オペル・アンタラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンタラ

アンタラ(Antara)はドイツ自動車メーカー、オペルが販売する中型クロスオーバーSUVである。生産は韓国韓国GM(旧称:GM大宇)で行われ、やはり同社が製造しているシボレー・キャプティバと基本構造を共有するが、外観と内装は独自のものが与えられている。

概要[編集]

アンタラは2005年9月フランクフルトモーターショーで3ドアクーペ風のコンセプトモデル「オペル・アンタラGTC」としてデビューした。続いてオーソドックスな5ドア車に改められた市販モデルが翌2006年9月パリサロンにて公開された。その後ドイツなどで順次発売を開始した。中東では、GMC Terrain、インドなどでは「シボレー・キャプティバ スポーツ」の車名で販売されている。 エンジンは全てキャプティバと同じで、直列4気筒エコテック2.4L、V型6気筒アロイテック3.2Lの2種類のガソリンエンジン(いずれもホールデンから供給)と、2.0Lコモンレールディーゼルエンジン(VMモトーリとの共同開発)が用意される。

  • 2006年 豪州ではホールデンがキャプティバの最上位モデルキャプティバ・マックス (Captiva MaXX)としてV6 3.2Lエンジン搭載車のみを導入。
  • 2007年 英国ボクスホールでも販売が開始された。

北米でもオペルとの車種統合を進めていたサターンから2代目ヴューとして販売されていた。ただしアンタラとはエンジンなどが異なるほか、生産も韓国ではなくメキシコのラモスアリスペ工場で行われる。 また同年ダカール・ラリー向けの競技車両も製作されている。

  • 2008年6月 韓国大宇・ウィンストーム・マックス(Daewoo Winstorm MAXX)という名称で販売が開始された。
  • 2009年12月 ホールデンは、キャプティバ・マックスからキャプティパ・5に名称を変更したと同時に搭載エンジンをガソリン2.4Lだけに絞り、従来の最上位モデルから廉価モデルへと移行を図った。同年、サターン・ブランド廃止に伴い「ヴュー」販売終了。
  • 2010年11月 マイナーチェンジが実施され、外装を小変更したほか新エンジンなどが投入された。
  • 2011年3月 韓国内で、GM大宇から韓国GMに社名を変更したと同時に各モデルをシボレー・ブランドを移行した際にラインナップから外された。オーストラリアにもキャプティバ・シリーズIIとしてマイナーチェンジ版が導入。
  • 2011年5月 アメリカ合衆国で「シボレー・キャプティバスポーツ」が発表。サターン・ヴューと同じ車種が別ブランドで復活する形となったが、フリート販売のみとなり一般顧客向けには販売されない[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chevrolet Captiva Sport announced for U.S. fleet customers”. Autoblog (2011年5月11日). 2013年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]