スピリット・201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピリット・201
スピリット・201C
Spirit201.JPG
カテゴリー F1 / F2
コンストラクター スピリット・レーシング
デザイナー ジョン・ボールドウィン
ゴードン・コパック
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン F1: ホンダ RA163-E, 1,477 cc (90.1 cu in), 80o V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGB, 5速, MT
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スピリット・レーシング
ドライバー 40. スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1983年イギリスグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
6 0 0 0
テンプレートを表示

スピリット・201は、スピリット・レーシングが開発したフォーミュラカー。1982年から1984年までヨーロッパF2選手権に投入され、1983年にはF1世界選手権に投入された。

フォーミュラ2では2リッターの自然吸気エンジンが搭載された。

フォーミュラ1では、ホンダ製の1.5リッターターボエンジンが搭載された。デビュー戦はノンタイトル戦のレース・オブ・チャンピオンズで、ドライバーはステファン・ヨハンソンであった。ヨハンソンの予選順位は13台中12位(ジャン=ルイ・シュレッサーRAMマーチは予選ノータイム)であった。レースではラップリードを記録して10位まで上昇したが、4ラップ目にエンジンブローによりリタイアした。

世界選手権での初戦はシルバーストンで行われたイギリスグランプリであった。改良された201Cをドライブしたヨハンソンは予選で15位を記録した。しかしながらレース当日の朝、エンジンに問題が生じたため201での出走を余儀なくされた。レースでは5ラップ目に燃料システムのトラブルでリタイアとなる。201Cは結局ドイツオランダで出走し、他のレースは201での出走となった。ベストリザルトはオランダでの7位であった。

Spirit201(F2、ティエリー ブーツェン)
Spirit201C(ホンダコレクションホール所蔵)

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1983年 スピリット・レーシング ホンダ RA163-E
V6 t/c
G BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
イギリスの旗
RSA
南アフリカ共和国の旗
0 NC
201 ステファン・ヨハンソン Ret 12 Ret 14
201C Ret 7

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Spirit 201C”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]