ブライアン・ヘントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ヘントン
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 同・レスターシャー州
キャッスル・ドニントン
生年月日 1946年9月19日(68歳)
F1での経歴
所属チーム '75 ロータス
'77 マーチ
'77 ボロ
'78 サーティース
'81 トールマン
'82 アロウズ
'82 ティレル
活動時期 1975,1977,1981-1982
出走回数 37 (19スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1975年イギリスGP
最終戦 1982年ラスベガスGP
テンプレートを表示

ブライアン・ヘントンBrian Henton, 1946年9月19日 - )は、イングランドレスターシャー州キャッスル・ドニントン(en)出身の元レーシングドライバーである。ヘントンは1974年のイギリスF3選手権、1980年のF2選手権を制した。また、F1には1975年7月19日にデビューし、38レースに参戦したが、ポイントを獲得することはできなかった。

プロフィール[編集]

ヘントンは質素な公営住宅に育ち、レースを始めたのは23歳のときだった。1971年にイギリス国内のフォーミュラ・Vee選手権を制すると、PR活動の重要性を意識していたヘントンは、世界チャンピオンを獲得すると宣言した。この狙いは外れたが、ヘントンはF3F2では成功を収めた。

ヘントンは1975年にロータスからF1デビューを果たした。ヘントン自身は良いドライブを見せたが、チームの混乱、競争力を失った72、失敗作の76という環境の中では明確な結果を残すことはできなかった。1975年から1978年に掛けて、ヘントンはF1とF2の両カテゴリーへ参戦したが(自身のチーム、ブリティッシュF1レーシングから散発的にマーチで参戦したことを含む)、どちらのカテゴリーでも確固たる成績を残すことはできなかった。しかし、その後1980年にはトールマンでF2のタイトルを獲得し、1981年には同チームからF1に復帰した。初期のトールマン・ハートは失敗作で、重量過多のうえ開発も不足しており、ヘントンは12戦にエントリーしたが予選通過は1回にとどまった。1982年にはアロウズティレルから参戦したものの、実りある結果を残すことはなかった。

1982年を最後にヘントンはグランプリから離れたが、ブランズハッチで開催された1983年4月のレース・オブ・チャンピオンズに参戦した。これは2009年現在、最後に開催されたF1の非選手権レースである[1]

このレースを最後にヘントンは引退を発表し、自動車ディーラー業に戻った。その後は事業を拡大し、不動産開発、エンジニアリング業も開始した。2001年にはモータースポーツに関わり、屋内サーキットをラフバラーゲーツヘッドに開いた[2]。ヘントンはヒストリックモータースポーツのイベントでしばしばドライブし、故郷レスターシャーのIngarsby Hallで馬術イベントを主催した[3]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1975年 ロータス 72F ARG BRA RSA ESP MON BEL SWE NED FRA GBR
16
GER AUT
DNS
ITA USA
NC
NC
(41位)
0
1977年 ロスマンズ (マーチ) 761B ARG BRA RSA USW
10
NC
(34位)
0
マーチブリティッシュ・フォーミュラ1 761 ESP
DNQ
MON BEL SWE FRA GBR
DNQ
GER AUT
DNQ
ボロ 001 NED
DSQ
ITA
DNQ
USA CAN JPN
1978年 サーティース TS20 ARG BRA RSA USW MON BEL ESP SWE FRA GBR GER AUT
PO
NED ITA USA CAN - -
1981年 トールマン TG181 USW BRA ARG SMR
DNQ
BEL
DNQ
MON
DNQ
ESP
DNQ
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
AUT
DNQ
NED
DNQ
ITA
10
CAN
DNQ
CPL
DNQ
NC
(28位)
0
1982年 アロウズ A4 RSA
DNQ
BRA
DNQ
USW
Ret
NC
(28位)
0
ティレル 011 SMR
Ret
BEL
Ret
MON
8
DET
9
CAN
NC
NED
Ret
GBR
8
FRA
10
GER
7
AUT
Ret
SUI
11
ITA
Ret
CPL
8

脚注[編集]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
イアン・テイラー
イギリスF3選手権
BRACシリーズチャンピオン

1974
次代:
グンナー・ニルソン
先代:
トニー・ブライズ
1973 BRSCC 北中 Lombard シリーズチャンピオン
イギリスF3選手権
BRSCCシリーズチャンピオン

1974
次代:
None
先代:
トニー・ブライズ
1973 BRSCC JPSシリーズチャンピオン
先代:
マルク・スレール
ヨーロッパF2
チャンピオン

1980
次代:
ジェフ・リース