リセールバリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リセールバリュー(英語:resale value)とは、一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標である(第4888249号)。

中古車のリセールバリュー[編集]

乗用車などを使用後、中古車販売店や、新車購入時の下取りとして、販売するときの価値のことである。新車価格に対する残価比率としてパーセントであらわすこともある。

一般的な利用(3年間で3万km程度)の場合では、おおむね40%から60%程度であることが多い。 実際には車種、色、装備、利用状況、消費ニーズなどによっても左右されるため、購入時の推測はあくまで推測であるが、最近の販売手法では、このリセールバリューを保証する「残価設定プラン」なども存在する。

欧米やファイナンス会社、会計・税務用語では、“Residual Value(リジデュアル・バリュー)”(日本語訳:残存価値)が一般的。米国では高いリセールバリューのブランドに対して、“Residual Value Awards”という賞を毎年発行する専門会社が存在する。

関連項目[編集]