ベネトン・B188

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン・B188
ブーツェンがドライブするB188、カナダGP
ブーツェンがドライブするB188、カナダGP
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロリー・バーン(チーフデザイナー)
先代 ベネトン・B187
後継 ベネトン・B189
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード DFR, 3,493 cc (213.2 cu in), 90度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製 6速 MT
燃料 モービル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン・フォーミュラ Ltd
ドライバー 19. イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ
20. ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン
20. イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
20. イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
24 0 0 1
テンプレートを表示

ベネトン・B188 (Benetton B188) は、ベネトン・フォーミュラ1988年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーロリー・バーンを責任者として設計され、1988年シーズンと1989年シーズンに使用された。

概要[編集]

1988年いっぱいでターボエンジンが禁止され、1989年からは自然吸気エンジンのみで争われることになっていた。ベネトンチームは1年早く自然吸気エンジンを搭載することとし、DFZの改良モデルとなるDFRを搭載した。このエンジンは1988年シーズン、ベネトンだけに供給された。

B187から引き続いてエンジンエアインテークがコクピットサイドのサイドポンツーン上に設置されている。また、フロントウイングが大型なため、支持目的でノーズとの間にワイヤーが渡されていた。 ミッションは、当時としては珍しくエンジンと後輪車軸の間に搭載され、重量バランスと空力の改善に貢献した。

B188は215リッターの燃料タンクを装備しており[2]、これはターボ勢よりも4割以上、65リッターも多くの燃料が入るタンクだった。

1989年シーズンは、第8戦イギリスGPまでB188が持ち込まれた。1989年用のマシンであるB189第7戦フランスGPから順次投入され、第9戦以降は全てB189が使用された[3]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 B188
  • ホイールベース 2,692mm
  • 前トレッド 1,816mm
  • 後トレッド 1,682mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド AP
  • タイヤ グッドイヤー
  • ギヤボックス 6速
  • 燃料タンク ATL製215L

エンジン[編集]

シャーシ履歴[編集]

B188は8台が製造された[4]

成績[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1988 B188 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 メキシコの旗 カナダの旗 アメリカ合衆国の旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 1988年日本グランプリ (4輪) オーストラリアの旗 39 3位
19 イタリアの旗 ナニーニ Ret 6 Ret 7 Ret Ret 6 3 18 Ret DSQ 9 Ret 3 5 Ret
20 ベルギーの旗 ブーツェン 7 4 8 8 3 3 Ret Ret 6 3 DSQ 6 3 9 3 5
  • 斜字はファステストラップ。
  • ベルギーGPは燃料規定違反によりシーズン終了後に失格判定。
マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1989 B188 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 メキシコの旗 アメリカ合衆国の旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 1989年日本グランプリ (4輪) オーストラリアの旗 39 4位
19 イタリアの旗 ナニーニ 6 3 8 4 Ret DSQ
20 イギリスの旗 ハーバート 4 11 14 15 5 DNQ
20 イタリアの旗 ピロ 9 11
  • DSQは失格、DNQは予選不通過。
  • カナダGPのナニーニはピットスタートの違反で失格。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.statsf1.com/en/benetton-b188.aspx
  2. ^ 『AUTOCOURSE F1グランプリ年鑑 1988-1989』 アラン・ヘンリー、バベル・インターナショナル・訳、CBSソニー出版、1989年、pp.48-49。ISBN 4-7897-0422-X
  3. ^ 『F1グランプリ年鑑 1989-90』 アラン・ヘンリー、バベル・インターナショナル・訳、CBSソニー出版、1990年、p.45。ISBN 4-7897-0502-1
  4. ^ 『AUTOCOURSE F1グランプリ年鑑 1988-1989』、p.183。