オペル・ティグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティグラTigra )はゼネラルモーターズ子会社であるオペルが生産していた小型のクーペである。国によりブランドが異なり、イギリスではボクスホール・ティグラ、オーストラリアではホールデン・ティグラ、ブラジルではシボレー・ティグラブランドで販売されていた。

ティグラA(1994年-2001年)[編集]

ティグラ

1994年コルサ(日本名ヴィータ)をベースにした小型のクーペとしてデビューした。乗車定員は4名だが、後部座席の搭乗員は160cm以下に限るという制限があるほど天井が低い。後部座席は背もたれを倒してラゲッジスペースとして使うことが可能であった。運転席にはシートの高さを調節する機構が付いていた。オーディオはカセットテープ・AM・FMとオプションのCDチェンジャーだが、社外品のアダプターを使えば1DINサイズのオーディオには交換ができた。日本では1995年に1.4Lのガソリンエンジンモデルが当時のインポーター、ヤナセから輸入され、最終の1999年モデルでは1.6Lエンジンが搭載された。欧州では2001年まで生産された。

ティグラB/ティグラツイントップ(2004年-2009年)[編集]

ティグラツイントップ

2004年3月、ジュネーヴモーターショーにて開閉可能のルーフをもった2人乗りのクーペカブリオレとしてデビュー。併せて同モーターショーにて2004年カブリオ・オブ・ザ・イヤーを受賞した。日本人デザイナーである児玉英雄が関わった最後のモデルである。外寸は全長3,920×全幅1,685×全高1,360mm。

製造はフランスのコーチビルダーであるユーリエ に委託され、2009年夏まで生産された。なお、日本で正規輸入が行われることはなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]