ロータス・72

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・72 / 72B / 72C / 72D / 72E / 72F
フィッティパルディが乗るゴールド・リーフ・カラー時代のロータス72D(1971年ドイツGP)
フィッティパルディが乗るゴールド・リーフ・カラー
時代のロータス72D(1971年ドイツGP)
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー コーリン・チャップマン,
トニー・ラッド,
モーリス・フィリップ
先代 ロータス・63
後継 ロータス・56B
主要諸元
シャシー アルミニウム モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, トーションバー
サスペンション(後) パラレルトップリンク, ロウワーウィッシュボーン, ツインラジアスアーム, トーションバー
エンジン フォード-コスワース DFV, 2,993 cc (182.6 cu in) V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド製 FG400, 5速 MT
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ジョン・プレイヤー チーム・ロータス
ドライバー オーストリアの旗 ヨッヘン・リント,
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ,
スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン,
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
出走時期 1970年 - 1975年
コンストラクターズ
タイトル
3 (1970年, 1972年, 1973年)
ドライバーズタイトル 2 リント1970年, フィッティパルディ1972年
初戦 1970年スペイングランプリ,
ハラマ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
75 20 17 10[要出典]
テンプレートを表示

ロータス・72 (Lotus 72) とは、チーム・ロータスコーリン・チャップマンモーリス・フィリップがデザインしたフォーミュラ1カーである。

1970年スペインGPでデビューし、1970年にはヨッヘン・リント1972年にはエマーソン・フィッティパルディドライバーズ・チャンピオンにつけ、3度のコンストラクターズ・チャンピオンを獲得し(1970年、1972年、1973年)、1974年までに通算20勝を挙げた(ヨッヘン・リント4勝、エマーソン・フィッティパルディ9勝、ロニー・ピーターソン7勝)。

概要[編集]

72,72B,72C[編集]

リントが乗る72(1970年オランダGP)

ロータス・72はインボード・ブレーキを採用し、それまでフロントに設置されるのが常識だったラジエターをサイドポッド内に置いてボディ全体をウェッジ・シェイプ(クサビ型)にする革新的なデザインだった。チャップマンは、ガスタービンエンジンインディ・カーである56と、失敗作だった四輪駆動F1カー63で、すでにウェッジ・シェイプを試みており、ロータス・72のデザインは、それらを発展させたものだった。同じフォード・コスワース・DFVエンジンを使ったテストで、72は49より時速12マイル(時速19キロ強)速かった。

サスペンションは通常のコイル・ダンパーユニットを使用せず、トーションバーを採用した。しかし初期型のサスペンション・ジオメトリーに組み込まれたフロントのアンチ・ダイブ機能(減速時にフロントが沈み込むのを防ぐ機能)、リアのアンチ・スクワット機能(加速時にリアが沈み込むのを防ぐ機能)が、かえって操縦を困難にする問題があり、デビュー戦は散々な結果だったので、改修が施された。ナンバーツードライバーであるジョン・マイルズ用の車からはアンチスクワット機能が取り外されて「72B」となり、ナンバーワンドライバーのリント用の車にはさらに徹底した改修が施され、アンチ・ダイブ、アンチ・スクワットの両機能とも取り外されて「72C」となった。

これらの改修後、ロータス・72の性能は改善され、リントは4連勝を収めたが、イタリアGPの予選をウィングなしで走行中に、フロントのインボード・ブレーキ・シャフト破損が原因とみられる事故で死亡した。リントの後任となったフィッティパルディがこの年のアメリカGPで優勝し、リントが死後のチャンピオンになるのに貢献した。

72D[編集]

1971年には、BRMのデザイナーだったトニー・ラッドによりリア・サスペンションやリア・ウィングのデザインが手直しされ「72D」となったが、このシーズンは振るわなかった。しかし翌1972年にはフィッティパルディが「72D」で5勝を挙げ、F1史上最年少のチャンピオンとなった(それまでの記録はジム・クラーク)。なお、この1972年のシーズンから、ロータスのスポンサーであるインペリアル・タバコ社が、ロータスのカラーリングを、それまでの赤・白・金のゴールド・リーフ・カラーから、黒地に金色のストライプのJPSカラーに変更した。

72E[編集]

フィッティパルディが乗るJPSカラー時代のロータス72E(1973年オーストリアGP)

1973年のシーズンには安全性向上のためルールが改善され、新ルールが施行されるスペインGPから「72E」が投入された。この年、ロータスに加入したロニー・ピーターソンはロータス72とウマが合い、この年4勝したのに対し(年間通算成績3位)、フィッティパルディは3勝(年間通算成績2位)だった。そのため、この年のコンストラクターズ・チャンピオンはロータスが取ったが、トライバーズ・チャンピオンはティレルジャッキー・スチュワートが獲得。フィッティパルディは翌1974年のシーズンにはマクラーレンに移籍した。

72F[編集]

1974年には、ロータスは「72」を、さらに野心的なロータス・76に交代させる予定だったが失敗作となり、すでに旧式化しかかっていた「72」にアップデートを重ねて使用し、ピーターソンは3勝を挙げた。しかし、1975年シーズンにはピーターソン用に”軽量版”の9号車を用意したが、年間で6ポイントを獲得するのみに留まった。シーズン中盤にはチームを去ったイクスに代わりドライブするルーキー(ヘントンら)向けに、ホイールベースを延ばしリアサスペンションにトーションバーではなくコイルスプリングを装着した「72F」も投入されたが、さすがに基本設計が1970年なので時代遅れとなり、1976年シーズンからはロータス・77を投入した。

72は9台が製作され、うち7台が現存する。72/1は72C仕様に改修され72/4としてロブ・ウォーカー・レーシング・チームに売却、72/2はモンツァでのリントの事故で失われた。また、フィッティパルディがチャンピオンを獲得した72/5は73年オランダGPのプラクティス中に失われたが、同じナンバーのタブが新造され再製されている。

基本スペック[編集]

1974年にピーターソンが乗ったロータス72E。ロータスは1973年のコンストラクターズ・チャンピオンだったため、カーナンバーが「1」だった。

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

F1における全成績[編集]

ワークスエントリー[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1970年 72
72B
72C
フォード コスワース DFV F RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA MEX 59*^ 1st
オーストリアの旗 ヨッヘン・リント Ret 1 1 1 1 Ret DNS
イギリスの旗 ジョン・マイルズ DNQ Ret 7 8 Ret Ret Ret DNS
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ DNS 1 Ret
スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル 3 NC
1971年 72C
72D
フォード コスワース DFV F RSA ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA 21 5th
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ Ret Ret 5 3 3 Ret 2 7 NC
スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル 4 NC Ret DSQ 6 8 4 5 Ret
南アフリカ共和国の旗 デイヴ・チャールトン Ret
1972年 72D フォード コスワース DFV F ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR GER AUT ITA CAN USA 61 1st
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ Ret 2 1 3 1 2 1 Ret 1 1 11 Ret
オーストラリアの旗 デヴィッド・ウォーカー DSQ 10 9 14 14 18 Ret Ret Ret Ret
スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル Ret 10
1973年 72D
72E
フォード コスワース DFV G ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN USA 92 (96) 1st
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ 1 1 3 1 3 2 12 Ret Ret Ret 6 Ret 2 2 6
スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン Ret Ret 11 Ret Ret 3 2 1 2 11 Ret 1 1 Ret 1
1974年 72E フォード コスワース DFV G ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA 42* 4th
スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン 13 6 1 Ret 8 1 10 Ret 1 3 Ret
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス Ret 3 Ret Ret 11 5 3 5 13 Ret
1975年 72E
72F
フォード コスワース DFV G ARG BRA RSA ESP MON BEL SWE NED FRA GBR GER AUT ITA USA 9 7th
スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン Ret 15 10 Ret 4 Ret 9 15 10 Ret Ret 5 Ret 5
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス 8 9 12 2 8 Ret 15 Ret Ret
イギリスの旗 ジム・クローフォード Ret 13
イギリスの旗 ブライアン・ヘントン 16 DNS NC
イギリスの旗 ジョン・ワトソン Ret

^ 総ポイントにはノンワークスエントリーも含む。
* 1970年の14ポイントは49Cが獲得した。
* 1974年の3ポイントは76が獲得した。

ノンワークス[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1970年 RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA MEX
ブルックボンド Oxo レーシング 72C フォード コスワース DFV F イギリスの旗 グラハム・ヒル DNS NC Ret Ret
ワールドワイド・レーシング 72C フォード コスワース DFV F スペインの旗 アレックス・ソーラー=ロイグ DNQ
1972年 ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR GER AUT ITA CAN USA
スクーデリア・スクリバンテ 72D フォード コスワース DFV F 南アフリカ共和国の旗 デイヴ・チャールトン Ret DNQ Ret Ret
1973年 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN USA
スクーデリア・スクリバンテ 72D フォード コスワース DFV G 南アフリカ共和国の旗 デイヴ・チャールトン Ret
1974年 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA
チーム・ガンストン 72E フォード コスワース DFV F 南アフリカ共和国の旗 パディ・ドライバー Ret
南アフリカ共和国の旗 イアン・シェクター 13
1975年 ARG BRA RSA ESP MON BEL SWE NED FRA GBR GER AUT ITA USA
チーム・ガンストン 72E フォード コスワース DFV G 南アフリカ共和国の旗 ガイ・タンマー 11
南アフリカ共和国の旗 エディ・ケイザン 13

外部リンク[編集]