オペル・シグナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シグナム(Signum)はオペルが製造、販売するステーションワゴン型に近いハッチバックの自動車である。

概要[編集]

オペル・シグナム
2005YM
Opel-signum-green-night-shoot.jpg
販売期間 2003年 - 2008年
乗車定員 5名
ボディタイプ ハッチバック
エンジン 直列4気筒DOHC-2198cc(Z22),V型6気筒-3174cc(Z32)
最高出力 155ps/5600rpm(Z22),211ps/6200rpm(Z32)
最大トルク 22.4kg-m/3800rpm(Z22),30.6kg-m/4000rpm(Z32)
変速機 5AT
駆動方式 FF
サスペンション Front:ストラット/コイル,Rear:マルチリンク/コイル
ホイールベース 2830mm
車両重量 1510kg(Z22),1590kg(Z32)
最大積載量 1410L(フルフラット時)
-自動車のスペック表-

2003年に初代登場。オペル・ベクトラワゴンのロングホイールベース(ベクトラGTSより長い)に、ワゴン特有の鈍重さを排した独自の軽快なデザインを採用、内装などを高級化しており、全長はベクトラGTS並みにしている。開発にはホンダ・アヴァンシアを参考にしたといわれている。同じGM系のシボレー・マリブ マックス(Chevrolet Malibu Maxx)とは姉妹車の関係だといわれている。


日本では2003年12月に販売を開始した。 2005年の東京モーターショーで発表されたマイナーチェンジ後のモデル(いわゆる06フェイス)は、2006年に日本国内での販売から撤退したため、その展示車両1台しか輸入されなかった。なお、この車両はターボチャージャー付きの2.8LV型6気筒のガソリンエンジンが搭載されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]