ロータス・94T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・94T
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
マーティン・オジルビー
先代 ロータス・93T
後継 ロータス・95T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルスプリング
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF1, 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ロータス / ヒューランド製 5速 MT
燃料 エルフ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ジョン・プレイヤー チーム・ロータス
ドライバー 11. イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス
12. イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1983年イギリスグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
7 0 1 1
テンプレートを表示

ロータス・94T (Lotus 94T) は、チーム・ロータス1983年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計はジェラール・ドゥカルージュ。1983年のシーズン途中から最終戦まで投入された。ドライバーはエリオ・デ・アンジェリスナイジェル・マンセル

94T[編集]

チーム創設者のコーリン・チャップマンを前年12月に失ったこのシーズンは、投入した2種類のシャーシ(9293T)が不振に終わり、シーズン途中にエンジニアのジェラール・ドゥカルージュを迎える。

ドゥカルージュはチームを動かし、わずか5週間で新シャーシを設計する。このシャーシは完全に新しいものではなく、1982年の91を改良し、ルノー製のV6ターボエンジンを搭載したものである。 車体後部に大型のディフューザーを搭載。以後、フラットボトム時代のトレンドとなる。

イギリスGPにてデ・アンジェリスとマンセルのドライブによりデビューした。当時、1981年以来のスポンサーであったJPSは、翌年の契約更新を再検討していた。幸いにも、デ・アンジェリスがドライブする94Tは予選4位につけ、決勝でもマンセルが4位でゴールし、JPSはスポンサーを継続することを決定した。その後も94Tは改良を繰り返し、ヨーロッパGPではデ・アンジェリスがポールポジションを取り、マンセルが3位でゴールした。しかし、信頼性はしばしば不足していた。成績はコンストラクターズランキングが7位、マンセルが10ポイントで13位、アンジェリスが2ポイントで18位であった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーEF1
  • 気筒数・角度 V型6気筒・90度
  • 排気量 1,492cc
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 エルフ

成績[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
USE
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
1983 94T 11 イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret 11 8位
12 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル 4 Ret 5 Ret 8 3 NC

出典[編集]

  1. ^ 1984 Lotus 95T Renault - images, Specifications and Information”. Ultimatecarpage.com. 2010年8月23日閲覧。