ロータス・92

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・92
ドニントン・グランプリ・コレクションに展示されるロータス・92
ドニントン・グランプリ・コレクションに展示される
ロータス・92
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 ロータス
デザイナー コーリン・チャップマン
マーティン・オジルビー
先代 ロータス・91
後継 ロータス・93T
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ケブラー モノコック
サスペンション(前) アクティブサスペンション
サスペンション(後) アクティブサスペンション
全長 2799 mm
全幅 1786 mm
全高 1672 mm
エンジン フォード-コスワース DFV 2,993 cc (182.6 cu in) 90度 V8
トランスミッション ロータス / ヒューランド製 5速
重量 580 kg
燃料 エルフ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ジョン・プレイヤーチーム・ロータス
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
初戦 1983年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
8 0 0 0
テンプレートを表示

ロータス・92 (Lotus 92) は、チーム・ロータス1983年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、F1マシンとして初めてアクティブサスペンションを搭載した。

基本的に92はナイジェル・マンセルが使用し、8レースのみ出場した。エリオ・デ・アンジェリスルノーエンジン搭載の93Tを使用したが、スペアカーとして持ち込まれた92に乗車することもあった。

シーズン後半には、両ドライバーともルノーターボエンジン、ノーマルサスペンションの94Tに乗り換えた。

概要[編集]

前年の91をベースに開発された92は、1967年以来17年間に渡って協力関係にあったフォード・コスワース・DFVエンジンを搭載する最後のマシンとなった。他チームのターボエンジン勢に対して、コスワースエンジンは出力不足であったが、92は創立者コーリン・チャップマンの生前から開発が始められた、油圧アクティブサスペンションを装備していた。ただし、アクティブサスペンションはマンセルの92/10のみ、しかも第3戦フランスGPから取り外された。

アクティブサスペンションのコンセプトはロータスのエンジニアにとって初めてではなかった。彼らはすでに、アクティブサスペンションをエスプリエクセルにプロトタイプ装備したことがあったからである。

成績は振るわず、ナイジェル・マンセルのドライブで8戦を走り、リタイア4回、獲得ポイントは1だった。ブラジルGP決勝にはアンジェリスもスペアカーの92で出走したが、予選時と違うメーカーのエンジンを使用したということで失格とされた。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント
1983年 フォード-コスワース DFV V8 P BRA USW FRA SMR MON BEL USE CAN GBR GER AUT NLD ITA EUR RSA 1
イギリスの旗 ナイジェル・マンセル 12 12 Ret. 12 Ret. Ret. 6 Ret.

外部リンク[編集]