ロータス・100T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス・100T
Lotus 100T Honda Collection.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
マーティン・オジルビー
先代 ロータス・99T
後継 ロータス・101
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, コイルスプリング
エンジン ホンダ RA168E, 1,494 cc (91.2 cu in), 80度 V6, ターボ (2.5 Bar limited), ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ロータス/ヒューランド製 6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム キャメル チーム・ロータス ホンダ
ドライバー 1. ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
2. 日本の旗 中嶋悟
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ロータス・100T (Lotus 100T) は、チーム・ロータス1988年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュマーティン・オジルビー1988年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

100T[編集]

ロータス・100T

1.5L ターボエンジン最終年となるこの年も、前年の99Tに引き続き、ホンダV6ターボエンジンを搭載する。

前年度マシンの99Tに搭載したアクティブサスペンションは採用せず、オーソドックスなコイルスプリングとダンパーに変更している。ダンパーの駆動は前後ともプッシュロッドに変更され、フロントのダンパーはドライバーの脚上に配置された。レギュレーションの変更により、ペダル位置が前輪車軸より後方に移ったためスリムなノーズになった。また、ターボ車の燃料制限は前年よりも厳しくなり、燃料タンク容量は150Lと小さくなった。

1988年シーズン[編集]

カナダGPでネルソン・ピケがドライブする100T

ドライバーにはアイルトン・セナに代わり、ウィリアムズよりネルソン・ピケを迎えた。ピケは前年のチャンピオンだったため、ゼッケンはピケが1、中嶋悟が2となった。

前年型マシン99Tでのアクティブサスの失敗もあり、従来型のパッシブサスに戻したためデータの蓄積が古く、ロータスのチーム体制や設備が当時では時代遅れになりつつあった。慢性的な資金不足(ピケの契約金が高かった)もあり、開発が思うように進まず車体の信頼性が著しく欠ける上に、空力特性も数年は遅れたレベルであった。

1988年の16戦に使用されたが、ポールポジション、勝利ともに獲得できないままシーズン終える事となった。ピケ、中嶋ともに予選で中段以下に沈むことも多く、中嶋が2度の予選落ちを喫するなど、同じホンダエンジンを搭載するマクラーレンMP4/4から大幅に遅れをとった。最強エンジンを積み、前年度ワールドチャンピオンのピケをもってしても最高位は3位止まりであった。

しかし中高速サーキットなどでは当時最強のホンダターボエンジンの恩恵と、ターボエンジンが2.5barの過給圧に制限されたため、パワーを最大限生かせたこともあり、ピケは度々ベネトンフェラーリと争い、中嶋も自身の予選最高位である6位(メキシコGP・日本GP)などシングルグリッドを獲得、決勝でもピケを上回る順位で走行し、ベネトンやフェラーリをよそにピケとランデブー走行する場面も見られた。しかし共にマシンの信頼性に足を引っ張られる結果となった。

フランスGPでは中嶋車のシート装着部が6位走行中に壊れるというトラブルがあり、本調子ではなかった7位ベネトンアレッサンドロ・ナニーニに抜かれ、入賞のチャンスを棒に振ってしまった。[2]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

ホンダRA168E
  • エンジン名 ホンダRA168E
  • 気筒数・角度 V型6気筒ターボ・80度
  • 排気量 1,500cc
  • ターボ IHIツインターボ
  • イグニッション ホンダPGM-IG
  • インジェクション ホンダPGM-FI
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 エルフ

シャーシ履歴[編集]

100Tは、100T/1から100T/4までの4台がグランプリで使用された。100T/1は中嶋のメインマシンとなり、100T/2はピケのメインマシンとなった。100T/3はTカーとして使用され、100T/4は前半の数戦で中嶋のマシンとして使用された。100/5はビルシュタイン製の電子制御ダンパーが搭載されたロングホイールベース仕様であったがテストでクラッシュしている。[3]100T/5は栃木県のホンダコレクションホールで動態保存されており[4] 、イベントなどで中嶋悟が走行させている。

記録[編集]

  • コンストラクターズランキング4位。
  • ドライバーズランキング6位(ネルソン・ピケ)予選最高位3位 決勝最高位3位
  • ドライバーズランキング16位(中嶋悟)予選最高位6位 決勝最高位6位
No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1988 1 ブラジルの旗ピケ 3 3 Ret Ret 4 Ret 5 5 Ret 8 4 Ret Ret 8 Ret 3 23 4位
2 日本の旗 中嶋 6 8 DNQ Ret 11 DNQ 7 10 9 7 Ret Ret Ret Ret 7 Ret

脚注[編集]

  1. ^ http://www.statsf1.com/en/lotus-100t.aspx
  2. ^ 「中嶋悟のF1日記」 二玄社 1989年、p.239、ISBN4-544-04034-5
  3. ^ 「中嶋悟のF1日記」 二玄社 1989年、p.238、ISBN4-544-04034-5
  4. ^ Car MAGAZINE 2007年1月号 p.55 ネコ・パブリッシング