オペル・メリーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メリーバ(Meriva)ドイツの自動車メーカー、オペルが生産する小型MPVである。GMの世界戦略車種としての役割も担うため、英国においてはボクスホールブランド、英国を除く欧州地域とシンガポールではオペルブランド、南米地域ではシボレーブランドを名乗る。

概要[編集]

同社の小型車であるコルサをベースにスペース効率を高めた車種として開発された。初代はオーソドックスなヒンジドアを採用したが、2代目は観音開きを採用することで乗降性と使い勝手を高めた。

初代(2002年-2010年) メリーバA[編集]

前期
後期

2002年のジュネーブショーで発表された「コンセプトM」がルーツ。コルサ(3代目、C)をベースに1.6L・8V、1.6L・16V、1.8L・16Vのエコテックエンジンならびに1.7LのCDTiを搭載したMPVとして2003年3月に登場。全車、基本は5MT(後期で設定される1.6Lターボは6MT)だが、1.6Lと1.8Lにはオプションで「イージートロニック」と呼ばれるセミATも用意された。
2005年には1.6L・8Vが効率の良い1.4L・16Vのツインポートシリンダ仕様に差し替えられた。

2006年には外観をメインにマイナーチェンジされ、「OPC」とよばれるスポーツグレードを設定。エンジンは1.6Lターボが搭載された。同時に、1.6L・16Vもツインポートシリンダ仕様に差し替えられ、1.3LのCDTiエンジンが追加された。

尚、日本にも2004年3月より前期モデルの1.6L・16Vのイージートロニック搭載モデルが輸入され、2006年にオペルが日本市場から撤退するまで販売された。

2代目(2010年- ) メリーバB[編集]

2代目

2010年のジュネーブショーで発表され、同年6月に発売を開始した。このクラスにおいても世界的に見ても珍しい「Flex Doors」と呼ばれる両側観音開閉式のヒンジドアが特徴(ただし、センターピラーレスではない)。前後とも90度近くまで開くため、乗降性に優れている。また、スペース効率と質感を高めるため、インパネシフトと電子式パーキングブレーキを採用したり、「Flex Fix」と呼ばれる車体後下部収納式サイクルキャリア(補助レンズとナンバーステーつき)や大型のパノラマルーフをオプションで用意するなどユーティリティや快適性能にもこだわっている。
エンジンは1.4Lならびに1.4Lターボ(出力特性により118PSと138PSの2種あり)のエコテックエンジンと1.3Lと1.7LのエコテックCDTiエンジン(いずれも出力特性により2種ずつ存在。前者は75/95PS、後者は100/130PS)を用意。尚、118PS仕様の1.4Lターボと95PS仕様の1.3LCDTiエンジンはより環境性能に優れた「eco FLEX」対応となっている。
トランスミッションは138PS仕様の1.4Lターボと130PS仕様のCDTiに6MTを、それ以外には5MTを組み合わせている。また、オプションでガソリン車全車と1.7L・CDTi搭載車には6ATも用意される。

外部リンク[編集]