1975年スペイングランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペインの旗 1975年スペイングランプリ
レース詳細
Montjuïc circuit.svg
日程 1975年シーズン第4戦
決勝開催日 4月27日
開催地 モンジュイック・サーキット
スペインバルセロナ
コース長 3.790km
レース距離 29周(109.910km)
75周(284.250km・規定周回数)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1'23.4
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ
タイム 1'25.1(Lap 14)
決勝順位
優勝 ドイツの旗 ヨッヘン・マス
タイム 42'53.7
2位 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
3位 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン

1975年スペイングランプリは、1975年のF1世界選手権第4戦として、1975年4月27日モンジュイック・サーキットで開催された。

予選[編集]

金曜日の朝にグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)がコースをチェックすると、ほとんどのガードレールがボルトで充分に固定されていない状態だった。それを重くみたGPDAは予選1日目のボイコットを決定。コースインしたのはGPDAに所属していないジャッキー・イクスのみで、その後ヴィットリオ・ブランビラも走行を行った[1]

翌土曜日、各チームのメカニックがガードレールの修繕を開始。ケン・ティレル自らボルトの締め付けを行ったりして予選開始にこぎつけた。それでもドライバーたちはレースをすることに難色を示していたが、主催者側はレースが行われなければ法的措置も辞さないと通告。また、グアルディア・シビルモンジュイック・スタジアムに設けられているパドックのマシンを押収するという噂も出て、やむなくストライキを断念する。午前中はイクスとほか2人だけが走行しただけだったが、午後のセッションで本格的に予選が開始された。エマーソン・フィッティパルディはレースを強硬に拒否し続けたが、その後コースイン。しかし、抗議の意思を示すためにゆっくりと3周走って早々とサーキットを引き上げていった。

予選結果[編集]

[2]

順位 No ドライバー コンストラクター 1日目 2日目 3日目
1 12 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ フェラーリ DNP DNP 1'23.4
2 11 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ DNP DNP 1'23.5
3 24 イギリスの旗 ジェームス・ハント ヘスケスフォード DNP DNP 1'23.8
4 27 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ パーネリフォード DNP DNP 1'23.9
5 9 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ マーチフォード 1'48.9 DNP 1'24.2
6 18 イギリスの旗 ジョン・ワトソン サーティースフォード DNP DNP 1'24.3
7 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード DNP DNP 1'24.4
8 16 イギリスの旗 トム・プライス シャドウフォード DNP DNP 1'24.5
9 23 ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン ヒルフォード DNP DNP 1'24.7
10 17 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ シャドウフォード DNP DNP 1'25.0
11 2 ドイツの旗 ヨッヘン・マス マクラーレンフォード DNP DNP 1'25.2
12 5 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータスフォード DNP DNP 1'25.3
13 3 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター ティレルフォード DNP DNP 1'25.4
14 8 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ ブラバムフォード DNP DNP 1'25.8
15 7 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバムフォード DNP DNP 1'25.8
16 6 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス ロータスフォード 1'32.1 1'28.6 1'26.3
17 28 アメリカ合衆国の旗 マーク・ダナヒュー ペンスキーフォード DNP DNP 1'26.3
18 21 イギリスの旗 トニー・ブライズ ウィリアムズフォード DNP DNP 1'26.4
19 31 オランダの旗 ロエロフ・ブンデリング エンサインフォード DNP 1'32.5 1'26.6
20 25 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ヘスケスフォード DNP DNP 1'26.7
21 30 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード DNP DNP 1'27.2
22 23 フランスの旗 フランソワ・ミゴール ヒルフォード DNP DNP 1'27.9
23 14 イギリスの旗 ボブ・エバンス BRM DNP 1'38.3 1'28.8
24 10 イタリアの旗レラ・ロンバルディ マーチフォード DNP DNP 1'30.3
25 20 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ ウィリアムズフォード DNP DNP 1'54.3
26 1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ マクラーレンフォード DNP DNP 2'10.2
  • DNPは予選不出走。

決勝[編集]

フィッティパルディを除く25台でレースがスタート。直後の1コーナーでマリオ・アンドレッティパーネリに押される形となったニキ・ラウダのフェラーリがクレイ・レガツォーニを巻き込んでガードレールにクラッシュ、ラウダがリタイヤ、レガツォーニはピットインする。1周が終わってウィルソン・フィッティパルディアルトゥーロ・メルツァリオが抗議のためレースを棄権する。17周目にそれまでトップを走っていたアンドレッティがリタイヤ、ロルフ・シュトメレンが首位に立つ。

26周目に入った直後、シュトメレンがドライブするヒルGH1のリヤウイングが脱落してガードレールに激突。そのはずみで反対側のガードレールを飛び越えて観客席に落下、車両の下敷きになった観客ら4人が死亡[3][4](5人とも[5][6][7])、11人が重軽傷を負った[3]。シュトメレン自身も重傷を負った。この事故により、レースは29周で打ち切りとなり、この時点で首位にいたヨッヘン・マスが優勝。規定周回数の75%未満でレースが終了したため、獲得ポイントは通常の半分ということになった。6位のレラ・ロンバルディは女性F1ドライバー唯一のポイント(0.5点)を獲得している。

事故のひきがねとなったリヤウイング脱落の原因は、カーボン製のリヤウイング・ステーが破損してウイングが車体から外れかかったたこと[8]とみられる。

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 2 ドイツの旗 ヨッヘン・マス マクラーレンフォード 29 42'53.7 11 4.5
2 6 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス ロータスフォード 29 42'54.8 16 3
3 7 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバムフォード 28 + Lap 1 15 2
4 17 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ シャドウフォード 28[9] + Lap 1 10 1.5
5 9 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ マーチフォード 28 + Lap 1 5 1
6 10 イタリアの旗 レラ・ロンバルディ マーチフォード 28 + Lap 1 24 0.5
7 21 イギリスの旗 トニー・ブライズ ウィリアムズフォード 27 + Lap 2 18
8 18 イギリスの旗 ジョン・ワトソン サーティースフォード 26 + Lap 3 6
NC 11 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 25 周回数不足 2
Ret 23 ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン ヒルフォード 25 アクシデント 9
Ret 8 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ ブラバムフォード 25 アクシデント 14
Ret 16 イギリスの旗 トム・プライス シャドウフォード 23 アクシデント 8
Ret 5 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータスフォード 23 サスペンション 12
Ret 31 オランダの旗 ロエロフ・ブンデリング エンサインフォード 20 トランスミッション 19
NC 22 フランスの旗 フランソワ・ミゴール ヒルフォード 18 周回数不足 22
Ret 27 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ パーネリフォード 16 サスペンション 4
Ret 14 イギリスの旗 ボブ・エバンス BRM 7 燃料システム 23
Ret 24 イギリスの旗 ジェームス・ハント ヘスケスフォード 6 アクシデント 3
Ret 3 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター ティレルフォード 3 エンジン 13
Ret 28 アメリカ合衆国の旗 マーク・ダナヒュー ペンスキーフォード 3 アクシデント 17
Ret 25 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ヘスケスフォード 3 アクシデント 20
Ret 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード 1 アクシデント 7
Ret 30 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード 1 撤退 21
Ret 20 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ ウィリアムズフォード 1 撤退 25
Ret 12 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ フェラーリ 0 アクシデント 1
NS 1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ マクラーレンフォード 抗議のため撤退 26
  • ラップリーダー : ジェームス・ハント(Lap1 - 6)→マリオ・アンドレッティ(Lap7 - 16)→ロルフ・シュトメレン(Lap17 - 25)→ヨッヘン・マス(Lap26 - 27)→ジャッキー・イクス(Lap28)→マス(Lap29)[10]

第4戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ 15
2 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ 12
3 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン 12
4 ドイツの旗 ヨッヘン・マス 9.5
5 南アフリカの旗 ジョディー・シェクター 9
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1 イギリスの旗 ブラバムフォード 21
2 イギリスの旗 マクラーレンフォード 20.5
3 イギリスの旗 ティレルフォード 11
4 イタリアの旗 フェラーリ 8
5 イギリスの旗 ヘスケスフォード 7
  • : ドライバー・コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『オートスポーツ』、p15。
  2. ^ 『オートスポーツ』、p13。
  3. ^ a b 『オートスポーツ』、p17。
  4. ^ 『F1全史 1971-1975』(ニューズ出版、1993年)、p99。
  5. ^ 『F1速報PLUS VOL.22』(三栄書房、2012年)、p86-87。
  6. ^ Spanish GP, Race Report” (英語). Grandprix.com. 2012年1月31日閲覧。
  7. ^ 特集 1975年スペイングランプリ” (日本語). ESPN F1 (2011年12月18日). 2012年1月31日閲覧。
  8. ^ 『オートスポーツ』、p20。
  9. ^ イエローフラッグ提示中に追い越しを行ったため1周減算。
  10. ^ 『F1全史 1971-1975』、p130。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1975年南アフリカグランプリ
FIA F1世界選手権
1975年シーズン
次戦
1975年モナコグランプリ
前回開催
1974年スペイングランプリ
スペインの旗 スペイングランプリ 次回開催
1976年スペイングランプリ