.8km/Lという低燃費を達成している。なお、日本では販売を終了した。ちなみに、車格は違うが、販売店にとって事実上の後継車となるヴァンガード(ベースモデルであるRAV4)にはハイブリッドが設定されていない。

また、乗車定員は3列7人乗りの設定のみとなる。

歴史[編集]

トヨタ・クルーガー(日本仕様)
ACU2#W/MCU2#W型
フロント(ハイランダー)
04-07 Toyota Highlander Limited.jpg
リア(ハイランダー)
Highlander.JPG
販売期間 2000年 - 2007年
ボディタイプ 5ドア SUV
エンジン 2AZ-FE型 直4 2.4L 160PS/22.5kg・m
1MZ-FE型 V6 3.0L
220PS/31.0kg・m
変速機 4速AT/5速AT(2003年-)
駆動方式 FF/4WD
全長 4685-4690mm
全幅 1825mm
全高 1685-1720mm
車両重量 1550-1770kg
生産工場 トヨタ自動車九州 宮田工場
後継 トヨタ・ヴァンガード
プラットフォーム トヨタ・Kプラットフォーム
-自動車のスペック表-
トヨタ・クルーガーハイブリッド
MHU28型
Toyota Kluger hybrid 02.jpg
ボディタイプ 5ドア SUV
エンジン 3MZ-FE型 V6 3.3L
211PS/29.4kg・m
モーター 前:1JM型 167PS/34.0kg・m
後:2FM型 68PS/13.3kg・m
変速機 CVT
駆動方式 4WD(E-Four)
車両重量 1890kg
生産工場 トヨタ自動車九州 宮田工場
-自動車のスペック表-

初代(2000-2007年)[編集]

  • 2000年11月 クルーガーV販売開始。取り扱いはトヨタビスタ店(現・ネッツ店)およびトヨタカローラ沖縄
  • 2003年8月28日 マイナーチェンジを実施。3列7人乗りの新設や3.0Lエンジンに組み合わされるトランスミッションが4速ATから5速ATに変更される。トヨタカローラ店向けのクルーガーLも同時に販売開始。
  • 2005年3月22日 ハリアーハイブリッドとともにクルーガーハイブリッド販売開始、市販されたSUVのハイブリッドカーとしてはフォード・モーターに続き世界で2番目となる。
  • 2005年11月14日 RAV4のフルモデルチェンジに伴い、ネッツ店におけるクルーガーV(クルーガーハイブリッドを含む)の販売を終了。それ以降カローラ店向けのクルーガーL(クルーガーハイブリッドを含む)のみの販売となった。
  • 2007年4月 海外向けは新型に移行したが、日本国内向けはフルモデルチェンジされることなく生産終了。現在でも海外向けの2代目をトヨタ自動車九州で生産している。日本国内での実質的な後継モデルはヴァンガードとなった。

グレード・特徴[編集]

※S “X Package”/S FOUR“X Package”は、2.4Lのみ。
4WD車には名称の前に「FOUR」がつく。

S “G Package”
・16インチアルミホイール(スーパークロームメタリック)・パワーシートが装備され、内装色のグレーが選べる最上級グレード。
S
・17インチアルミホイールが装備され、スポーツチューンドサスペンション・ステアシフトマチックが装備されるグレード。
S “X Package”
・16インチスチールホイールが装備され、フォグランプ・コンライトが装備されないベースグレード。


2代目(2007年- )[編集]

2代目ハイランダー(前期)


2代目クルーガー(後期)
  • 2010年 フロントマスクを中心に大きくイメージを変えてマイナーチェンジされ、2011年モデルとして登場。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]