ファンシー・ピクチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュア・レイノルズ『Cupid as Link Boy』。ファンシー・ピクチャーでは仮装させることもあった。

ファンシー・ピクチャーFancy picture)とは、風俗画のサブジャンルのこと。

美術評論家・美術史家ジョージ・ヴァーチュー(George Vertue)は1737年に、空想で生み出した要素あるいは話の筋を含む風俗画を、具体的には、フィリップ・メルシエ(Philip Mercier)の『窓辺のヴェネチア人少女』や『5つの情景』シリーズといった絵を表す際、「Fancies」という造語を作った。その後ジョシュア・レノルズが、トマス・ゲインズバラが最後の10年間に描いた物乞いや田舎の子供たちの絵を表す時、「Fancies」という語を同様のサブ・ジャンルの意味に拡大させた「ファンシー・ピクチャー」という語を考案した。

外部リンク[編集]