ドニントン・グランプリ・コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターリング・モスの、1961年モナコグランプリで優勝したロータス 18。この博物館で最も有名な展示物

ドニントン・グランプリ・コレクション(Donington Grand Prix Collection)は、イングランドレスターシャードニントン・パークにあるレーシングカーの博物館である。グランプリまたはフォーミュラ1向けに作られた、車輪がむき出しで単座式の機体が展示されている。2007年現在、この種の博物館としては世界最大規模である。 博物館はトム・ウィートクロフトが1973年3月、彼の個人的なコレクションを元に設立した。ウィートクロフトが所有するレーシングチームで走ったドライバーのロジャー・ウィリアムソンデレック・ベルのようなドライバーが乗った車が展示されているだけでなく、外部の他の所有者から譲り受けたものも多数ある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度49分38秒 西経1度21分58秒 / 北緯52.82722度 西経1.36611度 / 52.82722; -1.36611