スピリット・201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピリット・201
スピリット・201C
Spirit 201C Honda Collection Hall.jpg
カテゴリー F1 / F2
コンストラクター スピリット・レーシング
デザイナー ジョン・ボールドウィン
ゴードン・コパック
主要諸元
シャシー アルミニウムハニカムモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
トレッド 前:1,753 mm / 後:1,626 mm
ホイールベース 2,540 mm
エンジン ホンダ RA163E 1,496 cc 80度 V6 ツインターボ ミッドシップ
トランスミッション ヒューランド 5速 MT
重量 590 kg
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スピリット・レーシング
ドライバー 40. スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
出走時期 1983年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 1983年イギリスグランプリ
最終戦 1983年ヨーロッパグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
6 0 0 0
テンプレートを表示

スピリット・201は、スピリット・レーシングが開発したフォーミュラカー。1982年から1984年までヨーロッパF2選手権に投入され、1983年にはF1世界選手権に投入された。

フォーミュラ2では2リッターの自然吸気エンジンが搭載された。

フォーミュラ1では、ホンダ製の1.5リッターターボエンジンが搭載された。デビュー戦はノンタイトル戦のレース・オブ・チャンピオンズで、ドライバーはステファン・ヨハンソンであった。ヨハンソンの予選順位は13台中12位(ジャン=ルイ・シュレッサーRAMマーチは予選ノータイム)であった。レースではラップリードを記録して10位まで上昇したが、4ラップ目にエンジンブローによりリタイアした。

世界選手権での初戦はシルバーストンで行われたイギリスグランプリであった。改良された201Cをドライブしたヨハンソンは予選で15位を記録した。しかしながらレース当日の朝、エンジンに問題が生じたため201での出走を余儀なくされた。レースでは5ラップ目に燃料システムのトラブルでリタイアとなる。201Cは結局ドイツオランダで出走し、他のレースは201での出走となった。ベストリザルトはオランダでの7位であった。

Spirit201(F2、ティエリー ブーツェン)
Spirit201C(ホンダコレクションホール所蔵)

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1983年 スピリット・レーシング ホンダ RA163-E
V6 t/c
G BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
イギリスの旗
RSA
南アフリカ共和国の旗
0 NC
201 ステファン・ヨハンソン Ret 12 Ret 14
201C Ret 7

参照[編集]

外部リンク[編集]