ファンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファンシーFancy)とは以下のような意味を指す言葉。

  1. 空想幻想
  2. 理由のない、気まぐれな好み
  3. 道楽
  4. (形容詞的に)装飾的な、上質な、変わった
  5. 欧文書体の区分で、「装飾的で変わったもの」を指す。

また、上記の意味からさまざまなものを「ファンシー」と呼ぶことがある。

ファンシーの用例[編集]

動物愛好[編集]

「ファンシー」は英語圏においては動物愛好(Fancy, Animal fancy)の事を指すことがある。、その他の愛玩動物や珍種の生き物をペットとして所有し、飼育・鑑賞・トレーニングをし、またドッグショー、キャットショー、鳩レースなど各種のショーへ出場させ、他の愛好家のペットと交配させたりする趣味のことを指す。

また「ファンシー」は、英語圏においては飼い猫などのよくある名前である。

装飾[編集]

「ファンシー・グッズ(Fancy goods)」は装飾品や装身具などを指す。ファンシーケーキは、デコレーションケーキ(和製英語)のことである。軍隊の反復練習(Drill)をショー向けに華やかにしたものをファンシードリル(Fancy Drill)と呼ぶ。

売春・不倫[編集]

「Fancy man」「Fancy woman」は、それぞれ男娼娼婦のことを指す俗語である。また不倫における情夫、情婦のことも指す。

日本での用法[編集]

装飾的、あるいは幻想的などという意味から、日本では独自の方向に「ファンシー」という言葉が展開している。

  1. 一般に「ファンシー」という場合、少女趣味と結び付けられることが多い。
  2. ファンシーグッズは単なる装飾品というよりも、主に15歳以下の子ども向けの、可愛い装飾がこらされたりキャラクターが印刷された商品をさすことがある。こうした製品を販売する店舗を「ファンシーショップ」という。
  3. 「ファンシーペーパー」と称される彩色や装飾を施された特殊紙があるが、これは和製英語であり英語では「Cover paper」と言われる。用途は主に本の表紙や見返しなどの装丁や、手紙、カード、包装紙などである。
  4. 防衛大学校の儀仗兵である防衛大学校儀仗隊は軍事教練である「ドリル」を来賓などに「ファンシードリル」として実演している。

その他[編集]

関連項目[編集]